【箱根七福神めぐりの旅】箱根ロープウェイ乗車、大涌谷へ

富士箱根エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分33秒です。

【箱根七福神めぐりの旅 その4】箱根ロープウェイ乗車、大涌谷へ

箱根ロープウェイ

桃源台駅にて

箱根レイクホテルをチェックアウト後、最初に目指したのは芦ノ湖スカイラインだったのですが、

ホテルの敷地を出てすぐ目の前にあったのが箱根ロープウェイ・桃源台駅だったということで、この日のスタートをロープウェイ乗車(からの大涌谷行き)に切り替えることにしました。

ただでさえ新型コロナウイルス感染症拡大が危惧される時勢に加えて、早朝だったということもあってか(9時スタートで、9時30分着)、乗り場は割とガラガラです。

本音としては、やはり気分が盛り上がってしまうことは否めません。

結果的に「絶景を望めるロープウェイに、貸し切り状態で乗れる」わけですからね。

いよいよ乗車、

そして貸し切り状態でのスタートです!

 

ロープウェイ乗車

ロープウェイから臨む芦ノ湖は、やはり絶景です。

なのですが、それはそれとして、

先に進めば進んだだけどんどん高度も上がっていきます。

まぁ、当たり前のことですね 笑。

ある程度の高さのまま上って行ってくれれば怖さもそれほど感じなかっただろうとは思うのですが、

そんなことを言っていたら、恐らくは箱根の山にロープウェイを通すことは出来ないでしょうからね。

ということで、大涌谷までの中継駅である姥子(うばこ)駅を過ぎたあたりから、ロープウェイが本気を出し始めます。

大涌谷が近づくにつれ高度も上がるので、

恐怖感もマックスに向かいます。

もちろん、箱根のロープウェイ自体は非常に安全な乗り物なので(風速30メートル以内の風であれば、通常運転できるようです)、それが分かった上での怖さを楽しんでいましたということは念のため付け加えておきますが、見通しがいい分スリルも上乗せされ、想像以上の迫力がありました。

復路の風景から。

ロープウェイのルート下には道路も走っています。

やはり、ゴンドラ越しに望める風景が絶景である上便利でもあるという一石二鳥感が、ロープウェイ乗車の率直な感想です。

 

大涌谷へ

大涌谷着

大涌谷は、前回訪問した去年の2月以来、実に一年以上ぶりの訪問です。

その前の訪問は一昨年(2018年)の12月だったということで、このところは年一ペースでの大涌谷詣でです。

 

大涌谷にて

この日の大涌谷はやや風が強め、雲が多めで、少し寒い感じでした(現地の気温は13度)。

高所なので平地よりは近く感じる雲が、噴煙と共に風に流されているのが分かりますが、

この地に降り立っただけで感じ取ることが出来る迫力は、相変わらずでした。

雲が多いことはチェックアウト前にわかっていたことでもありましたが、やはり富士山が見えなかった点は残念でした。

通常時であればどこからでも一発で富士山がわかるのも大涌谷の魅力のうちなのですが、

この日午前の上空は、すっかり雲に覆われていました。

そんな大涌谷にて、今回も黒卵を頂きました。

相変わらず剥きやすい殻も好印象で、味の方もおいしかったです。

 

火山としての箱根山

気象庁の資料にも「大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いていますので、火山灰等の突発的な噴出現象に注意が必要です」(参考:気象庁箱根山の活動状況“)とあるように、現在も火山活動が続いているのが箱根山の現状だと言われているので、万が一の場合に備え、大涌谷では現在も注意喚起が為されています。

箱根町の公式サイトで箱根山噴火によって想定される具体的な災害がまとめられている上(参考:箱根町火山防災マップ火山活動が活発化すると…“)、神奈川県のサイトではかなり詳細にわたる災害対応計画も立てられている(参考:神奈川県箱根山(大涌谷)火山避難計画“)ので、備えあれば患いなしといったところでしょう。

ただし「箱根」「自然災害」ということだと、近いところだとやはり昨年の台風19号ですね。

活発な火山活動を警戒することから通行禁止区域となってしまって久しい神山の登山道(参考:環境省 “国立公園へ出かけよう! 神山・駒ヶ岳コース“)も、現在は従来の通行禁止措置に加え、

台風被害の跡と思しき傷跡が、生々しく残された状態となっています。

登山コースの再開可能性自体がどうなんだろうとも思えてきますが、

やはり自然の驚異の前には、人力など非力なものなのかもしれませんね。

 

(続く)

 

アクセス

桃源台駅(芦ノ湖畔のロープウェイ乗り場)

 

大涌谷

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
富士箱根エリア
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました