【横浜街歩き/元町中華街エリア】カトリック山手教会

元町・中華街エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分5秒です。

【横浜街歩き/元町中華街エリア】カトリック山手教会

山手公園を出て通り沿いを道なりに進むと、山手本通りへ向かいます。写真の正面(進行方向、下り坂)が山手公園方面です。

通り沿いに樹齢400年のタブノキがある緩やかな坂道を道なりに上っていくと、坂道の右手に位置するのがカトリック山手教会です。

“山手公園北側入口”交差点すぐのところに位置しています。山手公園への下り坂道は写真中央、山手教会は左手です。

 

カトリック山手教会

開港後の横浜で初めて作られた教会である横浜天主堂(1862年献堂。横浜居留地80番地、現在の山下町80番地)が、現在のカトリック山手教会の初代聖堂にあたります。

その後現在地にはじめて聖堂が建てられたのは1906年のことでしたが、関東大震災被災を経て二代目聖堂は崩壊、1933年に(三代目にあたる)現在の聖堂が建てられました。

山手教会の聖堂は、山手本通り沿いからも良く見えます。

現在も平日ミサ・土日ミサなどが行われていて、施設も無料で開放されています(参考:カトリック山手教会公式サイト)。

 

教会すぐ傍には神奈中バスの”山手町”バス停。つきあたりに見える窓の作りが特徴的な建物は、フェリス女学院の敷地内にあるカイパー記念講堂です。

 

 

アクセス

グーグルマップの基本的な使用法についてはこちら

タイトルとURLをコピーしました