スポンサーリンク

東京駅からみなとみらい線沿線へのアクセス

観光手段全般

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分16秒です。

東京駅からみなとみらい線沿線へのアクセス

 

東京駅の所属路線とみなとみらい線沿線への利用推奨路線

東京駅までと、東京駅から

東北・北陸のほぼ全域と北関東から首都圏へアクセスする場合、JR東京駅(JR公式サイト)に最初の目的地が集中しがちですが、かつての上野駅の役割は、現在ほぼ東京駅へと移っています。

東京駅まで 上越、東北、北陸、山形、秋田各新幹線の他、高崎線、宇都宮線、常磐線などを利用したアクセス
東京駅から 東海道線、横須賀線、京浜東北線を利用してみなとみらい線沿線(横浜駅)へ

東京駅から”みなとみらい線沿線”を目的地とする場合、まずは横浜駅を目指す必要があるので、東京駅から先の利用可能路線・推奨路線は以下の3路線(東海道線、京浜東北線、横須賀線)に限られます(上野東京ラインは東京駅から先で東海道線に乗り入れているので、東京駅での下車は不要です)。

路線名 横浜駅までのおよその所要時間 途中停車駅
東海道線 約29分 新橋-品川-川崎
京浜東北線 約47分(日中の快速運転で42分) 有楽町-新橋-浜松町-田町-高輪ゲートウェイ-品川-大井町-大森-蒲田-川崎-鶴見-新子安-東神奈川
横須賀線 約33分 新橋-品川-西大井-武蔵小杉-新川崎

イチ押しは東海道線、次点で京浜東北線横須賀線です(表中路線名リンクは、ジョルダンの東京駅発時刻表です)。

イチ押しというか実質東海道線一択で、他路線(京浜東北線、横須賀線)はそれを補佐してくれている感じですね(東海道線が不通もしくは遅延している場合の、代替路線としての利用など)。

 

東海道線、京浜東北線、横須賀線

東海道線は東京・横浜間を快速運転してくれるので、通勤・通学等時間に迫られての利用であれば、ほぼ一択となります。

この事情は、観光利用であったとしても然りですね。

東京・横浜間で東海道線と並走し、各駅停車してくれるのが京浜東北線です。

大宮(埼玉)と大船(横浜・鎌倉)間が一本で繋がれているので京浜東北・根岸線などと言ったりしますが、その場合、”京浜東北線”は大宮・横浜間、”根岸線”は横浜・大船間の名称です。

東海道線より停車駅は多いですが、運行本数もわずかながら多いので、多少時間がかかってもいい場合には東海道線の次の選択肢となります。

紛らわしいのが、”準・快速運転”してくれる横須賀線です。

素直に捉えたら京浜東北・根岸線よりお勧め度は高いはずなのですが、一つには東海道線や京浜東北線に比べて営業本数自体が少なく、コース自体も異なることが難点となる他、致命的な難点として、ホームが東京駅の地下5階にあることが挙げられます。

要は、朝夕のピーク時にはほぼピストン輸送となる東海道線や京浜東北線に比べて元々本数が少ない上、ホームにたどり着くまでに時間がかかるので、10分~15分程度のメリットがどの位活かされるんだろうか、となってしまうんですね(反対に横浜から東京方面に向かう場合は、必ずしもこの限りではありません)。

 

横浜駅到着後

横浜駅から先は、みなとみらい線もしくは根岸線で進むか、横浜駅からはバスで進むか、それとも海から進むかという、三通りの選択肢があります。

 

横浜駅からも鉄道で

東海道線と京浜東北線のように、完全に並走するわけではないのですが、JR根岸線の横浜駅-石川町駅間とみなとみらい線の横浜駅-元町・中華街駅間は、両路線がおよそ横浜の中心部を並走します。

根岸線が陸側の地上を走り、みなとみらい線(公式サイト)が海側の地下を走る、という形です。

みなとみらい線各駅 根岸線最寄り駅
新高島駅 横浜駅みなみ東口
みなとみらい駅 桜木町駅
馬車道(横浜市役所)駅 関内駅(北口)
日本大通り(県庁・大さん橋)駅 関内駅(南口)
元町・中華街(山下公園)駅 石川町駅

 

横浜駅からはバスで

横浜駅東口から、市営バスの8系統26系統58系統105系統などでも、およそみなとみらい線沿線に沿った移動が可能です(参考:路線バスで街歩き)。

 

横浜駅からは海路で

横浜駅東口からシーバスに乗船すると、ぷかりさん橋(みなとみらい地区)、ピア赤レンガ桟橋(赤レンガ)にて下船することが可能である他、山下公園まで進むことが可能です(参考:観光手段全般)。

タイトルとURLをコピーしました