【箱根旅行とお得チケット】箱根フリーパスと箱根詣で

旅プラン

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分27秒です。

【箱根旅行とお得チケット】箱根フリーパスと箱根詣で

今は無き箱根旧街道・1号線きっぷ

少し前まで、箱根詣での際には「湯本・芦ノ湖エリアの箱根登山バス一日乗り放題で1780円!」というお得なチケット、”箱根旧街道・1号線きっぷ“が強い味方となってくれていました。

幅が狭く角度が急な坂道や急カーブが多く、かつ駐車場にも限りがある場合が少なくないという箱根には、車だと行き辛い場所が結構あるのが純地元民以外にとっての泣き所といえば泣き所です。

例えば箱根湯本や芦ノ湖、仙石原等々に行くこと自体は出来たとしても、それでは着いてからどうするんだという部分に悩ましさが宿ることも、なんだかんだ結構あるにはあるのですが、特に、あっちいったりこっちいったりする場合ですよね。

そんな不便解消を狙ったかのような内容を持ったチケットが、「箱根に来たら、あとはバスを自由に使ってください」という、前記した”旧街道”チケットだったのですが、残念ながらこのチケットは今年2021年の秋(9月30日限り)で廃止となってしまいました。

今後あのチケットが使えなくなるのは痛いな、でもそれならそれで、改めて次のお得チケットを探さないとまずいなということで、ちょっと検索をかけてみたのですが、その辺はさすがというか、割とすぐに”次”候補が出てきました。

 

箱根フリーパス

 

サービス内容

そのうちの、もっとも強力な一枚が”箱根フリーパス”(箱根ナビ箱根フリーパス“)です。

文字通り箱根の全ての公共交通機関(箱根登山電車、箱根ロープウェイ、箱根登山ケーブルカー、箱根登山バス)乗車の他、箱根海賊船乗船がフリーパスとなるチケットで、メインターゲットとして一泊以上の旅行客を想定しているということなのか、2日間有効、3日間有効、二種類のチケットとなっています。

実はこのチケット、”箱根旧街道・1号線きっぷ”廃止に合わせて昨日今日始まったものではなく、少なくとも何年か前からあったものなのですが、今改めてサービス内容を見てみると、北は御殿場から南は箱根町港・三島まで、東西だと芦ノ湖から小田原までの観光スポットをほぼ網羅しているので、これ一枚で箱根エリアを遊びつくすための足を手に入れられるという充実ぶり。

もちろん足だけでなく、この手のチケットに漏れなくついてくると言っても過言ではない、観光施設の優待利用も豊富に用意されているので(公式サイト)、先に立つお手軽感に、しっかりお得感も付いてきます。

箱根強羅公園のように「フリーパスで入園無料」の施設もありますが、平均すると大体100円~200円引きで、数か所以上周ると1000円近く違ってきます。

ということで、”旧街道線(箱根登山バス公式サイト・旧街道線路線図)”と”箱根町線(箱根登山バス公式サイト・箱根町線線路線図)”をひたすら乗り降りすることで味わえるお腹いっぱい感(かつての”旧街道・1号線きっぷ”が持っていた魅力ですね)を、箱根の全域に広げた魅力を持っているんですね。

唯一の難点が料金で、二日間大人一枚で5000円、三日間なら同5400円です。

現地入りしてからの交通費が最安でも”旧街道きっぷ”の倍以上と、値段だけで見るならややお高い感は否めませんが、サービス内容を考えたら出血大サービスレベルの充実ぶりで、十分良心的な価格設定なんですよね。

泊まりで箱根観光をする場合、特に全域をざっくり見て回る予定を立てている場合は、”箱根フリーパス”はほぼマストアイテムに近いチケットです。

この価格でも元を取ることは十分できる、ただし二日間フルに使い続けたとしても使いきれるかどうか微妙そうではあるという、その辺が、やや贅沢な悩みどころとなりそうです。

 

チケット購入方法

“箱根フリーパス”は現地での当日購入も可能ですが(例えば箱根湯本駅の券売機、箱根登山バス営業所はじめ、箱根登山鉄道各駅の券売機や営業所など。詳しくは公式サイトに記載があります)、期日を指定した上での前売りチケットを購入することも出来ます。

前売りチケットは利用期日の一か月前から、セブンチケット、エモット(公式サイト)の他、大手旅行代理店や小田急の営業所で取り扱っているようです。

ちなみに箱根フリーパスは、新宿、町田、藤沢(小田急沿線主要駅)からの運賃を加算した”フリーパス”として購入することも出来るので、沿線民にとっては至れり尽くせり感がともなったりするのかもしれません。

以前”旧街道”チケットのお世話になっていたころは、「チケットを前売りで買う」という発想自体が無かったのですが、2日間以上有効のチケットであれば、宿の予約と共に前もって買っておいた方が恐らくは安心です。

現地入り後の予定にしても、早々に足を確定しておくことによって、さらに立てやすくなりますからね。

タイトルとURLをコピーしました