元町・中華街エリア

【横浜街歩き/元町中華街エリア】ビヤザケ通り

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分50秒です。

【横浜街歩き/元町中華街エリア】ビヤザケ通り

ビヤザケ通り入り口付近にあるのは、市バス20系統(桜木町駅前~山手駅前)のバス停、妙香寺前。

バス停の名前となっている妙香寺は9世紀(平安時代前期)以来の由緒があり、かつ近代史にも絡んでくる、そもそも所在地の住所がお寺の名前(中区妙香寺台)であるという、古来よりの地域縁のお寺です。

この道をまっすぐ進むとほどなく現れる坂道が、ビヤザケ通りです。

ビヤザケ通りの坂なので”ビヤ坂”などとも呼ばれるようですが、ビヤとはbeer=ビールのことです。

通りの名前になっている”ビヤザケ”は、後にキリンビールとなる日本初のビール会社”スプリング・バレー・ブルワリー”のビール工場がかつてこの先に作られていたことに因んでいます。

日本のビール産業の祖と呼ばれたウイリアム・コープランドが日本初となるビール工場”スプリング・バレー・ブルワリー”をこの地に作ったのが明治3年(1870年)、スプリング・バレー・ブルワリーの土地・建物が”ジャパン・ブルワリー”に引き継がれたのが明治18年(1885年)、”ジャパン・ブルワリー”で「キリンビール」が初めて発売されたのが明治21年(1888年)で、最終的に明治40年(1907年)、ジャパン・ブルワリーの事業を引き継ぐ形で麒麟麦酒株式会社が創設されました。

「麒麟麦酒」が現在のキリンビールのルーツにあたる会社で、キリンの公式サイトでは同年の2月23日が設立日となっています。

麒麟麦酒は後に関東大震災(大正12年=1923年9月1日発生)で被災するまで、現在キリン園公園が作られている地にて、醸造を続けました。

スプリング・バレー・ブルワリー=麒麟麦酒株式会社の跡地には、現在、キリン園公園と北方小学校がありますが、キリン園公園は”キリン園公園入口”交差点の向こうにあるカーブの先に位置しています。

ビヤザケ通りの地味な人気の故は、概ね「キリンビール始まりの地」キリン園公園があることによっていますが、ビヤザケ通りを「山手本通りへのルートの一つ」としてみた場合、横浜山手に多少変わったアプローチが出来るという点は、リピーター向けのお勧めにもなり得ます。

例えば「ビヤザケ通りのキリン園公園へ寄ってから、セント・ジョセフの坂経由で元町公園前に抜ける」、あるいは「ビヤザケ通りを上ってキリン園公園で一休み、その後陣屋坂から外国人墓地前に抜ける」というようなコースを取る場合ですね。

さて、そんなビヤザケ通りとキリン園公園ですが、この通り沿いは「ビヤ」の他、もう一つの顔を持ちます。

ビヤザケ通りの緩やかな坂道が始まってすぐのところに階段坂があって、その進行方向にある丘の上には外国人学校(サンモール・インターナショナルスクール)があるのが見えますが、「ビヤザケ通り界隈のもう一つの顔」とは、明治期以来の文教地区としての顔ですね。

尤も、「界隈」といったところで地図で見ると「ビヤザケ通り界隈」ともいえる、くらいのニュアンスが正確かもしれませんが、この階段坂は、横浜雙葉小学校、校舎が視認できるサンモール・インターナショナルスクールの校門前を通り、横浜雙葉中学・高校の敷地横から山手本通り元町公園前へと続く道につながっています。

以下、少々余談としてですが、周辺の学校事情について。

階段坂の上で隣接したサンモールと横浜雙葉は、同一の設立母体(カトリック系の修道会)を持っています。

日本初、かつアジア発のインターナショナルスクールであるサンモール・インターナショナルスクールの学校名となっている”サン=モール”は、カトリック女子修道会・”幼きイエス会“の旧称であるサンモール修道会のサンモールから来ていますが、旧・サンモール修道会=”幼きイエス会”は、サンモール・インターナショナルスクールの設立団体であると同時に、横浜雙葉他雙葉学園の設立団体でもあるとのことです(サンモールインターナショナルスクール公式サイトより)。

サンモールは明治5年(1872年)に、現在の横浜雙葉学園の前身である横浜紅蘭女学校は明治33年(1900年)に、それぞれ横浜山手に開校しました

既に廃校となっていますが、インターナショナルスクールのセント・ジョセフ・カレッジが現在の北方(きたがた)小学校の向かいに設立されたのが、横浜雙葉学園の前身・横浜紅蘭女学校の設立とほぼ同時期のことです。セント・ジョセフ・カレッジは、フランスの男子修道会であるカトリック系のマリア会が設立母体となって1901年=明治34年に設立され、後にセント・ジョセフ・インターナショナルスクールに改称し、残念ながら2000年=平成12年に廃校となりました。

現在は、ビヤザケ通りから派生した坂の名前(セント・ジョセフの坂)に、その名残が残されています。

同じ山手地区でも、JR・石川町駅側にはフェリス女学院、横浜共立学園、横浜女学院とプロテスタント系の学校が密集していますが、みなとみらい線・元町中華街駅寄りのこの一帯には、サンモール、横浜雙葉学園、旧セント・ジョセフカレッジと、カトリック系の学校が密集していることが分かります。

さて、そんなビヤザケ通り沿いをしばらく歩いていくと、丁度サンモールの真横あたりで「ビヤ」の所以が姿を現します。

道沿いの公園横には「麒麟園」の名前が刻まれた門柱がありますが、ここがかつてのキリンビールの醸造工場の跡地として残されているキリン園公園です。

ビヤザケ通りの中心ともいえるこの公園の名物は、道沿いからでもひと目でわかる大きい石碑です。昭和12年(1937年)に建てられた石碑、上部が桜の木で隠れてしまっていますが、写真中央左側にあります。

ビール好き、特に麒麟好きにとっては聖地ともいえる公園ですが、かといって現在石碑の他には特に何があるでもありません。

子供用の遊具などが置かれていて、しばしば近所の小学生等が遊んでいたりするのが現在のキリン園公園の日常風景です。

ビヤザケ通りはバス通りなので注意が必要ですが、キャッチボールやフットサル程度なら十分できる広さがあるので、そこそこ人気はあるようです。

石碑右下のプレートには「ここに、後にキリンビールとなる、日本初のビール工場があった」等々といったことが説明書きとして付されています。

毎年春、満開になる桜の下には「日本最初の麦酒工場」の碑、通りの向こうは外国人学校・サン=モールです。

ちなみに、かつてのビール工場の面影はキリン園公園の他、すぐ隣の北方(きたがた)小学校の敷地内にも残されています。

ビール(キリン園公園)とビール(ビール井戸)の間が小学校であるという立地はなんともシュルですが、関東大震災被災による北方小学校の校舎全焼後、麒麟麦酒の生麦移転に伴って、現在地に新しく校舎が建設されたことに依っています。

“北方小学校前”交差点のすぐ傍、ビヤザケ通りはこの交差点で上(写真右方向)に折れて”セント・ジョセフの坂“へと続いていくのですが、折れずにそのまま直進すると、

道沿いに”ビール井戸”が残されています。

「この井戸は1895~1901年の間、ビールづくりに使われていました」ということがビール井戸脇のプレートで説明されていますが、「井戸水を使ったビール造り」は、当時の横浜山手ではまだ井戸水(湧き水)が飲用として利用されていたことの名残りでもあります。

貿易港としての横浜を見ていく際には、初期の「生糸」があまりにも突出しているため他が曇ってしまいがちではあるのですが、開国間もない横浜山手で湧き水を利用した地場産業(給水業や西洋瓦制作)が興っていたという特徴は、山手本通りを挟んだ向こう側、元町公園内にも残されています。

“プレート”によると、現在の北方小学校の校庭は、湧き水でできた池になっていたようです。

メジャーな観光スポットではない分、今の山手地区の空気が分かりやすいコースであるといえなくもない、そんな街歩きが期待できる坂道です。

 

 

アクセス

グーグルマップの基本的な使用法についてはこちら