【秋の妙高安曇野ドライブ旅 その8】大糸線・海ノ口駅と木崎湖の風景

妙高・安曇野ドライブ旅

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分30秒です。

【秋の妙高安曇野ドライブ旅 その8】大糸線・海ノ口駅と木崎湖の風景

一年ぶりの訪問

善光寺詣からの帰路、安曇野を目指す道中で、去年以来の訪問となった海ノ口(=「湖の口」を意味するようです)駅と木崎湖へ。

前年にリゾートビューふるさとというJR東日本のイベント列車に乗車したことが遠因となっての「妙高・安曇野」へのドライブ旅行だったということで、一年ほど前の旅行がやや懐かしい気持ちになりました。

 

道中

所々に紅葉を眺めつつの道中は、

「善光寺さえ詣でてしまえば、あとはそこまでスケジュールをタイトに絞る必要はないだろう」という見込みと共にあった、ゆっくりペースのドライブです。

日没までに海ノ口駅に着ければいいや、その後安曇野で18時のチェックインに合わせることが出来ればいいね、なんて思いながら善光寺で買った数冊の本(ガイドブックや善光寺の歴史本など)を読んだのも、安曇野への道中、道の駅コンビニのイートインにて。

善光寺の余韻を味わいつつ次に向かっていく時間が、緩やかに過ぎていく感じでした。

ところで、今回もまさにそうだったのですが、地方のドライブでは道の駅をかなり重宝します。

位置的に丁度いいところにある上、道の駅自体が観光スポットになっていたりすることもままあるので、仮に元々の目的地に含まれていなかったとしても、合間の休憩をするにはうってつけなんですよね。

そんな道中だったのですが、

いよいよ海ノ口駅が近づいてきたドライブでは、所により、かなり狭い道が続きました。

街灯がない箇所も結構続き、夜走るにはかなりキツそうな山道も長く続いたことから、ぼちぼち警戒しながらのドライブです。

 

木崎湖傍の踏切から

海ノ口駅傍の踏切から。奥の湖が木崎湖です。

リゾートビュー乗車時にも「いいところだなぁ」なんて思った記憶がありますが、

その思いが改めて強くなります。

まさに、絵にかいたようなローカル風景ですよね。

単線はひたすらまっすぐ伸びていますが、

去年は、この線路の上を走る電車で旅をしました。

 

海ノ口駅へ

通りに面した、海ノ口駅・駅舎です。

初めからそれとわかっていなければ、遠目には中々JRの駅に見えないでしょう。

無人駅ではありますが、歴とした現役の駅(JR東日本・大糸線)です。

計二度目の訪問、車では初の訪問だった今回は、はじめて駅舎の中に入ってみました。

“白鳥の見える 海ノ口駅”とありますが、現在でも、稀に白鳥が見られるようです。

聖地を思わせる一角は、出入り口のすぐ傍にあります。

“おねがいティーチャー(公式サイト)”ですね。

特にそれと狙ったわけでもないにもかかわらず、今から20年近く前のアニメが未だに「聖地」で語り継がれているって、アニメとしては間違いなく大成功した部類でしょう。

“聖地”抜きで考えたとしても木崎湖はいいところで、

結果として二度ほど訪問できたことにしても、とてもラッキーでした。

海ノ口駅ホームからは、すぐ傍に木崎湖が望めます。

駅近くにはバス停も。

運行ペースについてはかなりのんびりです。

 

(続く)

 

アクセス・海ノ口駅

 

タイトルとURLをコピーしました