みなとみらいの商業施設 その3 -ランドマークプラザ-

新港地区とみなとみらい

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分28秒です。

みなとみらいの商業施設 その3-ランドマークプラザ-

ロケーションは、やや(?)みなとみらい駅寄り

みなとみらい駅と桜木町駅

ランドマークプラザ(ランドマークタワー公式サイト)は、超高層ビル・ランドマークタワーの横に敷設された、1~5階までの商業施設です(公式サイト・フロアガイド)。

クイーンズスクエアマークイズと並んで、みなとみらいの中心部に位置しています。

みなとみらい線・みなとみらい駅とJR桜木町駅だと、みなとみらい駅からの方がアクセスは良好ですが、双方からのアクセスにそこまで決定的な違いがあるわけではありません。

一つには、クイーンズスクエア直結のみなとみらい線・みなとみらい駅が地下4階にあることに対し、JR桜木町駅からの距離を”動く歩道”が補正してくれる形で近く感じるという部分や、その動く歩道からロープウェイが行き来する様子や日本丸を見ることが出来たり、桜の季節であればランドマークプラザへの道すがらにさくら通りの桜を見ることが出来たりするので、そんな効果もあってということからなのかもしれません。

「みなとみらい駅からランドマークプラザまで、桜木町駅からランドマークプラザまで、体感だとそれぞれ同じくらいの距離があるように感じる(が、冷静になって考えるとやっぱりみなとみらい駅からの方が近いかもしれない)」と捉えられるところに位置しています。

やや紛らわしい点として、JR桜木町駅から動く歩道経由でランドマークに向かう時の、ランドマークプラザ内の連絡階は3階、クイーンズスクエア入り口や後述する横浜銀行方面の出入口の連絡階は2階です。

ランドマークプラザを間に挟み、クイーンズスクエアと横浜銀行を結ぶ動線は2階で連絡しているのですが、そこに直交する”動く歩道”からの連絡口は、ランドマークプラザの3階にあるんですね。

みなとみらい側からランドマークプラザに入って桜木町駅方面へ抜ける場合、ランドマークプラザ内で2階から3階へとフロアを一つ上がる必要があるので、この点には注意が必要です(反対に、動く歩道側から入ってみなとみらいへ抜ける場合は、ランドマークプラザを出てから1フロア下り、クイーンズスクエアへと向かうこともできます)。

 

もう一つのアクセス方法

JR桜木町駅からランドマークプラザに向かう時というよりは、ランドマークプラザからJR桜木町駅方面へ向かう時、例えば動く歩道方面が混雑しているときなどに試したくなるルートなのですが、ランドマークプラザ内、桜木町駅側の二階の端は、

みなとみらい大通りの上を通る歩道橋への連絡出入口となっています(歩道橋の下は、みなとみらい大通りです。横浜銀行側から撮影)。

この歩道橋の上を歩いていくと、突き当りは横浜銀行のビル、その隣が日石ビルで、

日石ビルの横からは、みなとみらい大通りに並行する形で、地上二階部分の歩道を歩いて進むことが出来ます。

道中、さくら通りや、その上に通された動く歩道を眺めながら、

最後に初代横浜駅(現在の桜木町駅)が描かれた絵の横を抜けて、

“動く歩道”の真ん中付近にある切れ目のあたりに合流します。

JR桜木町駅前からランドマーク方面に向かった場合、動く歩道はこの先でさらに景観が良くなって来ること、展望台への入り口や日本丸方面への降り口がこの先にあることなどを考えると、桜木町駅からランドマークに向かう時にこの道を使うメリットってあまりないような気がするのですが、帰り道はその限りにあらずというようなことが極稀にあったりするので、知っておくとお得になる・・・ことがあるかもしれません。

about ランドマークプラザ

ランドマークプラザ入り口

ランドマークプラザの入り口自体は幾つかありますが、主なものは、

動く歩道を歩いて道なりに進んだときに現れる、JR桜木町駅側に一つと、

さくら通り沿いを歩いた時、ハードロックカフェのギター横から通された階段上、

“たなびく風”をイメージして作られたというオブジェ(公式サイト。オブジェに向かって左側は、マークイズグランモール公園方面です)や、クイーンズスクエア入り口の正面付近に、

ランドマークプラザのみなとみらい駅側入り口があります。

このほか、

3階部分でランドマークタワー側ともつながっていて、自由に出入りすることが出来ます(ランドマークタワーの3階部分から、桜木町方面に向かう動く歩道前へと抜けられます)。

 

ランドマークプラザ内部

ランドマークプラザ中央部にあるのが、ランドマークプラザ名物ともいえるイベントスペース、

“サカタのタネ ガーデンスクエア”(一階部分)です。

イベントスペース名は、サカタのタネ(公式サイト)がネーミングライツを取得したようです。

ランドマークプラザのこの構造、見慣れてしまうとあまり違和感を持たなくなるのですが、

イベントスペースやワゴンショップがある一帯を取り巻くように、中央がくりぬかれて全フロアのお店が作られているという構造は、改めて結構斬新です。

上から見下ろすと案外細長く見えたりもするのですが、

案外そうでもありません(もちろん、道幅が狭くなっているエリアもあります)。

かつて4階あるいは5階から転落した人がいたとか、いなかったとか、そんな噂が流れたことがあったようななかったようなという記憶もありますが、

現在は高層階部分に転落防止のための措置が施されています(手摺より上の高さにも、透明な板が設置されています)。

このほか、桜木町側の端には、

変わった形のエスカレーターが通されています。

入居しているお店(詳細は、公式サイトにフロアガイドがあります)、特に2~5階に関しては、10年幅で見ると割と入れ替わりが激しいようにも見えます。

開業以来の幅で考えるなら、本屋さんだけでも数回入れ替わりがあったような記憶がありますし、衣料品店にしても然り、他にもつい最近までベイスターズの公式グッズショップ”BAYSTORE”(BAYSTORE ONLINE)やポケモンセンターがありましたが、共に現在は撤退しています(ポケモンセンターは横浜駅東口のマルイシティ=スカイビル8階に移転しました。公式サイト)。

という感じで、結構いろんなお店が入れ替わっていたりするんですよね。

ただし、1階部分には割と一貫した統一感があって、開業以来、延々レストラン街として続いています。

また、

サカタのタネガーデンスクエア付近にワゴンショップが出ているのも、ランドマークプラザ名物ですね。出店しているお店は季節により、近隣で開催されているイベントによって変わります。

 

タワーダイニング

普通にランドマークプラザだけを目当てにしている場合、まず気づけないことの方が多いだろうというような場所、ランドマークプラザ内5階みなとみらい寄りのところに、主にランドマークタワーの展望台フロアから降りて来た人のために作られた、レストラン街、タワーダイニング(ランドマークタワー公式サイト・ショップガイド)があります。

展望フロアから専用のエレベーターで降りてくると「確かにランドマークなんだけど、何やら見慣れぬ一帯に下ろされることになった」というようなエリアがあるのですが、そこがまさにレストラン街の”タワーダイニング”です。

前記したように、ランドマークプラザの5階部分と繋がっています。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました