【開港都市・新潟の風景】信濃川と萬代橋

日帰り旅と小旅行

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分56秒です。

【開港都市・新潟の風景】信濃川と萬代橋

萬代橋

about 萬代橋

現在、信濃川の河口付近と関谷分水路に挟まれて日本海に面している、いわゆる「新潟島」(新潟市公式サイト新潟島エリア“)と呼ばれている一帯は、古くは10世紀頃から水上交通の要所として栄え、中世以降は各種の貿易や商取引で栄えていました。

歴史的に、港町・新潟の中心機能を有したエリアだと位置づけることが出来ます。

その新潟島中心部の東端から、新潟駅に向かう形で(歴史的には新潟から沼垂-ぬったり-に向かう形で)架けられた橋が、

現在国指定重要文化財となっている、萬代橋です(国土交通省 北陸地方整備局知るほどなるほど萬代橋“)。橋上には東京-新潟間を結ぶ国道17号線が通されていますが、

橋の両側にも萬代橋についての説明書きは複数置かれています。

「いつまでも橋が続き、新潟の街が発展するように」(同)との祈りが込められた命名と共に竣工した萬代橋でしたが、明治19年=1886年に竣工した初代の萬代橋(木造)は、残念ながら明治41(1908)年に古町にて発生した火災で焼け落ちてしまいます。

近代の横浜にも、当時の関内の2/3以上を焼失した大火が日本大通り横浜公園を誕生させたという史実がありますが、大火後、初代の萬代橋は二代目萬代橋となり(明治42年=1909年12月竣工)、やがて昭和4=1929年8月には現在の三代目萬代橋が竣工しました。

新潟駅側から、新潟島エリア方面へ。

橋に入る手前のスペースがかなりゆったりしているのが特徴的です。

 

石碑とやすらぎ堤

現在、新潟島エリアの東端には、

“新潟ブルース歌碑”(市制100周年を記念して作られた碑。”新潟ブルース”は新潟出身の作詞家、山岸一二三さんの作詞です)や、

二代目萬代橋を渡った高浜虚子が詠んだ句を記念した碑などが置かれています。

反対に新潟駅側の岸は、”信濃川やすらぎ堤”と命名された遊歩道となっていて、

下に降りる階段が作られています。

 

信濃川

信濃川の河口方面には、柳都(りゅうと)大橋が見えています。

橋の向こうの高層ビルは、2002年竣工のコンベンションセンター等複合施設である、朱鷺メッセ(公式サイト)です。

反対方向には、八千代橋が架かっていますが、

どちら側を向いても際立つのは、やはり日本一長い川である信濃川(国土交通省 水管理・国土保全信濃川“)の大きさですね。

 

アクセス

 

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
日帰り旅と小旅行国内港町めぐり
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました