スポンサーリンク

【箱根旧街道線沿い史跡巡り その2】箱根湯本の一里塚跡

旧街道と宿場町巡り

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分38秒です。

【箱根旧街道線沿い史跡巡り その2】箱根湯本の一里塚跡

旧東海道(箱根旧街道)湯本一里塚跡

箱根湯本の一里塚跡は、箱根登山バス・箱根旧街道線(参考:箱根ナビ “箱根登山バス・路線図“)の台の茶屋バス停から徒歩圏内です。バス停から若干戻る形でバス通り沿いを歩いていった時に、進行方向に向かって左側のバス通り沿いに位置しています。

それと意識していれば見落とすことはまずありませんが、石碑その他が今の湯本茶屋に溶け込んでいる感じで佇んでいるので、特に目当てではない場合は、もしかすると見落としてしまうかもしれません。

字が薄れていまいち読みづらい部分がありますが、1604年(慶長9年)に設置されたようです。

箱根湯本の一つ前の一里塚は風祭の一里塚、一つ先の一里塚が畑宿の一里塚です。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました