【横浜街歩き/元町中華街エリア】乙女坂

元町・中華街エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分9秒です。

【横浜街歩き/元町中華街エリア】乙女坂

乙女坂

乙女坂は地蔵坂の中腹辺り、蓮光寺の横から始まる階段坂で、坂道を上りきった道沿いにある二校のプロテスタント系女子校(横浜共立学園、横浜女学院)に向かって伸びています。

坂名は「坂道沿いに何があるのか」ではなく「主に誰が使っている坂道なのか」という部分に由来していますが、ハッキリと「いつから誰が」という形ではなく、いつの間にかそう呼ばれるようになったようです。

お隣・蓮光寺のお墓に沿うように通されているので、慣れてしまえばなんてことはないのでしょうが、そうでない場合、日中以外の通行には中々のスリルが伴いそうです。

坂道を上るほどお墓への見通しはよくなりますが、反対に坂道を下る場合は、階段坂に入って早々お墓とお寺が視界に入ります。

“乙女坂”と坂の名前こそどこか大正ロマン風なのですが、こと「坂道沿いの風景」ということでは、多感な年ごろの夢と共にあって云々というよりは、そのはるか先にある世の諸行無常を考えさせられるような道沿い風景が続きます。

地蔵坂途中から始まる、機能性重視のショートカットルートであることも、乙女坂の特徴です。

階段坂を上りきった辺りから割とはっきり空気が変わってきますが、パっと通った感じ伝わってくるのは、まずは仏教の世界からプロテスタントの世界へ、みたいな雰囲気の違いでしょうか。下写真左側が横浜共立学園の敷地、右側が横浜女学院の敷地ですが、

上りきってほぼすぐのところ左手にあるのが、かつての横浜でスウェーデンの領事館として使われていたという、山手214番館です。領事館は領事の執務に使用する公館、(総)領事の公邸とは(総)領事の居住に使用する公館であるという違いがありますが、プレートの記載には旧領事館とあります。

山手214番館、現在は横浜共立学園が所有し、同窓会の施設として使われているようです。残念ながら現在内部は一般公開されていないようなので、道沿いから眺める程度の観光となります。

 

乙女坂界隈

中高だけでも二校ずつの学校がある一帯にしては、どこか通りもこじんまりとしていて、道沿いも小綺麗に整備されています(横浜共立学園中高隣から、正面が横浜女学院)。

ほぼ開港期以来の伝統に立脚した文教地区として、狙って作られた景観がきちんとメンテナンスされているのでしょう。

「坂の上」はかつて”bluff”(切り立った崖)と呼ばれた一帯でもあるので、見晴らしもいいです(横浜女学院側からの眺め)。

山手本通り側から乙女坂へ向かう場合は、住宅街風の一帯を抜けて、

米海軍の根岸住宅地区前から始まる稲荷坂を経て保土ヶ谷駅前に向かう、神奈中バスの山手ライナーが走っている通り沿いに歩いていくと、横浜共立学園の敷地側から乙女坂方面に抜けることが出来ます。

 

アクセス

Googleマップの基本的な使用法

タイトルとURLをコピーしました