【横浜街歩き/沿線グルメ】塩らー麺 本丸亭(みなとみらい線元町・中華街駅エリア)

元町・中華街エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分27秒です。

【横浜街歩き/沿線グルメ】塩らー麺 本丸亭(みなとみらい線元町・中華街駅エリア)

特に横浜市外からの目線で「横浜でラーメン」と言うと、どうしても家系のこってりイメージが先に立つ、結果「横浜のラーメン=豚骨醤油」みたいになってしまう印象が強いかもしれませんが、本丸亭のラーメンは横浜市内のラーメンではメジャー路線の家系豚骨醤油とは一線を画した、さっぱりした塩味が売りとなっています。

個人的には、塩ラーメンって本丸亭で食べるまでは特に大好きだというラーメンではなかったのですが、一度食べて以降本丸亭の味にハマり、塩ラーメンも好むようになりました。

元々さっぱりした塩ラーメンが大好きだという層以外、例えば生来の豚骨醤油好きだったとしても納得できる深みのある味がベースになっているのですが、塩ラーメンのさっぱりイメージ自体、どこか港町傍で発展した元町商店街にもフィットする感じといえば、そういう風にも思えてきますね。

味付けの基本は塩味なのだということで、トッピングでもその方向の味(濃厚、こってりではなく、爽やかなんだけどしっかりとした味)が意識されていて、この点も魅力となっています。

そもそも家系に慣らされた舌にとってはまずそこが斬新だったんだということを今にして改めて思い出しますが、個人的なイチ押しトッピングは、春菊増しです。

元々ラーメン大好きな上春菊も大好きなので、初めて食べたときは「春菊をトッピングしているラーメン」に感動した覚えがあり、以降本丸亭で食べる時には毎回増量トッピングをお願いしています。

しかしそれでもやはりどこかで「わかりやすくパンチの利いた味が欲しい」なんて思ってしまうのもまた、「家系舌」の特徴なんですよね 笑。

ということで、初回からしばらくの間塩ラーメンのみを食べた期間を経て、以降の定番となったのが、「辛い」塩ラーメンである、赤丸塩ラーメンです。何度か食べて、食べ慣れた頃に「赤丸」の存在に気づいて歓喜したことも、今となっては懐かしい思い出です 笑。

ラーメンの上に乗っているのが辛いタレですが、豆板醤にひき肉を混ぜたような、とても食欲をそそるタレになっています。さっぱりしていて、かつパンチの利いた辛いラーメンを食べたいなんて場合のイチ押しラーメンです。

追伸として、元町の本丸亭では常連客限定のサービス(餃子二個無料)があります。

しばらくの間通っていると、ある日突然「どうぞ」と無料で餃子を付けてもらえるのですが、これは中々うれしいサプライズですよね。

この場合の「しばらく」がどの程度のものなのか、通うペースにもよってくると思いますが、あくまで体感ということだと、週一~二週に一度通って半年以上一年未満くらいだったような記憶がなんとなくあるような、ないようなという感じです(あくまでも昔の記憶に頼った体感なので、実際の期間や基準とは異なるかもしれません)。

「気軽に通い続けた場合に、気が付くとついてくるようになった」位のところが多分正解です。

なので、もし本丸亭の塩ラーメンにハマってしまった場合、そんなお楽しみを目指しつつ通うのも、中々楽しいんじゃないかと思います。

本丸亭は、元町店の他、横浜駅きた西口方面・鶴谷町や、金沢区の三井アウトレットパーク・横浜ベイサイド内にもお店があります。

 

アクセス

元町商店街からもほど近い、代官坂中腹のやや下寄りのところに位置しています。

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
元町・中華街エリア横浜街歩き沿線グルメ
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました