【冬の終わりの札幌へ その12】旅行中の主な札幌グルメ その1 -スープカレーとジンギスカン-

国内小旅行

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分3秒です。

【冬の終わりの札幌へ その12】旅行中の主な札幌グルメ その1 -スープカレーとジンギスカン-

旅行中の主な札幌グルメ

今回から三回にわたり、札幌着後、帰りのフェリーに乗船するまでの間に食べた、美味しかったものをいくつかピックアップしました。

まずは札幌に行くと必ず食べるという定番、スープカレーとジンギスカンからです。

 

スープカレー hirihiri

食レポ

今のところの個人的な”推し”は、

駅近くの他大通り界隈にある、hirihiri(公式サイト)というお店のスープカレーです。

写真は、パクチーを増量してもらったものです。

パクチーは、エスニックに合わせる香味としてはかなり好きなので、パクチートッピングが出来るあたりもうれしいポイントですね。

元々はその時宿泊していた宿の従業員さんがまとめた、部屋置きの「お勧めグルメパンフレット」に掲載されていたことから知ったお店で(”地元民が選ぶオススメ!”みたいな触れ込みでした)、駅のすぐ近くにあるということで物は試しと行ってみたのですが、初めて食べたスープカレーに衝撃を受けて、今の「札幌に行けば必ず食べる」状態に至ります。

元祖が70年代にあって、90年代に大きく発展し、00年代に札幌で大ブームになったというのがこれまでの”スープカレー発展”の大まかな流れらしいですが、正直言うと、元々はスープカレーに持っていたイメージ(特に、好評に対するもの)って、どこか半信半疑なものでした。

なので、札幌に旅行する機会が無かったら、恐らく一生食べることは無かったでしょう。

初めてお試しで食べた後で、完全に中毒になっちゃった感じです。

今ではすっかり札幌に行った時の楽しみの一つになりましたということで、

具がスープに埋もれてしまう、大盛りスープカレーです。

さすがにこれだとスープが多すぎたので、トッピングで鶏肉を追加してバランスを取ったのですが、この写真見てるだけでお腹が空いてきそうっていう一枚ですね。

 

アクセス(札幌駅傍、ヒリヒリ2号)

 

ジンギスカン だるま

食レポ

地元の人に「ジンギスカン」の話題を振った時、ほぼ100%共通して返ってくる答えが「札幌の人間はわざわざお店でジンギスカンを食べるようなことは滅多にない」でした。

一応めぼしいお店は知っているし、ジンギスカンを外食で食べたことがないわけじゃないんだけど、でもやっぱり家で食べる方が圧倒的に多い、みたいなニュアンスですね。

ジンギスカンって自前でやることも楽しみのうちだから結局は割とそうなるというようなことを、ジンギスカンの話をしたほぼ全ての札幌市民に聞かされた覚えがあります。

そんな人たちに言わせると、「だるま」(公式サイト)は観光客の定番というお店のようです。

ということでそのご多分に漏れず(?)、個人的にも初めて札幌でジンギスカンを食べたお店がだるまだったのですが、以降札幌に行く度に立ち寄るお店となりました。

ちなみにジンギスカンって、タレに付けて食べるタイプと肉をタレに付け込んで食べる(焼いた肉をそのまま食べる)タイプ、大きく二通りあるらしいのですが、だるまはタレに付けて食べるタイプのジンギスカンを出してくれるお店です。

メニューを渡されて、飲み物と肉、さらにはライスとキムチを注文するのがいつもの頼み方ですが、野菜は初回無料(追加は有料)なので、メニューを渡され肉を頼む時点で既に鉄板に乗っています。

お肉の他にキムチが美味しいのもだるまの特徴かつ魅力ですが、最初のひと口から先しばらくは、全てが至福の時間です。

すごく待ち遠しかったはずの時間が始まると、あとは割とあっという間です。

追伸として、だるまでは、常連(というよりは二回目以降のお客さん)限定の一つのお約束となっていることがあるのですが、

食後に残ったタレを茶碗に入れて、お茶を注いでもらいます。

精進料理ではお茶とたくあんを使ってやるようなことを、だるまでは残ったタレとお茶でやるわけですが、これがまたすばらしく美味しくて、締めの一杯に相応しい味わいがあります。

 

アクセス(本店)

タイトルとURLをコピーしました