【横浜街歩き/元町中華街エリア】元町百段公園

元町・中華街エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分4秒です。

【横浜街歩き/元町中華街エリア】元町百段公園

代官坂の途中から伸びた高田坂を上った時、その道なり右側に出てくる元町百段公園は、初めから公園の由緒や存在を知っている人があえて目的地にすることが多い、という通好みの公園でもあるようです。

かつてのこの界隈に、「百段」と呼ばれた元町商店街と山手の外国人居留地方面を結んだ101段の階段があったことを偲び、その「百段」が現在の公園名に継承されています。

ちなみにかつての「百段」は関東大震災で崩壊してしまったため、現存しません。

必然的に「百段」継承の意義は開港期の横浜を偲ぶ部分に宿ることになりますが、実際に横浜開港期の歴史に言及した上で「満足だった」という評が多く見受けられることから、「百段」の歴史を知っていれば、多少なりとも満足度は高まることが期待できます。

こじんまりとした公園内での休憩がてら、かつての横浜に思いをはせる、みたいな街歩き時間中のお楽しみですね。

ちなみに現在の元町百段公園は中区の山手町にありますが、かつての元町百段は山手町に隣り合う、元町二丁目にあったようです。

公園前では、前田橋(中華街の朱雀門前にかかる橋)付近から撮られたかつての「百段」の様子が石板にプリントされていますが、関東大震災前の元町界隈の様子を写したこの写真を見ると、そもそも一帯の様子が今とはだいぶ異なることもわかります。

地形から察するに、かつての百段(101段の階段)は現在の霧笛楼の辺りから、下図の赤線に沿って伸びていたのではないかと推測できますが、

前田橋のすぐ傍には、百段館というビルがあります。由緒書きによると、かつての山手、百段階段(101段)の先には浅間神社もあったようです。

かつての百段では階段を上りきった階段坂の頂上付近にはお茶屋さんなどがあり、港や市街の風景が楽しめたようです(元町商店街公式サイトより)。

開港当時から明治中期までの日本の主力輸出品目といえば、突出し続ける生糸、次点でお茶、その下にお米だったという、未だ一次産品(農産物など)がメインだった時代です。

海外から文明が流れ込んでくる地にあって、新しきに変わろうとしていた古き時代の日本を代表する生産物を嗜めたという、かつての「百段」界隈。中々粋な場だったのかもしれませんね。

ちなみに、かつての「百段」にはもう二つほど、元町界隈と居留地を巡るポイントがあります。

一点目は居留地のどこに向かっていたのか、二点目はどこまで伸びていたのかという点です。

まず一点目について。

上図において旧元町百段が乗っていたと推測できる赤線は、元町公園内・エリスマン邸の裏手、旧山手80番館の遺構が保存されている一帯に向かって延びていますが、ここはかつての居留地の中心地区だったといわれています。

次に二点目について。

上り側の起点が元町二丁目に存在したことを、写真が残した姿と併せて判断すると、「百段」の範囲はおよそ霧笛楼付近から代官坂と交差する辺りまでだったのではないだろうか、という推測が働きます。

上図では、引いた赤線の半分程度の長さのところ(およそ「3」の矢印を入れた付近)ですが、大体同じくらいの高さのところに旧石川家の長屋門や額坂の起点があるということも、その推測を補強する条件として挙げることが出来そうです。

諸々を加味すると、開港場から山手の居留地への帰り道、坂道の途上にあったのが「百段」上のお茶屋さん等々だったのではないかという位置関係が導けます。

そんなこんなで、かつての「百段」よりやや西にずれたところに位置していると思われるのが、現在の元町百段公園です。「かつてここに百段があったことを後世の記憶に遺せるように」とのことから、改めて1980年代に作られたようです。

住宅地の中にあってこじんまりと整備された公園は、外からでも見晴らしがよさそうである事はわかります。

ただし、昔は港が一望できたとされる高台からの風景には、現在高層ビル群が目立ちます。

言い伝えとして残る、かつての「百段」からの景観が偲ばれるところではありますね。

 

 

アクセス

グーグルマップの基本的な使用法についてはこちら

タイトルとURLをコピーしました