スポンサーリンク

箱根観光、箱根歩きと箱根フリーパス

旅プラン

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分52秒です。

箱根観光、箱根歩きと箱根フリーパス

(”箱根フリーパスとロープウェイ、ケーブルカー、登山電車“から分離しました)

“箱根”の大まかなロケーション

箱根全体をざっくり捉えたときの位置関係です。

東部 箱根湯本や塔ノ沢などの温泉街(上図右)
中央部 かつて東海道の一里塚が置かれていた畑宿や、小涌谷、大涌谷、箱根山、強羅、そのほか古くから温泉街として開かれていた芦之湯など(上図中央)
西部 芦ノ湖や海賊船、箱根神社、箱根関所、箱根園など(上図左)
北部 ガラスの森美術館星の王子さまミュージアムなどの美術館、ススキ草原や湿生花園があることなどで有名な仙石原など(上図上)

 

公共交通機関の整備状況

箱根エリアの東端(箱根湯本)から中央部(強羅)までを走るのが箱根登山電車、箱根湯本界隈(東部)と芦ノ湖界隈(西部)・仙石原界隈(北部)を結ぶのがバス、芦ノ湖界隈(西部)と大涌谷・早雲山(中央部)を結ぶのがロープウェイ、大涌谷側の強羅地区入り口である早雲山駅と、強羅地区の中心部にある強羅駅を結ぶのがケーブルカーです。

交通手段 エリア
箱根登山電車 小田原/箱根湯本ー強羅
箱根登山バス 箱根湯本界隈(東部)から国道・県道(中央部)経由で芦ノ湖界隈(西部)/仙石原界隈(北部)へ
ロープウェイ 桃源台駅(芦ノ湖界隈・西部)ー大涌谷駅・早雲山駅(中央部)間
ケーブルカー 早雲山駅ー強羅駅

箱根湯本駅から箱根登山電車に乗車して強羅駅まで、強羅駅からはケーブルカーに乗車して早雲山駅へ、早雲山駅からはロープウェイに乗車して桃源台駅へ、桃源台駅からは箱根登山バスに乗車して箱根湯本駅まで、という形で、公共交通機関だけで箱根エリアをぐるっと一周することが出来ます(リンクはそれぞれ公式サイト)。

もちろん、それぞれ途中下車をしても見どころは多数あるので、これら交通機関を全てフリーで乗り倒すことが出来るのであれば、そのチケットはほぼ最強のチケットになり得てしまうわけです。

 

イチ押しは箱根フリーパス

箱根フリーパスを利用すればこれらすべての地区に通じている交通機関が二日間、あるいは三日間乗り放題になるということで、幅広く箱根を見たい、特に一泊以上の旅行の場合であれば、仮に車で現地入りしていたとしてもほぼマストアイテムとなります。

仮に日帰りだったとしても、丸一日公共交通機関を乗り倒すような旅行をプランしているのであれば、”フリーパス”を購入しても十分元が取れます。

価格だけを見ると割高に見えても、それがお得となるケースは普通に考えられてしまうんですね。

例えば桃源台発のルートを考えるとして、桃源台から早雲山までロープウェイで往復すると2520円、桃源台に帰ってきた後に箱根登山バスで美術館を二つ周り(”星の王子さま”まで450円→ガラスの森まで230円)、その後で同じく箱根登山バスで箱根湯本の駅前に出て(760円)から、もう一度箱根登山バスで桃源台に帰る(1070円)というルートを取ると、この時点で既に元が取れた計算となります(計5030円)。

箱根湯本・芦ノ湖畔間については、特に旧街道線沿いに見どころがたくさんあるので、何度か乗り降りすることを計算に含めた上で、さらに海賊船に乗った、ケーブルカーに乗ったというプランを付加するのであれば、特典抜き、交通費だけでもお釣りがくるくらいの充実度ですね。

 

フリーパス以外のお得チケットは、”フリー区間”に注意!

“フリーパス”のほか、例えばロープウェイ乗車を含む芦ノ湖岸周りの一部区間のみ乗り放題になる”箱根のりものパス Lite“(公式サイト)や、箱根登山電車と箱根登山バスの一部区間、および海賊船全区間が乗り放題となる”登山バス・海賊船「芦ノ湖きっぷ」“(公式サイト)などもありますが、残念ながら”のりものパス Lite”も”芦ノ湖きっぷ”も、共にフリー乗車適用範囲が限られています(フリーパスや上記したチケット含め、”お得切符”は全部で10種類あります)。

“箱根のりものパス Lite”の場合、箱根登山バスは箱根町線(公式サイト路線図)の特定区間内のみ(宮ノ下駅・箱根町港間のみ。旧街道線利用は全線実費です)、箱根登山電車も強羅・宮ノ下駅間のみが適用区間ですが、

フリー区間の範囲的に「芦ノ湖畔と小涌谷・大涌谷・強羅を楽しんでください」というチケットなので、そのほかのエリアが見たい(例えば仙石原方面の美術館や、湯本・塔ノ沢方面、旧街道線=県道732号線沿いetc)場合は、交通費を都度実費で賄う必要が出てきます(もちろん、入館料等も別料金です)。

スケジュール変更の予定がないプランを組んでいる場合、”のりものパス”や”芦ノ湖きっぷ”のような区間限定チケットがお得となりますが、現地での行動をフレキシブルに考えた上でとことん割引きを求めるのであれば、”区間縛り”が足かせになることも考えられるんですね。

逆に言えば、観るべきところを限定したプランを組んでいるのに”フリーパス”を購入しても、それはそれで無駄が多くなってしまうということでもあるのですが、諸々込みで考えると、基本はフリーパスを、観たい箇所が限られている場合には各種区間限定チケットを購入する、という方法がお勧めです。

タイトルとURLをコピーしました