【横浜街歩き/日本大通りエリア】横浜海岸教会

開港広場一帯

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分11秒です。

【横浜街歩き/日本大通りエリア】横浜海岸教会

日本キリスト教会・横浜海岸教会

みなと横浜はじまりの地」の中心部である日本大通りエリア、その中でもまさにペリー一行が乗り込んできたとされる開港広場公園のとなりに、

ぱっと見で人目を引く建物があります。

一見して「教会っぽい建物だな」ということが感じられる建物は、日本初のプロテスタント系教会、横浜海岸教会です。

現在の建物は、1875年(明治8年)に作られた初代の聖堂が1923年(大正12年)の関東大震災で倒壊した後、新たに1933年(昭和8年)に竣工しました。

横浜三塔のキングの塔(神奈川県庁本庁舎、1928年=昭和3年竣工)、クイーンの塔(横浜税関、1934年=昭和9年竣工)や、再建後のジャックの塔(1917年=大正6年竣工、1927年=昭和2年震災復旧工事竣工)とほぼ同年代の建築物です。

海岸教会の聖堂は、みなと横浜の歴史の生き証人のような建物でもあるわけですが、横浜海岸教会・公式サイトの記載(横浜海岸教会の歴史)やものの本(横浜プロテスタント史研究会『横浜開港と宣教師たち』)によると、初代の聖堂建設にあたっては、開港期の横浜の歴史に名を残す、多くの宣教師が関わっているようです。

おすすめとしては、やはり桜の季節が挙げられるでしょうか。

聖堂すぐ隣に開港広場からも見える桜の木が植わっているので、

桜の開花期は、昼夜を問わず華やいだ一帯となります。

 

公式サイト/アクセス

タイトルとURLをコピーしました