【横浜街歩き/元町中華街エリア】公園坂

元町・中華街エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分18秒です。

【横浜街歩き/元町中華街エリア】公園坂

箕輪坂(汐汲坂代官坂とつながった坂道)沿い、元街小学校のすぐとなりから山手公園方面に向けて通された階段坂が公園坂です。

公園坂のいう”公園”とは山手公園のことですが、1871年=明治4年、日本初の洋式公園である山手公園の開園に合わせて坂道が通され、その名がつけられたようです。

横浜の坂道について触れたブログや、横浜山手について触れたガイドなどでは公園坂に触れられていることもありますが、知名度はさほど高くないようで、公園坂を単体で取り上げた口コミ等はほぼ見かけません。

その意味では、知る人ぞ知る、ややマニアックな坂道です。

本牧通り側から箕輪坂を上っていった場合には比較的見つけやすく作られている階段坂は、反対に代官坂や汐汲坂側から下る場合、少々見えにくい角度に通されています。

階段坂があるということはわかっても、そもそも公道なのか私道なのかの判断をしかねる階段坂にも見えてしまうあたり、高田坂小坂に通じるものを持っている坂道です。

坂道からはサンモール・インターナショナルスクールや横浜雙葉小学校方面が臨めますが、それぞれの学校のさらに向こう側には、ビヤザケ通りが通されています。

公園坂は山手公園のかなり手前で終わっていますが、階段坂ではない坂道は、公園入口を経由し、カトリック山手教会横から山手本通りに合流するまで続きます。

坂道の途中、すぐ隣には元街小学校があって、

続く通り沿い、山手公園入り口までの左手には山手公園のテニスコート、右手にはマンションやフェリス女学院大学の施設があります。

 

 

アクセス

グーグルマップの基本的な使用法

タイトルとURLをコピーしました