スポンサーリンク

ランドマークタワー展望台・スカイガーデン その2 -横浜港・新港ふ頭方面の風景-

みなとみらいと新高島

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分50秒です。

ランドマークタワー展望台・スカイガーデン その2 -横浜港・新港ふ頭方面の風景-

(※2018年に掲載した記事です。展望台内部の様子と展望台からの風景を分割して再掲します。)

横浜港方面

風力発電”ハマウイング”(神奈川区・瑞穂ふ頭)

臨港パークの北東に位置する瑞穂ふ頭(横浜港埠頭株式会社瑞穂ふ頭“)内、風力発電所”ハマウイング”(横浜市公式サイト)です。

 

横浜ベイブリッジ

本牧ふ頭A突堤と大黒ふ頭をつなぐ形で架けられています。みなとみらい21計画のシンボルともいえる横浜港の橋梁ですが、近年はベイブリッジをくぐれない超大型船も増えて来たということで、大さん橋ではなく暫定的に大黒ふ頭に接岸することもあります。将来的には本牧ふ頭(ベイブリッジの外側)に超大型客船用の港を作る計画も浮上しているようです(参考:のりものニュース横浜ベイブリッジの橋げた、高さの由来は そこに残る30年前の痕跡“)。

 

インターコンチネンタルホテル横浜グランドとコスモワールド

インターコンチネンタルホテル(公式サイト)を上から見下ろす機会もそうそうないですが、

コスモワールドのコスモクロックにしても然りで、横浜港内を行き来する観光船にいたっては船が航行していることを確認できる程度の大きさに見えています。

 

氷川丸と山下公園

山下公園と氷川丸です。そこに氷川丸が浮かんでいることとも相まって、かつてはここが交易場(フランス波止場)だったということがよくわかるような風景にも見えたりします。

 

新港ふ頭方面

みなとみらい大通り・汽車道

左上にあるのが大さん橋、その下が赤レンガパーク、右下からまっすぐ伸びている通りはみなとみらい大通り、右上には横浜スタジアムも見えていますが、対角線上に伸びているのが汽車道で、

手前から順に、港一号橋梁、

港二号橋梁、

港二号橋梁(手前)から港三号橋梁(奥)へ。

汽車道はこの先で新港ふ頭へ入ります。

 

赤レンガ・大さん橋・シーバス乗り場

汽車道の向こうにはナビオス横浜(公式サイト)と万国橋、さらに向こうには赤レンガと大さん橋が、

赤レンガの向こうにはシーバス乗り場も見えています。

新港ふ頭の全景を望むことも出来ますが、

真下には、帆船日本丸があります。

 

(続く)

アクセス

タイトルとURLをコピーしました