【横浜街歩き/みなとみらい線全駅紹介】新高島駅

みなとみらい線全駅紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分19秒です。

【横浜街歩き/みなとみらい線全駅紹介】新高島駅

概要

みなとみらい駅、横浜駅という、沿線で一二を争う巨大駅に挟まれて存在しているのが新高島駅。みなとみらい駅、横浜駅、どちらの駅も共に徒歩圏内にありますが、沿線の中では、未だに開発途上の色が濃い一帯に造られた駅でもあります。

出口は四つで、それぞれの出口にはみなとみらい大通りを挟んで内陸側にあるか(1.高島口、2.大通り高島口)、それとも海側にあるか(3.大通り臨港口、4.臨港パーク口)の違いがあります。

みなとみらい線の公式サイトでも紹介されていますが、駅名及び町名に付された「高島」の由来は、創成期・横浜の発展に多大な尽力をした、高島嘉右衛門さんの「高島」にあります。

【ブックレビュー】高木彬光『「横浜」を作った男 易聖・高島嘉右衛門の生涯』
高木彬光『「横浜」を作った男 易聖・高島嘉右衛門の生涯』(光文社文庫、2009年) 概要 ジャンル 伝記小説 登場人物等 高島嘉右衛門他、陸奥宗光、西郷従道、伊藤博文等。 あらすじ/感想 も...

新高島駅では、駅ホームにはガラス張りになった待合室が用意されています。

ちょっと殺風景に見えるホームの中、おしゃれっぽいアクセントになっているようにも感じますね。

「新高島駅と言えばこれ」という従来からの個性としては、やはりとてつもなく長いエスカレーターが挙げられるでしょうか。

ホーム階が地下五階、改札階が地下二階ということで、三階分を一気に登りあがります。

新高島では、元町中華街寄り、横浜寄り、どちらの車両に乗車していたとしても、一度改札階で中央に誘導されるので、乗車位置による優劣はつきません。また、改札に出てからも4つの出口がおよそ一方向(みなとみらい大通り沿い)に誘導されるので、乗客に優しい駅であるともいえそうです。

 

BankART Station

構内の空きスペースは、現在バンカート(BankART)・ステーションという形で利用されています。

バンカート・ステーションでは、期間限定のイベントなども随時行われているようです。

 

高島口・大通り高島口

高島口・大通り高島口共に、京急ミュージアム資生堂S/PARKの間に位置する出口ですが、どちらかと言うと高島口が「京急」寄り、大通り高島口が「資生堂」寄りに造られています。

中央が高島口、右が京急ミュージアム、左が資生堂S/PARKです。

京急ミュージアム。

右から順に、高島口、エレベーター、大通り高島口です。

 

 

大通り臨港口・臨港パーク口

大通り臨港口、臨港パーク口は、みなとみらい大通りを挟んでほぼ”線対称“の位置にあります。

大通り臨港口が大通り高島口に、臨港パーク口が高島口に、それぞれ対応する形ですね。

みなとみらい大通り沿いにある大通り臨港口と、

やや海沿いにある臨港パーク口。

ともに、すぐ傍にあるのが分かります。

 

タイトルとURLをコピーしました