スポンサーリンク

【秋の鎌倉御朱印巡り】円覚寺(鎌倉五山第二位、JR横須賀線北鎌倉駅下車すぐ)

御朱印巡り

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分4秒です。

【秋の鎌倉御朱印巡り】円覚寺(鎌倉五山第二位、JR横須賀線北鎌倉駅下車すぐ)

北鎌倉駅から円覚寺へ

about 円覚寺

鎌倉五山第二位・円覚寺(えんがくじ。公式サイト)は、1282年(弘安5年)に、北条時宗によって宋から招かれた臨済宗の高僧、時宗の師である無学祖元によって開山されます。

創建は、元寇の殉死者を敵味方なく弔うためという目的の下、鎌倉幕府の第8代執権、蒙古の襲来を迎え撃った指揮官・北条時宗によって発案されました。

ちなみに信仰の対象となる”お寺”を整えること(立派なものでなくとも可)を開山といいますが、これに対して物理的な意味でお寺を作って経済的な実態を伴わせることを創建(開基)といいます。

開山・創建後の円覚寺は『北条氏をはじめ朝廷や幕府からの篤い帰依』(円覚寺公式サイトより引用)を受ける形で整った基盤が、その後の安定した歴史を(波乱もあったものの、結果として)形作ることとなったようで、江戸時代後期には今日につながる刷新があったほか、明治時代以降は多くの人材を輩出しました。

円覚寺を創建した北条時宗のお墓は、境内の奥に”開基廟”(円覚寺塔頭佛日庵 公式サイト)として整えられていて、傍のお茶屋さんでは抹茶などを楽しむことが出来ます。

一方、円覚寺を開山した無学祖元のお墓は、鎌倉五山第一位・建長寺の境内にある塔頭、西来庵(せいらいあん)にありますが、残念ながら西来庵は現在非公開となっています。

(参考:円覚寺公式サイト “円覚寺について“)

 

円覚寺の境内と横須賀線

JR横須賀線の北鎌倉駅下車後、下りホーム側の無人駅風改札をくぐって構内を出ると、横須賀線の線路が円覚寺のすぐ隣に通されているように見えるのですが、線路の向こう側には、白鷺池(びゃくろち)と名づけられた左右相対の池と、そこにかかる降魔橋(ごうまばし)という橋があって、実はこれらも円覚寺の境内に含まれています。

なので正式に参拝するという形にこだわるのであれば、上り線側の改札から駅を出て、県道21号線に沿って歩いた上で”境内”に入る必要がありそうです。

ちなみに県道21号線を鎌倉方向に歩いていくと、道沿いには建長寺や鶴岡八幡宮などがありますが、鎌倉駅前エリアで”若宮大路”につながって、最終的には滑川の交差点で国道134号線に合流します。

円覚寺の境内にしてもその県道21号線沿いから始まっているのですが、特に”厳密な参拝”にこだわらないのであれば、総門への歩道を線路伝いに少し歩くと、二つの石碑の間に円覚寺の総門への階段が作られています。

 

円覚寺へ

総門

上り階段の始まる手前で、猫が気持ちよさそうに昼寝していました。

石段には猫、見上げれば紅葉という入り口付近から、円覚寺総門へ。

手前から階段下の石碑方向を振り返ってもそれなりに綺麗なのですが、

総門の中から外を見ると、さらに鮮やかでした。

これより先、山門内部では、別の時間軸で動いているかのような空間が用意されています。

 

山門から大方丈へ

そのまま直進し、円覚寺の山門へ。

山門のすぐ奥に位置している仏殿との間が、

紅葉の最初の見どころです。

円覚寺は、建長寺同様に門を入ってからが広いので、

境内と外とで時間の流れ方が違うように感じられることも、大きな魅力です。

時間の流れ云々ということでは、三渓園を彷彿とさせる部分もあります。

山門のすぐ奥は大方丈ですが、

現在は方丈=住職さんの住居が、

多目的に使われているようです(円覚寺公式サイト境内案内“)。

 

妙香池から開基廟へ

大方丈の横は妙香池、その奥にあるのが北条時宗の墓所である開基廟ですが、

妙香池周辺から開基廟にかけての一帯が、

特に華のある紅葉スポットになっていました。

開基廟に向かう坂道の横には竹藪がありますが、

開基廟のすぐ傍には国宝となっている円覚寺舎利殿があります。

 

円覚寺・御朱印

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました