【国内小旅行/冬の終わりの札幌へ その5】すすきの界隈から徒歩で時計台まで

国内小旅行

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分22秒です。

【国内小旅行/冬の終わりの札幌へ その5】すすきの界隈から徒歩で時計台まで

今回の札幌詣ででは、いくつかめぼしいスポットに的を絞って見学したほかは、主に街歩きをして雰囲気を感じるというタイプの観光をしてきました。

繰り返し歩いたり、二度三度食事等に出向いたエリアもあるのですが、以下、まずは主に歩き回ったエリアをざっくりまとめます。

 

鴨々川

札幌随一の繁華街であるすすきの界隈東側には、札幌開拓期に大きな役割を果たした、創成川という人工の川が流れています。創成川は、札幌市民の憩いの場である中島公園(後日、別記事で様子を公開します)の南端で豊平川から分流している川で、特に上流部分が鴨々川と呼ばれています。

厳密には、南七条西までが鴨々川、南六条西より先が創成川となるようです。

豊平川の分流である鴨々川から引かれた水で作られたのが、人工の川である創成川だという関係にあるようですが、すすきの付近ではまだ創成川はギリギリ鴨々川と呼ばれています。

写真は、中島公園南端とすすきのの北端付近、そのちょうど中間点のあたりです。

水質についても至って良好なようで、看板にもある通り鯉が放流されているのが分かります。

3月下旬の付近一帯では、まだ残雪も風景の一部となっていました。

開拓時代の札幌では「豊平川から分流した鴨々川から水を引いて作った」創成川の流れに沿って区画整理が進められました。目線を「川→街並み」と逆にすると、現在綺麗に整えられている札幌市街地の南北のラインの基準になっている川が創成川です。

人工の河川=創成川の水流は、街区の区画の基準となったほか、物流用途で使われたとのことです。

現在の札幌の中心部が、創成川や鴨々川の源流である豊平川の扇状地(河川の流れが運んだ砂利によって作られた地)の上に開拓された地であることとも併せて考えれば、まず初めに豊平川ありき、ついで創成川ありきで発展した地が札幌中心部なのだと捉えられるでしょう。

鴨々川から続く創成川は、すすきの、大通公園、狸小路、札幌駅付近、さらには北海道大学等々、札幌市中央区の中心部東側をまっすぐ、街区を整えている碁盤の目に沿って流れていきますが、鴨々川の源流である豊平川は創成川の東からさらに大きく東へ反れて、最終的に札幌市東区で石狩川に流れ込みます。

市街地を北へ向かってまっすぐ流れ続ける創成川は、札幌市北区で伏龍(ふしこ)川に、さらに伏龍川から茨戸(ばらと)川へというルートで石狩川へと流れつき、豊平川と同じく石狩湾(日本海側)へ流れ出ます。

(参考:創成川・鴨々川 川めぐりマップ)

余談ですが、鴨々川や創成川の源流である豊平川は、札幌市内でサケの遡上と産卵が見られる川の一つで、すすきの中心部を通る月寒通(ニッカの看板や市電のすすきの駅がある通り)にかかっている豊平橋も、サケの遡上が見られるスポットの一つのようです。

札幌の中心部でもサケの遡上がみられるというあたり、やっぱり北海道ですよね。

 

すすきの市場/すすきのゼロ番地

地下鉄南北線のすすきの駅をすすきのの中心とすると、中心部からやや北西に位置するところにあるのがすすきの市場(ビル一階にある、主に食料品を扱う商店街)、およびすすきのゼロ番地(ビル地下の飲食店街)です。

すすきの市場は、地下で営業しているゼロ番地のお店の関係者が主なお客さんとなっているようですが、地下のゼロ番地は夕方以降でないとお店が開いていません。

ビルには「ゼロ番地」の看板も出ています。

入り口付近からちらっと中を覗いてみたところ、「市場」の方も、昼間閉まっているお店が結構あったように見えました。これも某感染症大流行中だという時勢によるものなのでしょうか。その辺よくわかりませんでしたが、現在ぼちぼち観光客が戻ってきているすすきのも、少し前まではガラガラだったようです。

ちなみにその昔、札幌在住の知人に連れられて地下のゼロ番地のお店に行ったことがあるのですが(10年以上前)、いわゆる二次会としての時間を、ごくごく普通に過ごせた記憶があります。「行った」という以上の記憶がほぼ残っていないのが残念なところではあるのですが、入ってみればごく普通のスナックだったような記憶がおぼろげに残っています。

地元の人と一緒だったからそういう(特に入りづらさ、居心地の悪さは感じなかったというような)記憶として残ったのか、それとも観光客だけで行ったとしても同じような記憶が残ることになったのか、普通に後者じゃないかな、とは思いますが、「入ってみたい」と思ったのであれば、あまり臆せず一度入ってみてもいいんじゃないでしょうか。

入り口にある握り飯のお店は24時間営業で、なおかつお店の正面が通りに面しているので、ハードルも何もありません。結構おいしかった記憶があります。

にぎりめしのお店の左側には、2階より上に作られた、市内最古の公団住宅であるススキノアパートへの入り口がありますが、中島公園付近から歩いてきた場合、この辺りを過ぎるとぼちぼちすすきのの中心部(地下鉄南北線のすすきの駅界隈)に到達します。

 

すすきの中心部

すすきの市場が入っている建物から少し歩いて月寒(つきさむ)通へ。

月寒通は、すすきのの交差点におなじみの看板がある通りです。日没後に見るとよりそれっぽく見えますが、「札幌来たぜ~!」って気分が盛り上がる一帯でもありますね。

この看板の斜向かいにあるマック、昔は24時間営業していた記憶があるのですが、現在は時短営業中なのかそういう方針になってしまったのか、割と早い時間に閉まってしまっているのが多少残念でした。

昔(10年以上前)との比較と言うことだと、すすきのと言ったらかつては悪質なポン引きが横行する中々危険な街みたいなイメージが先行する部分も多々ありましたが、地元警察の努力の賜か、それとも新型コロナウイルス感染症こと武漢肺炎大流行の余波を受けてのものか、あるいはその両方か、暗黒イメージを彷彿とさせるような雰囲気(強引な客引きなど)は、昼夜ともほぼ感じませんでした。

月寒通は中央区の東隣、豊平区から続く通りですが、地下鉄南北線・すすきの駅の少し手前(中央区内西側)から、この通りの上を市電が走っています。

遠くに見えるのは、公園内に動物園や野球場がある円山と、スキージャンプ場がある大倉山(後日別記事で公開します)です。市街地から間近に、それも真正面に山が見えるというロケーションが中々素晴らしいですよね。

市電のすすきの駅は、有名なニッカの看板の手前あたりにあります。

主に観光用途で残されているというよりは、ガッツリ市民の足として現役稼働しているので、「札幌の繁華街の象徴」みたいに見える一帯を、割と頻繁に行き来している様子がうかがえます。

ニッカの看板の他、市電の往来も含めての繁華街の中心部=すすきのの交差点って感じですね。

企業広告のラッピング電車だったり、

車高が低く窓が大きいことが強調された、スタイリッシュなタイプだったり、

色々なタイプの電車が走っているのを見ることが出来ます。

ニッカの看板が映える夜になると、市電やすすきの駅にも結構雰囲気が出てきます。

市電はすすきのの交差点前を通過後、札幌駅方面へ向かって走り、大通公園の手前で左折します。

大通公園や時計台、さらに札幌駅方面へ向かうには、ここからさらに市電と同じ方向へ進みます。

 

北海道っぽい街中風景いくつか

がんばろう北海道

「ぽい」は私見に基づくものですが 笑、それと感じたものをいくつか。

すすきの交差点付近のカニ屋さんに出ていた垂れ幕「がんばろう北海道」。

当たり前といえば当たり前なのですが、この場合北海道に下げる垂れ幕だから「北海道」と記されているんですよね。着いた翌日、そんなところに意識を持って行かれて撮影しました。

北海道に来たんだ、札幌にいるんだという実感が高まりつつあったタイミングで見かけた垂れ幕で、以降テンション上がったことを覚えています。

 

北海道日本ハムファイターズ

北海道といえばこれ、色々な要素があると思いますが、そのうちの一つに上がってくるのは間違いなく北海道日本ハムファイターズではないでしょうか。

色々な選手のバージョンがあるのですが、すすきのから狸小路の間の一枚には、昨年2020年の打率がリーグ三位の.340だった、横浜高校OB・近藤健介選手のペナントが架けられていました。

 

地名を付した企業看板と一方通行路

何の変哲もないように見える写真なんですが、狸小路の少し手前の風景です。

銀行や信組などに付く地名が北海道であり、札幌であるというあたりに加え、一方通行の大きめの通りがそこかしこに通されているというあたりにも、すごく「らしさ」を感じます。

同じような理由から、大通公園内にあった自販機のペイント。

雪が残る大通公園内の風景や、左奥にある北洋銀行の看板などなど。ちなみに北洋銀行の本店は、北洋銀行の青い看板のあるビルの向かいあたり(札幌駅側、写真右方向)にあります。

 

狸小路から大通公園へ

北海道最古の商店街であり、札幌の見どころの一つとなっている狸小路商店街も、午前の早い時間では閉まっているお店ばかりでした(夕方以降の様子について、後日、別記事で公開します)。

 

大通公園、テレビ塔と残雪

狸小路を過ぎると、これも札幌名物、テレビ塔のある大通公園へ。

今年は新型コロナウイルス感染症こと武漢肺炎の影響から残念なことになってしまいましたが、毎年雪まつりの会場になる大通り公園には、3月の終わりが近づいてもまだ結構な量の雪が残されていました。

3月下旬だと、大通公園の他中島公園内は残雪と言うよりはほぼ雪景色で、すすきの界隈の直射日光があまり当たらない小さい通りにしても然り、ぼちぼち雪が残っていました。

ピーク時とは比べようもありませんが、そのあたりはやっぱり雪国の風景ですよね。

時計台までの道沿い、大通公園すぐ隣には札幌市役所(時計台の隣のブロック)もありますが、

そのほかにも北海道新聞のビルがあったり、NHK札幌放送局があったりと、付近一帯には札幌市の中心部を思わせるような雰囲気が漂っています。

そんな周辺環境の中に突然出てくるのが、札幌市時計台です。

周囲を取り囲むビルに埋もれるようにしてそこに遺されていることが分かりますが、この立地の故から、しばしば「がっかり観光地」などと揶揄されることもあります。

時計台自体ががっかりなのではなく、変わり果てた周辺環境とのミスマッチによって「がっかり」という評価を得ているのが良くわかる感じですが、実際に館内に入ってみると「言うほどがっかりかな?」などと思わせてもらえます。

要は、いい雰囲気が残されているということですね。

 

(続く)

アクセス

鴨々川(鯉の放流地点)

 

すすきの市場/すすきのゼロ番地

 

市電すすきの駅

 

大通公園

 

札幌市時計台

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
国内小旅行2021春 冬の終わりの札幌へ
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました