【横浜の夜景/日本大通りエリア】夜の大さん橋

開港広場一帯

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分21秒です。

【横浜の夜景/日本大通りエリア】夜の大さん橋

夜の大さん橋

山下公園隣に位置する現役の国際港である大さん橋も、みなとみらい線沿線では外せない夜景スポットの一つです。

「ここから横浜の歴史が始まった」エリアの中心付近に位置する国際港なだけあって、望む景色は昼夜を問わず、「横浜」感を醸しています。

【横浜街歩き/日本大通りエリア】大さん橋
【横浜街歩き/日本大通りエリア】大さん橋 大さん橋の沿革 山下公園から日本大通り方面に向かって歩いて行った時、斜向かいに開港広場を望める交差点の向かって右方向にあるのが、現役の国際港として活躍している大さん橋です。 開港広場からで...

山下公園象の鼻の間に位置する開港広場前から伸びる道を歩き、大さん橋入り口、さらには大さん橋へ。

「波止場」といった時になんとなくイメージされるようなレトロな船着き場感がおしゃれですが、この雰囲気自体、みなとみらい線・みなとみらい駅ホームのそれに相通じるものがあります。

新旧の融合感がさらっと随所にちりばめられているような、入り口までの道そのものにも雰囲気はありますが、そもそも大さん橋のロケーションそのものが観光地・横浜の中でも一等地にあたります。

このことは、道すがらの時間の他、「くじらの背中」でも味わうことが出来ます。

海に向かって右手にあたる、山下公園方面。

海に向かって左手にあたる、象の鼻・赤レンガパーク方面。

横浜港方面には、ベイブリッジがかかっています。山下公園よりも海に突き出ている分、近くに見えるのも特徴です。

大さん橋からの夜景を楽しみたいということであれば、日没直前から日没直後あたりまで、夕焼けのグラデーションが狙え、かつライトアップが一番華やかな時間帯がおすすめです。

大さん橋 | みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
みなとみらい線沿線,outdoor & indoor

 

アクセス(大さん橋、くじらのせなか)

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
開港広場一帯横浜の夜景
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました