【横浜街歩き/秋の横浜・バラと銀杏 その1】秋の港の見える丘公園・ローズガーデンのバラ

みなとみらい線沿線の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分16秒です。

【横浜街歩き/秋の横浜・バラと銀杏 その1】秋の港の見える丘公園・ローズガーデンのバラ

ローズガーデンの秋

11月下旬、今年も丘公園こと港の見える丘公園のバラが見ごろを迎えました。

春先だけでなく、バラのみでもなく、春から秋にかけて公園内随所で色々な花が楽しめるのも丘公園の大きな魅力なのですが、今回は特に、横浜市イギリス館の周辺に絞ってバラの様子を見てきました。

【横浜街歩き/元町・中華街エリア】横浜市イギリス館とローズガーデン
【横浜街歩き/元町・中華街エリア】横浜市イギリス館とローズガーデン イギリス館とローズガーデンの歴史 1937年(昭和12年)、開港期以来の英国ゆかりの当地にイギリス総領事公邸として建てられた建物を1969年(昭和44年)に横浜市が取得...

山手地区だと、丘公園とイタリア山のバラは、毎年初夏と晩秋の風物詩です。

ゴールデンウイークから梅雨に向かう季節だったり、いよいよ紅葉もピークを過ぎてクリスマスから年の瀬に向かう準備が始まっていく季節に差し掛かったというような。

双方とも、ちょうど季節の移り変わりにあたるタイミングなんですよね。

ということで、今年も季節の移り変わり期を迎えた、公園前の交差点から。

正面の木が紅葉を迎えているのが目を引きますが、向かって右手、イギリス館側の緑の中に、遠目にもカラフルな一帯があるのが分かります。

近寄ってみれば、見ごろを迎えたバラの一群です。

イギリス館前の庭園は”ローズガーデン”と銘打っているだけあって、庭園中にバラが植えられていることが大きな売りなのですが、ローズガーデンの外側にもバラは植わっていて、ローズガーデン内と同様に時期を迎えています。

ということで、早速ガーデン内へ。

一輪で咲き誇っているバラがあれば、

カップルと思しきバラもあって、

さらには親子のようなバラまで咲いていたりするわけですが 笑

そこがイギリス館=かつてのイギリス総領事公邸のすぐ傍であり、かつ、

近くのバラを見ながら、ふと遠くに目を向けてみると、

そこにベイブリッジがある=実は海のすぐ傍の丘の上なんだというあたりも中々のポイントです。

海(=港、開港)から近代化が始まった横浜と、その横浜の地に総領事の公邸を据えたイギリス。双方の市花であり国花であるバラが植えられた庭園なんだ、という歴史的な意義があるためですね。

ダブルミーニングというか、庭園内そこかしこで咲いているバラに、それぞれ二つの意味がかぶさってくるのが実感できるロケーションではあります。

ともすると展望台から見るより、ローズガーデンやイギリス館前あたりから見るベイブリッジの方が絵になっているように感じたりもしますが、だからこそ、ゆっくり見て回りたいところですよね。

イギリス館の裏手に回ると、山手111番館バラとカスケードの庭方面へ。

石畳の遊歩道にバラとススキ等、こちらにも晩秋の欲張りセットが用意されています。

ギリギリ一人歩ける程度の遊歩道が何本か通されているので、公園の草木との間の距離を少し詰めて、季節を楽しむことが出来ます。

 

アクセス:港の見える丘公園・ローズガーデン

 

タイトルとURLをコピーしました