【冬の終わりの札幌へ その6】札幌市時計台

国内小旅行

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分10秒です。

【冬の終わりの札幌へ その6】札幌市時計台

札幌市と時計台

札幌農学校の演武場として

札幌市中央区の中心部に「かつて」がポツンと残されたような西洋館風の建物は、

元々は現在の北海道大学の前身である札幌農学校の演舞場・中央講堂・研究室等として、現在地より100メートルほど北側に作られました。

マサチューセッツ州立農科大学(北大の前身である札幌農学校のモデル校)に倣う形で設けられた武芸科(兵学科)の授業などが行われたこの建物に時計台が設置されたのは、明治14年(現在地への移転前)の話です。

時計台に設置された塔時計は海外からの輸入品ですが、

貿易港・横浜を経由して、札幌に渡ったようです。

パネルによる解説では、かつての時計台が札幌農学校の施設として設計された時の原案も展示されていますが、

研究機関を兼ねた教育施設感が満載で、それ以外の何物でもない様子が伝わってきます。

 

「時計台」へ

札幌農学校の演武場が「時計台」と呼ばれるようになったのは、札幌中心部の街区整備に伴って現在地へ移転した明治39年(1906年)以降の話しですが、

元々の目的を経て「時計台」が現在の機能を有するようになったのは、昭和も半ばを過ぎた昭和42年(1967年)のことで、

以降、札幌の歴史を展示する施設として利用されながら今に至ります。

 

クラーク博士

ということで、館内には札幌農学校の歴史とともに、時計台の歴史や北海道の郷土史、時計台を絡めた文化史、道内の文化財等々についての展示が常設で行われているほか、

ホールとなっている二階では、かつての講堂の様子が再現されています。

壇上のベンチには、札幌農学校初代教頭のウィリアム・スミス・クラーク博士が座っていて、

一緒に記念写真を撮ることも出来ます。

 

全人教育と”boys, be anbitious!”

クラーク博士は、明治10年(1877年)に札幌農学校に着任すると『札幌農学校の基礎を作り、「Be Gentleman(ビージェントルマン=紳士たれ)」という学業の鉄則を教え、現在の北海道大学の全人教育方針の基本理念を残し』(『 』内、☆1:札幌市公式サイトクラークとモデルバーン“より引用 )、同年に札幌を離れた先生です。

世間一般的には、”boys, be ambitious!”の名言を残した先生として知られています。

現在の北大の行動規範、教育研究にかかわる基本理念(北海道大学北海道大学行動規範等“)にも、クラーク先生の提唱した”全人教育方針”が含まれていますが、これは『「ジェントルマンは、定められた規則を厳重に守るものであるが、それは規則に縛られるのではなく、自己の良心に従って行動する」という考え』(☆1より引用)がベースとなるもので、クラーク先生の理想を継承したことにそのルーツがあります。

ただし”Be gentleman”とも親和性の高い、今や北大の代名詞ともいえる知名度を持った件の名言(boys, be ambitious!)にまつわる逸話(札幌農学校を去るにあたって学生に送った言葉である、という話)については、昭和39年、朝日新聞の名物コラム「天声人語」が世に広めたという、真贋定かならぬ話が元になっているようです(☆2:北海道大学附属図書館“Boys, be ambitious!”について“)。

“boys, be ambitious”という「名言」は、元々クラーク博士が理想としていた”Be Gentleman”という学業の鉄則(全人教育方針)とも相性がいいものであること、クラーク博士が札幌を去ってしばらくした後で掘り返されている(クラーク博士の帰国は明治10年、逝去は明治19年、「名言」の初出は明治27年です。☆2)ことなどから、『この言葉は長い間埋れたのち,札幌農学校が確固たる基盤を獲得し,学生たちの間に 自信と誇りが培われた頃に思い起され,特別の意味を与えられるようになった』(『 』内、☆2より引用)と捉えるのが本当のところであるようです。

 

五稜星

二階では、時計台にもついている「星のマーク」=五稜星についての説明もなされていますが、

この星には、サッポロビールの星のマーク(サッポロビール公式サイト1876年の年伝説 五稜星が意味するもの”)と全く同じ由来があるようです。

五稜星はかつての開拓使のシンボルで、道庁の旧本庁舎や中島公園の豊平館でも、同じ星のマークが使用されています(札幌市公式サイト星のある建物たち“)。

 

上げ下げ窓、時計装置、新渡戸稲造

他には、

横浜山手の西洋館では今も現役で使われている(イタリア山庭園にあるブラフ18番館の窓が、一部このタイプのものだった記憶があります)、かつての時計台で使われていた上げ下げ窓の展示や、

お金を入れるとピカピカ光る時計台のミニチュア(結構豪快に光ります)、

札幌農学校時代に設置されていた塔時計の装置、

名著『武士道』の著者であり、国際連盟事務次長、旧制一高校長・東京女子大初代学長などを勤めた、札幌農学校の卒業生である新渡戸稲造自筆の書などなど。

史跡巡りに多少なりとも興味があれば、割とお腹いっぱいになれるであろう施設となっています。

 

なぜ「がっかり」なのか

札幌の時計台というと、しばしば「日本三大がっかり観光地」(ほか二つは長崎のオランダ坂、高知のはりまや橋)などと揶揄されることがある、あまり評判のよろしくない施設だというイメージ(先入観)が先行することがあります。

なぜかと問われれば答えは一つ、

周囲を高層ビルに囲まれていたり、

時計台内からもその様子が確認出来たりという、周辺環境がかつての姿をとどめておらず、観光スポットらしくないということにあります。

ちなみにこの点は他の二つの「がっかり」スポットであるオランダ坂、はりまや橋にも共通する理由のようです。

時計台に関しては、史実と都市伝説が混在する多くの逸話を持つ将門塚(千代田区観光協会公式サイト将門塚“)ほどではありませんが、ロケーションが都心そのものであることは全方位から伝わってくるので、「がっかり」という評の中身については、わからなくはありません。

イメージで語るのであれば、同じ札幌市内の羊ヶ丘展望台(公式サイト)のようなところにあってほしかったというのが、「がっかり」と評した多くの観光客にとっての本当のところでしょうからね。

元々今の時計台の隣には、昭和30年代まで、移転前の豊平館(現在は中島公園内に移築されています)が建てられていたようです。もし時計台と豊平館が今でも大通公園傍で並び立っていれば、仮に都心部にあったとしても、壮観な眺めとなっていたことでしょう。

 

アクセス/公式サイト

札幌市時計台公式サイト

アクセス

大通公園のテレビ塔からは至近距離、北海道庁も徒歩圏内にあります。

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
国内小旅行冬の終わりの札幌へ
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました