みなとみらいの商業施設 その4 -Colette Mare(コレットマーレ)-

みなとみらいと新高島

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分38秒です。

みなとみらいの商業施設 その4 -Colette Mare(コレットマーレ)-

ロケーションその他

分かりやすいアクセスは、”動く歩道”かJR桜木町駅から

まさにみなとみらい地区というよりは、その隣、「みなとみらいに隣接する桜木町駅前にある」というとらえ方がしっくりくるのが、商業施設(デパート/百貨店)・コレットマーレ(公式サイト)のロケーションです。

写真の一番左にあるのがコレットマーレが入居している商業ビル、手前右側にあるのがロープウェイ乗り場で、ロープウェイ乗り場の奥には動く歩道へとつながるエスカレーターがあって、そこから右奥に見えるランドマークタワーランドマークプラザ方面へと進める”歩道”が用意されています。

コレットマーレの右奥にある高層ビルは、ホテルニューオータニ(公式サイト)で、コレットマーレと同じビルの、10階~19階が宿泊施設となっています。

みなとみらい線・みなとみらい駅からのアクセスは、下車後にクイーンズスクエア直結口を目指し、そこからランドマークプラザ方向へ進んで桜木町駅方面を目指すという進み方が、おそらく一番近い行き方となります。

ランドマークプラザより先は大きく三通り、1.動く歩道を進むか、2.ランドマークプラザの2階を直進してそのまま歩道橋でみなとみらい大通りを渡り、横浜銀行や日石ビル前の歩道を通って進むか、3.地上を歩いて目指すか、ですね。

一番わかりやすいのは動く歩道を進むルートですが、他にも行き方はあります。

JR桜木町駅からであれば、改札を出た後みなとみらい側の出口を出ると、およそロープウェイ乗り場や動く歩道入口のすぐ傍に、わかりやすい入り口があります。

 

シネマ入り口/地下階スーパー入口

「デパートに入る時、どの入り口から入るか」なんてことは、人によりけり、気分によりけり、その時の都合によりけりという部分が大きいと思うのですが、コレットマーレの場合、

JR桜木町駅側にある分かりやすい入り口から入ると、

建物に入った後、割と即視界が360度に広がる感じがします。

特に上層階のフロア面積に比して一階部分のフロア面積がかなり大きい作りになっているように感じるので、入った感じのぱっと見の印象はかなり華やかで、「おしゃれなデパート来たな~」感も強いです。

ただしその分、頭の中で処理すべき情報量も微妙に多いように感じて(どこに何があるんだろう、ここでは何を見るべきなんだろう、等々)、やや混乱するといえばする部分が無きにしも非ずなんですね 笑。

なので、雰囲気や配置等に慣れるまで限定ということであれば、「割とふわっとそういう気分になりたい」時にはオススメの入り口ではあるのですが、はじめから目的がはっきりしている場合は、どうでしょうか、ともなりがちです(もちろん、この辺は好みの問題でもあると思いますが)。

そんな時にお勧めなのが、

正面入り口の右側にある小さい入り口”シネマ入り口”と、反対に正面入り口の左側に位置している地下階スーパーへの入り口です。

シネマ入り口は、”シネマ入り口”と書いてありますが、普通に、”シネマ以外の入り口”でもあります。

“シネマ”もそうなんですが、特にということであれば7階レストラン街が目的地の場合なども、実質この入り口一択な気がします。

ちなみに”シネマ”はブルク13(公式サイト)で、6階にあります。

奥にコレットマーレ一階部分の広いスペースが広がっているのが分かりますが、フロア案内はすぐ右手です。

入り口を入るとすぐ左にエレベーターがあるので、

どのフロアに向かうにしても、分かりやすさはピカイチです。

 

about Colette Mare

ブルク13

コレットマーレ一番の目玉は、やっぱり6階にある映画館”ブルク13″です。

単純に「ランドマークプラザクイーンズスクエアマークイズにはなくて、コレットマーレにあるものは?」というとそれが映画館にあたるというだけの話ではあるのですが、コレットマーレにとってはこのことが思いのほかの(?)強みとなっています。

みなとみらいで映画ということであれば、他にワールドポーターズにもありますが(イオンシネマ公式サイト)、アクセスではコレットマーレのブルク13の圧勝ですし、上映作品のラインナップを見ても、単純に”売れ線”を求めるのであれば、ブルク13の方に分があるように見えることが多いです。

このところ、ほぼ毎年シーズンオフにはDeNAベイスターズの映画が封切りされていますが(2021年オフであれば”BBB”(DeNAベイスターズ公式サイト)ですね)、その際ほぼ必ずここで選手が舞台挨拶をしている(上映も、みなとみらいではブルク13のみです)というのも、ベイスターズファンにとってはうれしいところです。

ブルク13の奥には、

喫茶と軽食のお店”cafe oase”(公式サイト)があります。

桜木町駅前6階からの風景を望むことが出来るという、眺めのいい席が売りとなっていることと、あとはその時その時で”oase”が推している映画のグッズも購入出来たような記憶があるのですが、映画館付属のカフェです。

コレットマーレの公式サイトを見るとその色はゼロなのですが、写真を見てわかる通り、装いは割とコンカフェっぽい雰囲気を醸しています。2021年12月現在、公開が間近に迫っていた呪術廻戦(劇場版公式サイト)が推されていましたが、もちろん、時期によって”推し”映画は変わります。

 

レストラン街(7階)

コレットマーレのもう一つの売りであるレストラン街は、映画館の一つ上、7階にあります。

6階まで来てしまえばエスカレーターで一つ上なので、映画の前後にお腹が空いた時などには重宝することもありますが、

新規出店のお祝いが出ている横に、

空きとなったスペースがあるなど、テナントの入れ替わりは割と激しいようです。

そういえば、その昔コレットマーレの7階には梅蘭(お好み焼きのように焼かれたカリカリの麺が具の上に載せられているという、独特のかた焼きそばが有名な中華料理店で、中華街に本店があります。公式サイト)や牡蠣小屋(現在は、ほぼ同じコンセプトのお店が関内にあります。“浜の牡蠣小屋”公式サイト)があったのですが、いつの間にか撤退してしまったようです。

 

STORY STORY YOKOHAMA

少し前に話題になっていた記憶がありますが、雑貨と新古書のお店にカフェが併設されているという、”STORY STORY YOKOHAMA”(公式サイト)です。

コレットマーレの5階にあります。

“お店の入れ替わり”ということだと、コレットマーレ5階には以前結構大きい紀伊國屋書店が入っていて、一時重宝していた記憶もあるのですが、2020年3月に紀伊國屋書店は閉店し、その後STORY STORY YOKOHAMAがオープンしたという、入れ替わりでの開店です。

STORY STORY YOKOHAMAは、”カフェ+本”の雰囲気が好きな人であれば無条件で引き寄せられてしまう類のお店で、よくある”書店+カフェ”との違いは、売り物となっている本と雑貨が混在している点です。

雑貨と雑貨の間のスペースで本を取り扱っているようなお店はぼちぼちありますが、”どちらも主役”となるとわりと珍しい気がします(方々で雑貨を扱っている一方、文庫や新書の数も割と豊富で、人気コミックスの全巻セット売りなんかも扱っています)。

ただし本に関しては一般的な(特に大型の)新刊本屋さんと比べると棚の数は少なめ、雑貨にしても然りで、ガチ目のDIYショップなどと比べるとやはり品数は限られてきます。

的確なたとえになっているかどうか自信はありませんが、総じて、”サブカル色を薄めた、開放感のあるヴィレッジヴァンガード(ヴィレッジヴァンガード公式サイト)”という感じのお店です。

売られている本に求めるものとしては、「まさにこの本を読みたい」というような探し方ではなく、「およそこんな感じの本を読みたい」という探し方が相応しいように思えます(なので、刺さる人には刺さることがあるかもしれません)。

お店の個性としては、もう一つ、

窓外の風景です。

駅前から運河パークに向かうロープウェイが行き来する様子が、店内からバッチリ見えています。

結果、店内の雰囲気には一般の本屋さんにはない爽快感がありますが、お店の魅力はロケーション込みでのものとなっている部分も多々あって、本屋さん! というよりは、本や雑貨を買える眺めのいいカフェという感じのお店です。

 

その他

全店舗の詳細はコレットマーレ公式サイトのフロア案内(公式サイト・フロアガイド)にありますが、他の推しということでは、4階にはフロアの大半のスペースを使った無印良品(公式サイト)があり、ショッピングの他セルフサービスのコーヒーも楽しめます(1杯100円)。

地下一階にはサミット(公式サイト)があります。夜23時まで営業しているので、帰りが遅い時には重宝します。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました