スポンサーリンク

【富士箱根の四季】海賊船乗船 -特別船室編-

富士箱根エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分5秒です。

【富士箱根の四季】海賊船乗船 -特別船室編-

特別船室へ

箱根町港を出港した海賊船が、元箱根港を経て桃源台港に着く直前まで、一般船室エリアから芦ノ湖上の風景や海賊船乗船を楽しんでいたのですが、桃源台港に着く少し手前で特別船室チケットへのアップグレードを試みてみました。

特別船室は船の前部に作られた居住空間で、船の進行中は一般船室に比べてより良い眺めを期待することが出来ます。

片道チケット、往復チケットの二種の種別があるのですが、片道だと一区間のみ、往復だと途中下船は一日限り自由にできるようです。

ここでもフリーパスの優待が効いていて、通常であれば箱根町港・桃源台港片道が600円上乗せ、往復だと1110円上乗せされるらしいのですが(詳細は海賊船公式サイトの運賃表へ)、若干割り引かれて960円とのことです。

海賊船公式サイトではトップページで夕方の時間の遊覧が推されているので、特に日が短くなった秋から冬にかけての季節、早い時間に往復アップグレードチケットをゲットしておいて、最終16時台の乗船を狙うのがいいかもしれません(参考:箱根海賊船電子パンフレット)。

 

桃源台港・箱根町港間

特別船室の空間は、海賊船の前部に用意されていて、やや高いところに登ることも出来ます。

前方への視界がスッキリして、

後方に、一般船室エリアを振り返ることも出来ます。

往復チケットのシステムが良くわかっていなかったのでアップグレードのタイミングが遅れてしまったのですが、富士山に向かって進むことになる、箱根町港発のタイミングで特別船室にいたかった・・・、とは感じました。

箱根フリーパス利用で、かつ海賊船にもボチボチ乗船するという予定がある場合、乗船後即特別船室往復チケットへのアップグレードがお勧めです(船内で購入できます)。

今回、船室内部の写真は撮影し忘れてしまったのですが(正確には、撮ったつもりになっていたところ、ポケモンGO関係の写真だけが残されていました)、

特別船室では、船の最前部からの景色が楽しめます。

箱根町港が近づいてくる様子も、海賊船が停泊している様子も、バッチリ確認できました。

 

再び箱根町港にて

箱根町港・元箱根港間10分、元箱根港・桃源台港間25分、桃源台港・箱根町港間25分という、50分の芦ノ湖”海賊船”遊覧を終えて、

海賊船の船旅をスタートした箱根町港に、再び戻ってきました。

1時間弱の芦ノ湖遊覧は、割とあっという間です。

この日はこの後別プランがあったので、海賊船乗船はこれまでとなりましたが、

芦ノ湖畔をぐるぐるというような予定を立てていたのであれば、特別船室往復チケットも買ったことだし、あと何度かは乗船してみたかったな、とは思いました。

 

タイトルとURLをコピーしました