【西洋館のクリスマス】イタリア山庭園のクリスマス

みなとみらい線沿線の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分37秒です。

【西洋館のクリスマス】イタリア山庭園のクリスマス

外交官の家:アメリカ合衆国のクリスマス

外交官の家

イタリア山庭園の、山手本通り側入り口には、

門扉にはリースが掲げられていて、外交官の家傍では、

今が見ごろのバラがぼちぼち咲いています。今年のラストチャンスですね。

 

外交官の家のクリスマス

外交官の家の間接照明ぽい明かりで照らされた一階では、

シックなクリスマスが演出されています。

サンルームでは、紅葉の庭園を背景に、

雪景色を思わせる飾りつけです。

ツリーとの相性も抜群ですね。

一階の階段傍は、

季節感を超越して、思いきりアメリカンな一帯になっていました。

外交官の家・かつての家主だった内田定槌さんの書斎ですが、

クリスマスでもハロウィンでも、どんな飾りつけをしても見栄えのいい書斎は、本当すごいと思います。窓が大きく作りがシンプルであることが原因でしょうか。絵にかいたような”憧れの書斎”感が滲んでいます。

外交官の家二階、旧内田家のプライベート空間にも、どこか暖かな雰囲気が宿ります。

サンルームの二階部分です。

外交官の家の二階からは、イタリア風の庭園が見えるのもポイントです。

 

イタリア風庭園からの風景

外交官の家を出て、

ブラフ18番館方面を目指し、庭園へ。

晴れた日であれば、庭園の一番端から富士山が見えます。

 

ブラフ18番館:オーストリア共和国のクリスマス

ブラフ18番館傍の紅葉

階段を降りながら目を惹かれるのは、

やはり紅葉です。シーズンの盛期は、地面が落ち葉の絨毯一色になります。

視界は富士山とは反対方向、横浜港方面に開けています。

 

ブラフ18番館のクリスマス

窓の外には残された紅葉が鮮やかですが、

西洋館のクリスマスイベント・スタンプラリーで完走して、

クリアファイルとステッカーを頂きました。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました