スポンサーリンク

【箱根七福神めぐりの旅】箱根ロープウェイ乗車、大涌谷へ

富士箱根エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分47秒です。

【箱根七福神めぐりの旅 その4】箱根ロープウェイ乗車、大涌谷へ

箱根ロープウェイ

箱根レイクホテルをチェックアウト後、予定では「まずは芦ノ湖スカイラインでのドライブから」だったのですが、ホテルの敷地を出てすぐ目の前にあったのは、箱根ロープウェイ(公式サイト)の桃源台駅でした。

 

桃源台駅にて

ということで、まずはロープウェイ乗車から一日を始めることにしました。

ただでさえ新型コロナウイルス感染症拡大が危惧されている時勢に加えて、早朝(9時スタートで、9時30分着)だったということもあってか、乗り場は割とガラガラです。

旅行者サイドの本音としては、やはりどうしても気分が盛り上がってしまいます。

なんせ、結果的に「絶景を望めるロープウェイが、貸し切り状態」ですからね。

ということで大型ロープウェイの乗客は、自分一人。

大涌谷までの乗車、貸し切り状態でのスタートです。

 

ロープウェイ乗車

大涌谷までの途上、大型のゴンドラがゆっくり動いてくれるので、”ロープウェイから望む芦ノ湖”の絶景にも中々迫力があります。

見晴らしがよくなって、正面には芦ノ湖の海賊船(公式サイト)も見えてきました。

ロープウェイは、先に進めば進んだだけどんどん高度も上がっていきますが、

ある程度の高さのまま上って行ってくれているうちは”便利なのりもの”感が強かったゴンドラも、

大涌谷までの中継駅である姥子(うばこ)駅を過ぎたあたりから、やや趣が変わり始めます。

大涌谷が近づくにつれ高度も上がっていくのですが、上がれば上がった分怖さが出て来るんですね 笑。

もちろん、箱根のロープウェイ自体は非常に安全な乗り物なのですが(風速30メートル以内の風であれば、通常運転できるようです)、

それとこれとは話が別だということで、見通しがいい分スリルも上乗せされ、想像以上の迫力が加算されていきます(復路の風景です)。

ロープウェイのルート下には、山道が通された様子も見えてきました。

貸し切りのゴンドラで乗り心地や風景に一喜一憂しているうち、目的地の大涌谷も近づいてきます。

 

大涌谷へ

大涌谷着

前回訪問した去年の2月以来、実に一年以上ぶりの訪問となった大涌谷着です。ただし前回はドライブでの大涌谷詣でだったので、ロープウェイでの大涌谷訪問となるといつ以来でしょうか、というくらいのご無沙汰でした。

去年の前の訪問は、一昨年(2018年)の12月、これまたドライブでの大涌谷詣でだったのですが、このところは年一ペースでの大涌谷詣でとなっています。

 

大涌谷にて

この日の大涌谷は現地の気温が13度、やや風が強め、雲が多めで、少し寒い感じでした。

高所なので平地よりは近く感じる雲が、噴煙と共に風に流されているのが分かります。この地に降り立っただけで感じ取ることが出来る迫力は、相変わらずです。

雲が多いことはホテルのチェックアウト前にわかっていたことでもありましたが、やはり富士山が見えなかった点は残念でした。

「雲さえなければどこからでも一発で富士山がわかる」という景観も大涌谷の持つ魅力のうちなのですが(参考:大涌谷からの富士山)、この日午前の上空は、すっかり雲に覆われていました。

そんな大涌谷にて、噴煙を目の前にして今回も黒卵を頂きました。相変わらず剥きやすい殻も好印象で、おいしかったです。

 

火山としての箱根山

気象庁の資料にも「大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いていますので、火山灰等の突発的な噴出現象に注意が必要です」(参考:気象庁箱根山の活動状況“)とあるように、現在も火山活動が続いているのが箱根山の現状だと言われています。

そのため、万が一の場合に備え、大涌谷では現在も注意喚起が為されています。

箱根町の公式サイトで箱根山噴火によって想定される具体的な災害がまとめられている上(参考:箱根町火山防災マップ火山活動が活発化すると…“)、神奈川県のサイトではかなり詳細にわたる災害対応計画も立てられている(参考:神奈川県箱根山(大涌谷)火山避難計画“)ので、備えあれば患いなしといったところでしょう。

 

大涌谷と自然災害

ただし”箱根”、”自然災害”ということだと、近いところだとやはり昨年(2019年)の台風19号ですね。

活発な火山活動を警戒することから通行禁止区域となってしまって久しい神山の登山道(参考:環境省 “国立公園へ出かけよう! 神山・駒ヶ岳コース“)も、現在は従来の通行禁止措置に加え、台風被害の跡と思しき傷跡が、生々しく残された状態となっています。

登山コースの再開可能性自体がどうなんだろうとも思えてきますが、

やはり自然の驚異の前には、人力など非力なものなのかもしれません。

 

アクセス

桃源台駅(芦ノ湖畔のロープウェイ乗り場)

 

大涌谷

タイトルとURLをコピーしました