【横浜街歩き/みなとみらいエリア】ランドマークタワー展望台・スカイガーデン その1(再掲)

横浜街歩き

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分17秒です。

【横浜街歩き/みなとみらいエリア】ランドマークタワー展望台・スカイガーデン その1(再掲)

ランドマークタワーは、みなとみらい地区の代名詞的なスポットの一つにあたります。

「タワー」となっている上層階と、デパート風にテナントが展開される下層階(ランドマークプラザ)とに分かれますが、上層階の最上階付近(70階まで商用利用されているうちの69階部分)には展望台(スカイガーデン)が用意されています。

※2018年に掲載した記事ですが、展望台内部の様子と展望台からの風景を分割して再掲します。

 

スカイガーデンまで

桜木町駅前から動く歩道に沿って歩いていくと、一度歩道が切れた後に出てくるのは「ここからランドマーク」とでもいえそうな”The Landmark Tower yokohama”の表示と共にある、短い歩道です。

右手前に見えるのがロイヤルパークホテル入り口の隣に

そのとなりに、スカイガーデン展望台への入り口があります。

フロア前の自動ドアをくぐった辺りから、それっぽくなっていく雰囲気。

エレベーターがあるホールまでは、入り口階から1フロア降ります。

右側にチケット売り場、ゲートを入って右方向が高速エレベーター乗り場。

割と殺風景な乗り場付近に対して、乗っているだけで高性能が実感できるエレベーター。

入り口上部には上昇スピード表示。ゆっくりスタートしながら、一気に加速します。

乗り心地は本当に静かで、「す~っ」といった感じでどんどん上がっていきますが、すごいスピードで上がり続けることからか、なんとなく耳がおかしくなります。

飛行機に乗った時のあれですね。

最高速の分速750メートルまでの到達時間もあっという間、展望台のある69階フロアへは40秒で到着します。

 

展望台内部

スカイガーデン行きのエレベーターを降りた瞬間、地上約300メートルからの風景が広がっていて、通路を歩くことによって360度が見渡せます。

すぐ視界に入るのは、横浜ベイブリッジ。奥には鶴見つばさ橋も見えます。

乗り口同様、ここでも”trick or treat”。ちなみに英英辞典風に表現すると”Treat me or I’ll trick you“となるらしいです。

望遠鏡の左下あたりに、小さく横浜西口の高島屋の広告が見えています。

軽食の取れるお店があって、

その前にはソファ席が用意されています。

昼間でも絶景ですが、夜景の時間帯だと、さぞ素晴らしい眺めになることでしょう。

(展望台からの風景へ続く)

 

アクセス

桜木町駅方面からアクセスする場合、動く歩道の終点付近に展望台=スカイガーデンへの入り口があります。みなとみらい線・みなとみらい駅からの場合は、クイーンズスクエア→ランドマークプラザ→動く歩道と歩いていくと、動く歩道・桜木町駅方面への連絡階=ランドマークプラザ三階の出口付近にスカイガーデンへの入り口があります。

タイトルとURLをコピーしました