【国内小旅行/冬の終わりの札幌へ その12】旅行中の主な札幌グルメ その1

国内小旅行

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分52秒です。

【国内小旅行/冬の終わりの札幌へ その12】旅行中の主な札幌グルメ その1

ここで、札幌滞在中に食べた主なグルメについて、少しまとめたいと思います。

滞在中は毎食外食だったわけではないのですが、その分デパ地下で入手した美味しいものを食べる機会もあったりして、大満足の食生活を送れました。

 

スープカレー hirihiri

札幌行くと必ず食べるのはジンギスカンとスープカレーなのですが、まずはそのうちスープカレーについて。

今のところ個人的に特に気に入ってるのが、駅近くの他大通り界隈にある、hirihiriというお店のスープカレーです。

写真は、パクチーを増量してもらったものです。

パクチーにドハマリしている人みたいに特に単体で大好きだというわけではないのですが、エスニックに合わせる香味としてはかなり好きなので、パクチートッピングが出来るあたりもうれしいポイントです。

もしかしたら、札幌在住の方にとってはさらに色々なお店が上がることになるのかもしれませんが、今のところ旅行者の立場から何軒か食べたお店の中では、hirihiriの味が一番好みの味です。

元々はその時宿泊していた宿の従業員さんがまとめた、部屋置きの「お勧めグルメパンフレット」のようなものに掲載されていたことから知ったお店で(”地元民が選ぶオススメ!”みたいな触れ込みでした)、駅のすぐ近くにあるということで物は試しと行ってみたのですが、初めて食べたスープカレーに衝撃を受けて、今の「札幌に行けば必ず食べる」状態に至ります。

正直、元々はスープカレーに持っていたイメージって、半信半疑なものだったんですよ。

元祖が70年代にあって、90年代に大きく発展し、00年代に札幌で大ブームになったというのがスープカレー発展の大まかな流れらしいですが、その90年代後半からぼちぼち「スープカレー」という食べ物の名前を聞くようになって以降、そんなことを思い続けてたんです。

カレー自体も大好きというよりはまぁ好き、お腹が空いているときには強く食欲そそられるし、食べ甲斐があるよねという感じのところに位置していた食べ物だったので、ルーをスープにした時に、「あえてというか、わざわざそれを選んでまで食べたいと思うかなぁ?」という感じに、先入観で疑問を持っていたわけです。

なので、札幌に旅行する機会が無かったら、恐らく一生食べることは無かったでしょう。

初回にしても本当に物珍しさからのきっかけで、夕食にはジンギスカンを優先したいからとあえてお昼に食べた記憶があるんですが、その後割と立て続けに、昼夜問わずスープカレーが続いた記憶あります。

初めて食べた後で、完全に中毒になっちゃった感じですよね 笑。

何がスープカレーの魅力かと問われて、スープにも具にもそれぞれ魅力があって、そのそれぞれがそれぞれを高め合っている感じがいいんですよ。スープもいい、具もいいんだけど、どっちか片方だけじゃダメなものが奇跡的な調和でそれぞれを支え合っている感じ、その結果一品として独立した魅力を持っているので、カレーの良さ、食材としての野菜や鶏肉等々の良さを同時に味わえる稀有な仕上がりになっているんです

・・・なんてことを思いました。

今ではすっかり札幌に行った時の楽しみの一つになりましたということで、定番入りして久しい感じだったのですが、かつて唯一物足りなかったのが「増量無し」、つまり一人前でしか頼めないって部分でした。

ですがなんと、久しぶりに札幌に行ったら、その不満点が解消されていました。やっぱりリクエストするお客さんが多かったんでしょうね。みな考えることは同じだなと、そんなことを思いながら頼んだ、具がスープに埋もれてしまう、大盛りスープカレーです。

この写真見てるだけでお腹が空いてきそうっていう一枚ですね。

さすがにこれだとスープが多すぎたので、トッピングで鶏肉を追加してバランスを取りましたという、大満足の夕食でした。

 

hirihiri公式サイト

 

ジンギスカン だるま

地元の人に「ジンギスカン」の話題を振った時、ほぼ100%共通して返ってくる答えが「札幌の人間はわざわざお店でジンギスカンを食べるようなことは滅多にない」でした。

一応めぼしいお店は知っているし、ジンギスカンを外食で食べたことがないわけじゃないんだけど、でもやっぱり家で食べる方が圧倒的に多い、みたいなニュアンスですね。家でだったりバーベキューでだったり、ジンギスカンって自前でやることも楽しみのうちだから結局は割とそうなるというようなことを、ジンギスカンの話をしたほぼ全ての札幌市民に聞かされた覚えがあります。

そんな人たちに言わせると、「だるま」は観光客の定番というお店のようです。

あー、だるまね、そだねー、有名だよね、観光客の人大体あそこ行くよねみたいな感じの話しになったり、こちらが観光客だとわかるとあえてだるまを話題に出してくれるタクシーの運転手さんがいたり、なんだかんだ札幌でも知名度が高いお店のようです。

だるまにしても、やはり最初は当時宿泊していた宿のグルメパンフレットで知りました。

今にして改めて思うことですが、観光客の心をわしづかみにするお店が列挙されていたという、ものすごく有能なパンフレットだったんですね 笑。

実際、札幌駅~すすきの界隈で宿を取った観光客が一番最初に食べに行くジンギスカンのお店って、だるま率が相当高いのかもしれませんね。

ということでそのご多分に漏れず(?)、個人的にも初めて札幌でジンギスカンを食べたお店がだるま、以降札幌に行く度必ず食べるお店となりました。

ちなみにジンギスカンって、タレに付けて食べるタイプと肉をタレに付け込んで食べる(焼いた肉をそのまま食べる)タイプ、大きく二通りあるらしいのですが、だるまはタレに付けて食べるタイプのジンギスカンを出してくれるお店です。

メニューを渡されて、飲み物と肉、さらにはライスとキムチを注文するのがいつもの頼み方ですが、野菜は初回無料(追加は有料)なので、メニューを渡され肉を頼む時点で既に鉄板に乗っています。

あとは、お肉の他にキムチが美味しいのもだるまの特徴かつ魅力です。

そもそもだるまに行くようなときって限界近くまで空腹状態だったりすることが多いので(毎度毎度札幌初日は、割とだるまの開店時間を意識して朝昼の食事をとっていたりします 笑)、恥ずかしながら肉が焼けるのを待つ時間、ただ待っているだけだと割と持て余してしまうんですよ。

そんな時、キムチは割と必須だったりします。

徐々に焼けていく肉や野菜を見ながら、キムチとご飯を交互に口に放り込みながら何とかごまかす、焼けるのを待っている肉を目の前にしてそれっぽいアクセントを加味するため、飲み物もちびちびいただく、なんて感じですね。

そして訪れる最初のひと口から先しばらくは、全てが至福の時間ですが、

すごく待ち遠しかったはずの時間が始まると、あとは割とあっという間です。

至高の時を経て、最終的に完食へ。

肉もご飯も食べられるだけ食べる、最終的に腹120%にするんじゃなくて、八分目から丁度満腹くらいの食べ方で切り上げると、不思議なことに次の日の夕食にもまたジンギスカンを食べたくなります。

かつては、札幌泊時の夕食は全てジンギスカン(=だるま)だった、なんてこともありました。

追伸として、だるまでは、常連(というよりは二回目以降のお客さん)限定の一つのお約束となっていることがあるのですが、食後に残ったタレを茶碗に入れて、お茶を注いでもらいます。

精進料理ではお茶とたくあんを使ってやるようなことを、だるまでは残ったタレとお茶でやるわけですが、これがまたすばらしく美味しいんです。

だるまでの食事の総まとめ、某ラーメン店の丼の底に描いてある言葉じゃないですけど、「この一杯で味わう一口が全てです」的なまとめ感が全てを満たしてくれます。

 

だるま 公式サイト

 

タイトルとURLをコピーしました