【秋の鎌倉御朱印巡り】円覚寺の秋と御朱印

御朱印巡り

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分23秒です。

【秋の鎌倉御朱印巡り】円覚寺の秋と御朱印

北鎌倉駅から円覚寺へ

円覚寺の境内と横須賀線

12月のはじめ、少し遅めの紅葉を楽しみに、鎌倉まで。

今回も鎌倉・江の島パスを利用し、まずは大船からの横須賀線乗車でスタートするということで、一駅先の北鎌倉を目指しました。

下りホーム側の無人駅風改札をくぐって北鎌倉駅構内を出ると、

ほぼすぐのところに見える木が色づいているのが分かります。

実は横須賀線の線路自体が、鎌倉五山第二位・円覚寺の境内を突っ切る形で通されているのですが、

ぱっと見それとは分からない歩道を線路伝いに少し歩くと、二つの石碑が建てられた円覚寺の入り口が、歩道沿い左側に位置しています。

 

円覚寺と北条時宗

円覚寺を創建したのは円覚寺内に御廟所を持つ、鎌倉幕府の第8代執権・北条時宗です。

創建(開基)とは物理的な意味でお寺を作り、経済的な実態を伴わせる事ですが、これに対して信仰の対象となる「お寺」を整えること(立派なものでなくとも可)を開山といいます。

円覚寺を開山したのは南宋出身である臨済宗の僧侶・無学祖元、無学祖元の開山後に円覚寺を創建したのが北条時宗ですが、北条時宗の御廟所は境内の奥に「開基廟(円覚寺塔頭佛日庵 公式サイト)」として整えられていて、傍のお茶屋さんでは抹茶などを楽しむことが出来ます。

 

円覚寺の境内へ

総門と、秋の鎌倉

そんな円覚寺入り口付近では、石段の途中で、

上り階段の始まる手前で、猫が気持ちよさそうに昼寝していました。

石段には猫、見上げれば紅葉という入り口付近から、

円覚寺総門へ。

総門の手前から階段下の石碑方向を振り返ってもそれなりに綺麗なのですが、

総門の中から外を見ると、さらに鮮やかでした。

秋の鎌倉ですよね。

これより先山門内部の雰囲気は別世界となっていて、別の時間軸で動いているかのような気分にさせてもらえます。

 

山門から大方丈へ

そのまま直進し、円覚寺の山門へ。

山門の真横付近の紅葉も見ごろを迎えていましたが、

山門のすぐ奥に位置している仏殿との間が、最初の見どころです。

円覚寺は、鎌倉五山第一位の建長寺同様に門を入ってからが広いので、

境内と外とで時間の流れ方が違うように感じられることも、大きな魅力です。

「時間の流れ」云々ということでは、建長寺の他三渓園を彷彿とさせる部分もありますね。

山門のすぐ奥は大方丈ですが、

方丈=住職さんの住居が、多目的に使われているようです(円覚寺公式サイト境内案内“)。

 

妙香池から開基廟へ

大方丈の横は妙香池、その奥にあるのが北条時宗の墓所である開基廟ですが、

この妙香池周辺から開基廟にかけての一帯が、特に華のある紅葉スポットになっていました。

開基廟に向かう坂道の横には竹藪がありますが、開基廟のすぐ傍には国宝となっている円覚寺舎利殿があります。

 

円覚寺・御朱印

 

アクセス

 

タイトルとURLをコピーしました