【横浜街歩き】三渓園の秋

みなとみらい線沿線の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分21秒です。

【横浜街歩き】三渓園の秋

内苑地区

気がつけば秋もそろそろ終わりですねということで、晩秋の三渓園まで行ってきました。

入ってすぐに望める大池に浮かぶ木造の船の他、

園内は正面に広く視界が開け、ほぼ360度の緑が目に飛び込んでくるなど、

三渓園内では、入園と共に別世界が広がります。

 

睡蓮池・大池

鶴翔閣前には睡蓮池という、睡蓮がたくさん浮かぶ池があるのですが、

その周辺でも、秋が色づいていました。

通りを挟んで大池のほとりでは、

秋真っ只中というよりは、冬のはじまりの雰囲気が漂っています。

 

月華殿/金毛窟/天授院

臨春閣横からはじまる階段を上って、

月華殿(げっかでん)、金毛窟(きんもうくつ)、天授院(てんじゅいん)が並んだエリアへ。

ススキと紅葉、ここでも秋の風景を楽しむことが出来ます。

 

臨春閣・聴秋閣周辺

三渓園内に再現された歴史に思いを馳せつつ、

臨春閣や聴秋閣周辺の、晩秋の風景です。

 

開園情報/アクセス

開園情報他

開園期間 12月29日~31日までを除く9時~17時(最終入園16:30)
交通案内 公式サイトに詳しい経路案内があります
入園料 中学生以上700円、小学生以下200円
割引制度 前売り券と20名以上の団体は100円引き
回数券/年間パスポート 回数券は大人:5枚3000円、子供:5枚500円。
年間パスポート:1年間2500円
駐車場 最初の2時間500円、以降30分毎100円。当日最大1000円。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました