スポンサーリンク

横浜元町ショッピングストリート(元町商店街)を街歩き

横浜観光FAQ

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分58秒です。

横浜元町ショッピングストリート(元町商店街)を街歩き

“元町”ことはじめ

今の横浜・元町のはじまりは、横浜開港後に旧・横浜村の開港エリア(日本大通り地区)に住んでいた人たちが、現在の元町エリア=本村に移住したことにあります。

現在地への移転は万延元年(1860年)1月、同年2月には”本村”が横浜元町へと改名されました。

元々、旧横浜村=新”元町”の居住民の大部分は農漁業に従事していたものの、横浜開港後、慶応三年(1867年)に現在の山手町界隈が新たに外国人居留地になったことから、外国人相手の商売・労働によって”村おこし”をするという方針が定着していきます。

一重に、旧横浜村の村民にとっての新天地・元町が、交易場(開港エリア象の鼻地区)と外国人居留地(山手町界隈)に挟まれるというロケーションを持った故ですね。

ところで、当時の幕府の方針によって開港場からの移住を強制された旧・横浜村の村民たちも、当初は”旧・横浜村”の人間であるという意識が強かったようで、やがて「元々ここは横浜村だ」というニュアンスから、現在の元町は、まずは元村、あるいは元村町と呼ばれるようになった時期を持ったようです。

開港期の横浜の特徴として、しばしば「開港地での一攫千金を狙い、日本中から人が集まってくることとなった」という点が挙げられますが、元町もその例外ではなく、旧横浜村の村民を筆頭に、やがて様々な人でにぎわうようになります。

結果、町の発展と共に外国人居留民相手の商売もより洗練されていくことになりました。

数々の”日本初”や生糸貿易、旧金融街のイメージが先行する馬車道商店街エリアは、早くから交通の要所として海陸の交通路が開拓された後(参考:神奈川湊と横浜港、海路と陸路)、港町・横浜が軌道に乗りはじめてから(明治30年代後半~)商業が繁栄したイメージが強いですが、元町の場合は横浜の黎明期以来、例えば西洋家具の修繕・販売や家屋の修繕、衣類の洗濯などは幕末以来の伝統を持ち、商店街としても明治の初期には賑わいを見せるなど、その発展を港町・横浜の成長と共にしています。

商店街自体にそんな沿革があることからか、元町商店街では個性的な建物自体も見どころの一つとなっています(元町商店街を彩る個性的な建物については、別記事にまとめました)。

参考:中区制50周年記念事業実行委員会『横浜 中区史』、元町商店街公式サイト “横浜元町今昔物語

 

元町商店街へ

元町・中華街駅前

元町商店街=横浜元町ショッピングストリート(公式サイト)は、元町中華街駅元町口を出てすぐのところ、左手に位置しています。

駅を出るとすぐ左側に商店街のオブジェが見えるというくらい最寄りにありますが、ここからJR石川町駅側の元町交差点まで、道沿いに商店街が続きます。

 

シドモア桜

商店街の入り口付近には、

“シドモア桜”が植えられています。

かつて日本からアメリカ(現在、全米桜祭り=”National Cherry Blossom Festival“が開催されるなど、アメリカ屈指の桜の名所となったポトマック河畔)に送られた桜が、巡り巡って現在、元町中華街駅傍に植えられています。

尾崎行雄・元東京市長と並び、かつてアメリカへ桜を寄贈した功労者であるエリザ・シドモアさんが山手の外国人墓地で眠られているという縁で、かつて日本からアメリカに渡った桜の苗木が、シドモアさんの墓碑そばを経て、この地に”里帰り”したようです。

シドモア桜は、現在ワシン坂沿いにある米国務省の日本語研修所にもその苗木が植えられていますが、2022年は特にポトマック河畔に植樹されてから110年の節目にあたるということで、春の横浜の恒例行事”ガーデンネックレス“(公式サイト)でもシドモア桜関連のイベントが用意されています。

参考:日本政府広報室(英語版)アメリカと日本を結ぶ桜“、シドモア桜の会横浜横浜シドモア桜祭り~日米桜交流110周年を記念して~

 

元町プラザ付近

シドモア桜を右手に見ながら直進すると、

左手はショッピングモール・元町プラザ、右手にはクレープ屋さんやスターバックスなどが入居する建物を過ぎて(喫茶店やファストフード店については、別記事でまとめました)、商店街はさらに続きます。

最初の十字路を左手に進むと、

日本の”食パン”発祥のパン屋さんであるウチキパン(公式サイト)方面へ。

ウチキパンの先から見尻坂へ、さらに外国人墓地を右手に見ながらアメリカ山公園前に登れる道に通じています。

正面にあるのは”元町パセオ”という衣料品等のショッピングモールで、その隣が外国人墓地、元町パセオと外国人墓地の間は(ひたすら道なりに進むと)貝殻坂につながる道、外国人墓地の左側が見尻坂です。

 

代官坂付近へ

元町商店街方面へと進むと、

元町中華街側から商店街に入って二つ目の角(ARISという衣料品店があります。公式サイト)から伸びている道は、水屋敷通りです。”水屋敷”とはジェラールの水屋敷のことで、まっすぐ進むと元町公園の正面入り口に進めます。

元町商店街自体には、一車線の一方通行路の両脇に歩道が作られ、その歩道に沿うようにお店がぎっしり連なっているのがわかります(この記事で取り上げていないお店を中心に、元町の名物店・注目店については別記事でまとめました)。

通常時はどちらかというとお店が密集した印象が強い商店街ですが、土日祝日の他、毎年春秋恒例のチャーミングセール開催時などイベント時には、元町商店街は中央の車線が歩行者に解放される歩行者天国となるので、一気に歩きやすい、ゆとりのある商店街となります。

通り沿いにお店が連なっている以上この車線はどうあっても必要なものなのですが、歩行者天国になるかならないかで商店街の歩き易さが変わってくるのも”元町”の個性です。

さらに進むと、

元町公園方面に、お馴染み代官坂が伸びている十字路へ。角にあるお店は元町の名物店・キタムラk2の本店(公式サイト)です。

系列店の”k2″含め、”キタムラ”は元町に全部で四店舗ありますが(元町中華街駅寄りに”k2″二店、JR石川町駅寄りに”キタムラ”二店です)、代官坂沿いにあるのは二番目に元町中華街駅寄りの店舗です。

“キタムラ”の反対側の角にあるのは、眼鏡屋さん・金明堂(公式サイト)です。徒歩であれば、この十字路を(石川町方面に向かって)右手に進むことで、中華街方面へ抜けることが出来ます。

この付近の”元町名物”としては、

通り沿いにはレトロな自販機も置いてあります。

毛皮のお店・ヒロキ前に置かれている自販機ですが、かつての”ヒロキ”では、店頭に赤いオープンカーも置かれていました(お店は一度閉店後、現在地に移動し、新たに開店したようです)。

元町商店街には、一店だけ本屋さんもあります。大型ではなく、小さい本屋さん”高橋書店”(元町商店街公式サイト)です。老舗の本屋さんで、1911年=明治44年の創業です。

老舗の洋菓子店・喜久家(公式サイト)横からは、中華街南門シルクロードにつながる道が伸びている他、

左手すぐのところには、チョコレートの老舗店”GODIVA”(元町店公式サイト)と比較的最近入居したチョコレートのお店“belle plage“(公式サイト)、奥に進むと老舗のフレンチレストラン・霧笛楼(公式サイト)などがあります。

ちなみにこの通りは、その昔(関東大震災以前)元町商店街から山手本通りへと繋がる坂道が通されていたという、百段通りです。現在は元町商店街から少し離れたところ、代官坂の途中から始まる高田坂の先に作られた元町百段公園の名前に、”百段”の名が残されています。

中華街・南門シルクロード方面の角は、老舗洋菓子店の喜久屋(公式サイト)、宝石店のCHARMY(公式サイト)です。この通りを中華街方面に進んだところに百段館という建物があり、建物前にはかつての元町の様子が刻まれた碑が埋め込まれています(参考:百段館と百段通り)。

 

汐汲坂付近へ

さらに進むと、

代官坂同様、元町商店街と山手本通りを結んでいる汐汲坂が通されています。

参考までに、代官坂と汐汲坂、二本の坂道の違いですが、代官坂は元町中華街駅寄りの位置に、汐汲坂はJR石川町寄りの位置にそれぞれ作られている(参考:汐汲坂のロケーション)ほか、普通車であればほぼ自由に通れる代官坂に対して、汐汲坂には平日日中の規制があります(参考:車の場合は代官坂へ!)。

上写真左側のお店は、

雑貨屋さんの”YOSHIDA”(公式サイト)です。1927年=昭和2年創業という、老舗の雑貨屋さんですが、お店の外観的にもどことなく察せられるように(?)、今でいうキャラクターグッズのショップのような雰囲気も持ち合わせています。

更に先へ。

左手にユニオン(京急ストア公式サイト)が見えてくると、石川町側の端まであともう少し。

厳島神社へ進める厳島神社通りを経て、

JR石川町駅側のオブジェに到着です。

土日祝日やイベント時など、歩行者天国で車道が歩行者に解放されているときであれば、かなり快適な街歩き・ショッピングが楽しめます。

 

ベイスターズ、ベンチ、街の案内

元町商店街の所々には、

ベンチが置かれています。

元町中華街寄りの商店街沿いには、比較的最近新しく作られた、しっかりしたベンチやパラソルなども用意されています。

このほか、通りを歩いているとそこかしこで目に入ってくるのが、

ベイスターズ“推しのペナントです。

監督はじめ、一軍登録されている一線級の選手がそこかしこで推されています。

商店街の所々には、

道案内と同時に、地名・坂名の由来や、

施設の由緒、縁起などがまとめられているので、街歩きをする際のお楽しみも随所に用意されています。

 

元町”らしい”建物

元町商店街歩き -“らしい”建物巡り-

元町歩きをする際のお楽しみの一つとなる、変わった建物、かわいい建物について、別記事にまとめました。

 

元町の名物店

元町商店街歩き -名物店をウィンドウショッピング-

既にこの記事でもピックアップしたお店がありますが、そのほかしばしばメディアに登場する老舗店について、別記事にまとめました。

 

元町の喫茶店・ファストフード

元町商店街歩き -喫茶店、ファストフード店-

元町中華街駅寄りの一帯からJR石川町駅寄りの一帯まで、元町商店街沿いにある喫茶店・ファストフード等について、別記事にまとめました。

 

元町商店街とアイキャナルストリート

元町中華街駅側から歩いた場合、元町交差点を境として、元町商店街(公式サイト)から石川商店街=アイキャナルストリート(公式サイト)へと商店街の名前が変わります。

元町中華街寄りにあるのが元町商店街、石川町寄りにあるのがアイキャナルストリートですが、本町四丁目交差点を挟んだ馬車道と万国橋通りの関係とパラレルにとらえることが出来ます(参考:【街歩きと横浜史】北仲通北・三つの公園 “万国橋付近からの風景“)。

 

元町仲通りとリセンヌ小径

元町通りに並行する元町仲通り沿いにも、元町クラフトマンシップ・ストリート(公式サイト)がある一方、石川町駅前から伸びるアイキャナルストリートの隣にはリセンヌ小径(公式サイト)という商店街があります。

アイキャナルストリートやリセンヌ小径含む石川町駅周辺の商店街は、ひらがな商店街(公式サイト)とも呼ばれていますが、”クラフトマン”には商人を意味する含みがあり(本来の意味合いとしては、職人等を指す言葉です)、「リセンヌ」はフランス語で”女学生”を意味します。

早くから多くの商人が活動し(元町商店街公式サイト元町の歴史“)、かつ今日の女子校の走りとなった学校があった地域だ(フェリス女学院150年のあゆみ横浜雙葉学園の歴史など)ということで、その名はいずれも開港期以来の由緒から取られています。

 

アクセス

最寄りは元町中華街駅(下車後改札から徒歩1分以内)、JR石川町駅の元町口からでも徒歩圏内にあります。

タイトルとURLをコピーしました