【00年代の函館 その6】土方歳三最期の地と五稜郭

北海道の港町/00年代の函館

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分30秒です。

【00年代の函館 その6】土方歳三最期の地と五稜郭

土方歳三最期の地/五稜郭

土方歳三の最期と函館

戊辰戦争(後述)最後の戦いとなった函館戦争が終結する約一週間前。

函館政権の陸軍奉行並を勤めていた元新選組副長・土方歳三は、新政府軍の函館総攻撃を迎え撃つ中、幕府軍側が築いた一本木関門傍にて壮絶な戦死を遂げたとされています。

毎年土方歳三の命日(5月11日)や五稜郭祭(5月中旬の土日。公式サイト)が近づくと、”最期の地”付近の桜が満開になるのだそうです。

石碑傍の桜は”歳三桜”と呼ばれていた記憶がありますが、なんとも風流な解釈ですよね。

 

五稜郭と土方歳三

ここで写真を撮らないはずがない、確かに写真を撮った記憶はあるのですが、”最期の地”の写真は残っておらず、”最期の地”と五稜郭では、

雪の季節の五稜郭・土方歳三像と、

五稜郭タワー(公式サイト)から望んだ雪景色が残されていました。

 

戊辰戦争

戊辰戦争とは?

俗にいう”明治維新”の成立期。

時の朝廷を中心とした政権交代(江戸幕府=武家政権の大政奉還による、皇室を中心とした王政復古への転換)と、その後”王政”下で執り行われた小御所会議の紛糾は、結果的に旧幕府軍(幕府陸軍・幕府海軍の他新選組、彰義隊、仙台藩、越後長岡藩、会津藩等)と新政府軍(薩摩藩、長州藩、土佐藩等)の間に、約一年半に及ぶ武力衝突を引き起こします。

鳥羽・伏見の戦い(慶応四年=1868年1月)に始まり、五稜郭が新政府軍の最後の攻撃目標とされた函館戦争(明治二年=1869年5月)で幕を閉じた戦いは、戦争勃発年である1868年(慶応四年=明治元年)の干支(戊辰=つちのえたつ)を取って、戊辰(ぼしん)戦争と総称されます。

政治的に手練れていた旧幕府側(主に徳川慶喜)のリードにより、それでもなんとか話し合いでまとまろうとしていた”時代の過渡期”の紛糾は、新政府側(主に西郷隆盛)の謀略絡みでこじれにこじれ、最終的に武力衝突へと至ってしまったわけですが、果して戊辰戦争とは一体どんな戦いだったのかという”戦争の本質”を巡る部分では、旧幕府側、新政府側、どちらに義が宿ると判断するかによって、今もなお解釈が割れることがあります。

翻って、そもそもなぜそこまで両陣営がきな臭くなってしまったのかという幕末の政争を巡る解釈にも多々争点が宿るため、フラットな目線から一概に「こういう戦争だ」と言い切ることが難しい側面を持っているんですね。

“歴史とは勝者が紡いだドラマである”という含みが方々に感じられるのも、いわゆる明治維新や戊辰戦争解釈を含む日本の近代史の特徴ではあるのですが、以下では戊辰戦争が”どう展開したのか”の骨子をざっくりまとめます。

 

戊辰戦争の経過

前記したように、戊辰戦争は、鳥羽(現在の京都市南区伏見区)及び伏見(同伏見区)での戦いによって幕を開けました(1868年1月)。

戊辰戦争全体を俯瞰するのであれば、旧幕府軍が唯一勝てた可能性のある戦いが鳥羽・伏見の戦いだった(そして幕府軍がこの戦いに勝利していれば、その後の歴史は大きく変わっていただろう)ともいわれていますが、鳥羽・伏見の戦いでは、幕府軍の将である徳川慶喜の一方的恭順などもあって幕府軍が敗退します(ということで、一般には称えられることが多いとされる徳川慶喜の”恭順”も、一通りには解釈されていません)。

その後は東へと軍を進める新政府軍が常に優勢となり、戊辰戦争開戦から約3か月の後、1868年4月には江戸城が無血開城されますが、新政府の方針に異を唱える北陸・東北の諸藩が抵抗勢力として残っていたため、なお戦争は継続しました(北陸・東北諸藩の抵抗自体が”賊軍”というにふさわしい、それ以外の何物でもないような抵抗だったのか、反対に新政府は常に”官軍”らしく振舞っていたのか、そもそも本当に”官軍”だったのかという部分についても、”徳川慶喜の恭順”同様に解釈が割れています)。

結果、彰義隊(上野にて恭順中の徳川慶喜警護のため、旧幕臣で構成された部隊)が壊滅した上野戦争(1868年5月)、中立を保っていた河井継之助旗下の越後長岡藩が奥羽越列藩同盟に加盟し、旧幕府軍側に立って参戦・敗北した北越戦争(同年7月)を経た後、戊辰戦争の天王山であった会津戦争での会津藩の敗退(同年9月)によって、開戦後約半年強で本州全土が新政府軍に制圧されます。

果して正理公道に沿って振舞ったのは旧幕府軍・新政府軍いずれの側だったのかという解釈上の問題はさておき、現実問題としては、もはや新政府軍の優位は覆えらなかったわけです。

新政府軍の戦果がこれだけ圧倒的だった理由は、一重に新式の兵器を潤沢に所持し、かつ使用出来たことによっていますが、このことによって双方の戦力差は圧倒的なものとなり、時間の経過によっていよいよ旧幕府軍の勝ち目はなくなっていきました。

 

函館戦争と、その後の明治新政府

1868年12月、旧幕府軍の残存勢力は、榎本武揚(箱館政権総裁、軍艦操練所教授、幕府海軍の指揮官)を総裁とする函館政権を樹立し、新政府軍に対峙しますが、翌1869年4月より新政府軍の総攻撃が始まると、5月には函館政権が陥落、戊辰戦争は終結しました。

前記したように土方歳三は函館戦争において戦死し、旧幕府軍も壊滅しますが、新政府の政権運営上の波乱は戊辰戦争後も断続的に継続します。

相次ぐ士族の反乱(明治一桁年代後半)の後、戊辰戦争終結から約10年後には、こともあろうに”官軍の将”だったはずの西郷隆盛を相手取った西南戦争(1877年=明治10年)を戦うこととなり、西南戦争の終結後は、そのまま自由民権運動激化(明治10年代)への対処を迫られることとなりました。

やがて(日清戦争・日露戦争に勝利したことや、第一次世界大戦で戦勝国陣営に与していたことから)20世紀初頭には世界の一等国となった”大日本帝国”ですが、成立までの顛末や、成立後の情勢から推しはかる分には、発足当初から全てが眩しかったわけではない、むしろ”藩閥政府”はそれなりに深い闇を抱えていたのであろうことが察せられます。

 

アクセス

土方歳三最期の地

 

 

五稜郭

 

タイトルとURLをコピーしました