【横浜街歩き/元町中華街エリア】汐汲坂

元町・中華街エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分31秒です。

【横浜街歩き/元町中華街エリア】汐汲坂

“汐汲坂(しおくみざか)”命名の由来については、「農業用水(海水)の運搬ルートだった」「かつて付近で製塩が行われていた」「汐見がなまって汐汲となった」など、諸説あるようです。

通説や有力説無しで諸説が併存しているのであれば、実際にはそのどれでもなかったなんて場合もないわけではないのかもしれませんが、反対に、そのすべてが僅かずつ含まれているなんてこともあるのかもしれません。

いずれにしても「いつの間にかそう呼ばれるようになっていた」という点が、各説に共通しているようです。

元町商店街や元町仲通り商店街と山手本通り間の関係でいうと、代官坂の西側に位置する、代官坂の隣から山手本通りへと伸びた坂道が汐汲坂です。

夕方以降は車の通行もぼちぼちありますが、それでも代官坂と比べると道幅も狭く、交通量も少な目。

すぐ隣に通された高田坂と並んでより住宅街然とした通りになっていることや、元町商店街のオブジェとオブジェの間が、代官坂と汐汲坂でおよそ三等分されていることなどが特徴です。

石川町側からであっても元町中華街側からであっても、この二本の坂道への入り口は、元町商店街や元町仲通商店街内での現在地を知るための、ちょっとした道しるべになります。

山手本通り側に汐汲坂が伸びているから今は大体どの辺にいるな、みたいな感じですが、JR石川町駅側にあるのが汐汲坂、みなとみらい線の元町中華街駅側にあるのが代官坂です。

ちなみに汐汲坂の途中には、さほど広いわけではない坂道沿いに元町幼稚園があるため、平日日中は一部区間が歩行者天国になります。

この点について、結論から言うと、山手本通りに抜けることを考える場合同様、本牧通り方面へ抜けることを考えた場合でも、代官坂を使っても汐汲坂を使っても、結果はほぼ同じです。

なら規制がない代官坂を使った方が便利ですという話しですね。

下図で南北に通された二本の道は、左が汐汲坂、右が代官坂で、山手本通りとはそれぞれ汐汲坂交差点、代官坂上交差点で直交しています。

元町方面から汐汲坂を上り、山手本通りに出た後交差点を反対側に下っていくと元街小学校前に出るのですが、その元街小学校前で官坂から伸びた道に合流します。

以降の下り坂が箕輪坂と呼ばれる坂道なので、結果として同じルートを取ることになるわけです。

車なら代官坂経由、汐汲坂は徒歩メインのルートと、はじめから頭の中に入れた上で行動しておくと色々効率的です。

そんな汐汲坂ですが、代官坂と並んで比較的グルメが充実しています。

汐汲坂自体は割と急な坂道ですが、元町幼稚園前を過ぎたあたりからお店も減っていき、山手本通りが近づくにつれ、道幅も徐々に狭くなっていきます。

仮に横浜が豪雪地帯だったとしたら、冬場はかなり怖い坂道になっていたことでしょう。

汐汲坂を上りきった交差点付近、写真左側の施設の扉にエンブレムが付されているのが分かりますが、汐汲坂の西側は、その大部分がフェリス女学院(中・高)の敷地になっています。

山手本通りを挟んだ丘の反対側への下り坂は、代官坂から伸びた下り坂に合流し、元街小学校前で箕輪坂へとつながっていきます。写真右方向に伸びた道が山手本通り、左側に始まる下り坂が箕輪坂への道です。

 

 

アクセス

グーグルマップの基本的な使用法についてはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました