【横浜山手の坂道】高田坂

横浜山手の坂道

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分57秒です。

【横浜山手の坂道】高田坂

高田坂へ

元町商店街側からだと代官坂に入って割とすぐのところ、

上り坂の右端から伸びた階段坂が高田坂です。

パッと見「そこに何となく存在しているように見えるのぼり階段」を上ってみると、

なだらかな階段坂がそれなりの距離続いています。

この階段、一体何段くらいあるんだろうか。100段かな? 101段かな? なんて感じでしょうか。

ちなみに坂道の正面に見えるのは、代官坂からも至近距離にある元町公園の緑です。

やがて階段坂が終わると、階段ではない坂道へ。

どことなく”山手への坂道”的な風情のあった階段坂は、

元町と山手本通り間をつなぐショートカット色の濃い坂道に姿を変えます

写真左側に見える茶色の建物(と、その隣ほぼ正面に見える建物)は元町仲通りにあるフランス料理の老舗レストラン・霧笛楼(公式サイト)の建物ですが、その左側から中華街の朱雀門へ、さらには南門シルクロードをつなぐ形でまっすぐ通された道が、その昔の元町百段が通されていたという、”百段通り”です。

この先にも階段ではない坂道が元町百段公園前まで伸びていますが、山手本通りへはまだ少し距離があります。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました