スポンサーリンク

【旧街道と宿場町】畑宿の一里塚(箱根湯本・葭原久保間の一里塚)

旧街道と宿場町巡り

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分7秒です。

【旧街道と宿場町】畑宿の一里塚(箱根湯本・葭原久保間の一里塚)

畑宿の一里塚

畑宿バス停そばにある七福神の大黒天=守源寺の奥に、旧街道の一里塚跡があります。

箱根湯本エリアにはかつての一里塚跡を含む、その名も”湯本茶屋“という住所が残された一帯がありますが、その湯本茶屋(箱根湯本の一里塚)の次の一里塚がここ、日本橋から数えて23番目の一里塚にあたる、畑宿の一里塚です。

お寺のすぐ左側から、一里塚方向へと続く石畳の街道が伸びています。

バス通りから続く石畳の坂道は、

そのまま森の中へ。写真左側の土の盛り上がりと植えられた木が、神奈川県内には三か所残されている、現存する一里塚のうちの一つです(参考:国土交通省関東地方整備局 横浜事務事務所 “東海道への誘い一里塚“)。

現役の道としての旧街道=旧東海道は、一里塚同様、現在も維持され続けているようです。

一里塚の先の道は、芦ノ湖畔に通じる旧街道の跡(葭原久保(よしわらくぼ)の一里塚旧東海道 箱根宿の杉並木芦川の石仏群等)へと伸びています。

 

葭原久保(よしわらくぼ)の一里塚へ

旧街道歩きにチャレンジする人たちの姿を見る分には、やはりそれなりの準備が必要になってくるようです。

次の一里塚、元箱根港傍にある葭原久保の一里塚へと伸びた石畳の入り口には、

“箱根旧街道一里塚碑”が建てられています。

 

アクセス

 

タイトルとURLをコピーしました