【国内小旅行/冬の終わりの札幌へ その4】苫小牧上陸、札幌へ

国内小旅行

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分44秒です。

【国内小旅行/冬の終わりの札幌へ その4】苫小牧上陸、札幌へ

深夜の航海

乗船客のほとんどの人が寝静まったと思われる深夜の時間帯、

船内探索をしつつぼちぼちポケモンと遊んだり、共有スペースでWi-Fiからネットにアクセスしてみたり、

そんなことをしている間にも、フェリーは淡々と苫小牧を目指していました。

アバターは海の上を淡々と歩いていく感じで進みますが、午前0時の時点では、フェリーは宮城県沖を進んでいました。

「人気のない、深夜のフェリーの共有スペース」という語感からだとどんな空間がイメージされることになるでしょうか。

もちろん人それぞれ、さらには船によって違って来る部分も多分にあるかなとは思いますが、少なくともさんふらわあ号の場合、怖さやおどろおどろしさとは無縁の空間でした。

セキュリティ万全の深夜のレストラン、あるいはホテルのラウンジ感が結構強かったような印象です。

ということで、こういうところでネットにつないで書き物を進めていると時が経つのを忘れてしまうのも人の常かもしれませんが、結局深夜4時ころまで共有スペースで時間をつぶし、その後部屋に帰りました。

ちなみに、

船内紹介記事で使ったこの写真は、深夜の船内探索時に撮影したものです。

船中泊を含むフェリーの旅って日の出の時間がお楽しみの一つに挙げられたりもしますが、夜更けの時間にしてもまたいいものです。

深夜も二時を過ぎるとほとんどガラガラ状態になっていました。

 

海上で迎える朝

明けて翌朝、9時ころの船内の様子です。

前日夜更けから未明にかけてのしっとり落ち着いた様子とは打って変わり、海の青さと太陽の日差しが眩しい、船窓からの風景です。

窓が大きくスペースが広いので、一気にぱぁっと明るくなるんですよね。昼夜のコントラストが本当に見事な空間でした。

窓のすぐ外は海上なので、夜であれば天然のカーテンで真っ暗になります。

居住スペースは海上から5階~6階の高さにあるので、夜中の航海で海面が気になるようなことはまずありませんが、日中であれば水平線も海面の白い波頭も眺められます。

レストランからの眺めについても然りで、航海を真横に感じながらの食事を楽しめます。

この日の朝は少々曇り気味だったようなのですが、

それを感じさせない眩しさが、船内からは感じられました。

ということで、早速デッキへ。

風があって少々寒くはありましたが、それを補って余りある爽やかさに満ちていました。

この時点で、フェリーは既に青森・下北半島付近へ。

3時間40分後には、苫小牧沖へ到達しました。

いよいよ近づきだしてからが結構焦れたりするのですが、この辺りの気持ちは、港を離れる時に感じる旅情と対を為すものですね。

出発時に感じた名残り惜しさは、到着時には焦れと変わります。

この灯台付近の航路は、復路の航海では日没後に通過するのですが、出迎え時の灯台と見送り時の灯台は、まるで別の顔を見せてくれるようにも感じました。

日光の下で海路の玄関口に立つ白い灯台は、その存在感からどこか長旅明けの乗船客を静かに歓迎してくれているようにも見えます。

あいにくの空模様でしたが、「ようこそ北海道へ!」という感じですよね。

これに対して日没後の暗闇の中で光を発する復路・大洗行きの便から臨んだ灯台は、別れを惜しみつつ光を発しているかのような、もの寂し気な仕事をしていた印象が強かったです。

ともあれ、漸く訪れた下船の時。

タラップから繋がる通路は結構長いものでした。横には先ほどまで乗船していたさんふらわあ号。

苫小牧着、フェリーターミナル出口付近から。高速バス乗り場はこの右側に位置しています。

 

苫小牧から札幌へ

苫小牧のフェリーターミナルからは、高速バスで一路札幌駅前を目指しました。

計画段階では、フェリーターミナルから苫小牧駅まではバスで、苫小牧駅からはJR千歳線で札幌駅までと考えていたのですが、千歳線に乗ることそれ自体を目的としていないような場合であれば、料金的にもお手軽さからも高速バスで札幌まで行ってしまうのがおすすめかもしれません。

そのまま乗っていれば札幌駅前まで行ってくれるんだから、わざわざ苫小牧駅前で降りてJRに乗り換える理由がなさそうに思えてくるんですよね。

JR千歳線を使えば苫小牧駅から2時間40分、苫小牧港のフェリーターミナルから高速バスでそのまま札幌駅前まで進むと1時間40分、いずれにしても結構時間はかかるのですが、フェリーに乗っていた時間を考えればどちらも微々たるものですね。

ということで、ここからの距離はさほど長くは感じません。

所々に残雪が確認できる、冬の終わりの北海道らしい風景の中を走り、

札幌駅に到着。

前日の水戸駅入りから換算して、ほぼ丸一日がかりの旅程でした。

 

 

(続く)

タイトルとURLをコピーしました