スポンサーリンク

【横浜山手の西洋館】ベーリックホール(山手本通り沿い、元町公園内)

山手の西洋館

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分12秒です。

【横浜山手の西洋館】ベーリックホール(山手本通り沿い、元町公園内)

about ベーリックホール

ベーリックホール(山手西洋館公式サイト)は、元町公園内にある西洋館です。山手111番館山手聖公会聖堂、外国人墓地の旧山手門など、横浜に多くの建築を残したジェイ・ヒル・モーガン(J.H.モーガン)によって設計された、”横浜山手の顔”である建物の一つにあたります。

1930年(昭和5年)に、イギリス人貿易商バートラム・ロバート・ベリックさんの邸宅として同地に建築された建物は、第二次世界大戦開戦と共にベリックさん一家がカナダに移住したことによって主不在となりますが、やがて遺族の所有となり、1956年(昭和31年)にカトリック・マリア会(カトリック教会の男子修道会)に寄贈されます。

マリア会の所有となった後は、マリア会が経営するインターナショナルスクールである、セント・ジョセフインターナショナルスクールの寄宿舎として使用されました。

つまり、ベーリックホール自体の来歴としては、元々の所有者であるベリックさんが居を構えていた時代に比べて、セント・ジョセフインターナショナルスクールの寄宿舎として使用された時間の方がはるかに長いということになるのですが、かつては、現在ビヤザケ通りから元町公園に向かって伸びた坂道が”セント・ジョセフの坂“と呼ばれていた時代もあったようです。

セント・ジョセフインターナショナルスクールが廃校となった西暦2000年(平成12年)まで同校の寄宿舎として利用された後、2001年(平成13年)に建物はマリア会より横浜市に寄贈され、2002年(平成14年)から”ベーリックホール”としての一般公開が始まりました。

現在ベーリックホールが置かれている一帯は、同じ元町公園内であるとはいっても、ジェラール水屋敷傍から進み、エリスマン邸や電話ボックスのあるエリアからは飛び地となっている一帯で、旧ベリック邸=セント・ジョセフインターナショナルスクール寄宿舎を”ベーリックホール”として一般公開することに併せて横浜市が土地を取得し、新たに元町公園となったエリアです。

(参考:ベーリックホール公式サイト、神奈川新聞社『横濱』vol.71 2021年新春号、令和3年1月15日)

 

関連イベント(2018~2022年の一部イベント)

館内ガイド

現在は、西洋館の館内ガイド(西洋館公式サイト “館内ガイドのご案内“)が復活しています。ベーリックホールを含む元町公園エリアに位置する西洋館(エリスマン邸、山手234番館)の館内ガイドは、毎月第3木曜日、午前・午後の二回行われています(ベーリック・ホールは11:30~15:00~の二回です)。

 

過去イベント

ベーリックホールのクリスマス(2018年)

ベーリックホールのクリスマス(2019年)

ベーリックホールのハロウィン(2019年)

横浜山手芸術祭ユースギャラリー・サンモール・インターナショナルスクール展示(2022年)

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました