【横浜街歩き/元町中華街エリア】大丸谷坂/さくら坂

元町・中華街エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分9秒です。

【横浜街歩き/元町中華街エリア】大丸谷坂/さくら坂

大丸谷坂

大丸谷坂の下りの起点は、石川町駅南口(元町口)傍、石川町駅前郵便局横。坂名の由来は、市政施行当時の旧町名(大丸谷町)によっているようです。

坂道に向かって右手に石川町駅があり、

左手には飲食店街・リセンヌ小路があります。下写真の進行方向が、元町商店街方面です。

外交官の家やブラフ18番館のあるイタリア山庭園方面に向かって、坂道が伸びています。

坂道の途上にある、震災地蔵尊。

震災地蔵尊併設された「由来碑」によると、地震発生後、この付近一帯は火の海になったとのこと。

都内でも関東大震災の犠牲者は都立横網(よこあみ)町公園東京都慰霊堂で弔慰されていますが、横浜でも二次災害による被害は決して他人事じゃなかったのだという記録が残されています。

大丸谷坂沿いには、山手本通りへの近道である、さくら坂(後述)への分岐もありますが、

イタリア山庭園傍までは、歩道もゆとりを持って作られています。交通量もそれほど多くなく、歩きやすい道です。

坂を上るにつれ右側にぼちぼち増えてくる緑は、イタリア山庭園のものです。

道沿いから塀の上にかすかに見えるのが、ブラフ18番館。

イタリア山庭園の入り口は、上り方向に向かって右側にありますが、

山手本通り側からイタリア山庭園に入る場合とは、また違った風情があります。

この門の先が、庭園内のブラフ18番館横に通じています。

門をくぐらずに大丸谷坂から続く坂道をさらに上っていくと、

イタリア山庭園内の二つの西洋館の間、メタセコイアの並木道のすぐ傍に出ます。

下写真右側の門から入るとメタセコイアの並木道、左側の門から入ると外交官の家の前です。

 

さくら坂

大丸谷坂途上にある、さくら坂入り口。

坂名の由来、詳細は不詳らしいですが、山手トンネルの通称「桜道トンネル」の「桜」からきているという説が、それでも有力なようです。

道中には所々に案内板が出ていて、最終的には山手本通りへと通じています。

坂名の由来となったといわれる「桜道」傍のトンネル付近から。下写真の奥が元町商店街/交差点方向、すぐ隣位の位置にあるのが山手トンネルです。

結構ぎりぎりのところを通されているのも、さくら坂の特徴。

階段坂も民家と民家の間をすり抜けるように作られていて・・・

防犯カメラもところどころに設置されています。

山手本通りが近づいてくると、坂道も整ってきます。

 

 

アクセス

大丸谷坂

 

さくら坂

 

Googleマップの基本的な使用法

タイトルとURLをコピーしました