【冬の終わりの札幌へ その14】旅行中の主な札幌グルメ その3 -ソフトクリームと自炊ご飯-

国内小旅行

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分31秒です。

【冬の終わりの札幌へ その14】旅行中の主な札幌グルメ その3 -ソフトクリームと自炊ご飯-

BARNES(ソフトクリーム)

食レポ

BARNES(バーンズ、公式サイト)は大倉山のオリンピックミュージアムから札幌駅前エリアへ進む途中にある、ソフトクリームの人気店です。

ふとしたきっかけで観光タクシーの運転手さんに教えてもらうことが無ければ、恐らく生涯巡りあうことがなかったソフトクリームだったでしょう。

お店自体、外から見てもハッキリそれとわかるような店構えではなく、中に入ってもなんのお店かパッと見ただけでははっきりわからない(店内には、おしゃれなカフェっぽい雰囲気があります)、でもお店の前にぼちぼちいた、お店の外でソフトクリームを食べているお客さんを見ている分には、食べる前から早くも大当たりを期待させます。

そして頼んだ濃厚バニラは、期待にたがわず、滅茶苦茶美味しかったです。

ソフトクリームの専門店みたいなお店でないとまず楽しむことができない味で、かつそのようなお店の中で比べたとしても、トップクラスにおいしいんじゃないかと感じました。ソフトクリーム好きなら行って後悔することはまず絶対ないでしょう、というレベルのお勧めです。

 

アクセス

 

自炊ご飯のおかずいくつか

即席で作った子持ちカレイの煮つけ(カレイの切り身は肉厚、子がぎっしり詰まっていて、二切れで約600円!)、

色々入った海鮮鍋(これで約800円!)、

しらす干し(大根おろしとポン酢をたっぷりかけて、自炊の際はほぼ毎食いただきました)、

よつ葉牛乳。

他にはローストビーフのユッケやサラダ等々、どれもこれも美味しいものばかりでした。

もちろん、二食が付いた普通のホテル泊もいいものですが、札幌にはジンギスカンやスープカレー札幌ラーメンのお店など、ただでさえ美味しいお店がたくさんあるので、外食も観光の一つと捉えた上で、さらに自炊可能なホテルに泊まって簡単な自炊を楽しむ旅とするのも結構楽しいものです。

タイトルとURLをコピーしました