スポンサーリンク

みなとみらい線沿線・春のイベント3選

横浜の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分37秒です。

みなとみらい線沿線・春のイベント3選

【coming soon!】2022年・桜の開花予報と三渓園の”桜巡り”

つい先日、気象関係の各社から、それぞれ新年二回目となる桜開花予想が出されました(日本気象株式会社ウェザーニュース天気jpなど。リンクはそれぞれ公式サイトの開花予想)。

ウェザーニュースでは3月19日、天気jpでは3月24日と、現状だとまだ誤差がありますが、19日であれば平年より早く、24日であればほぼ平年並みです。

日本気象株式会社の予報では、東京の開花が平年の開花と等しい24日予報、お天気ナビゲータの”桜ナビ“(リンクは共に公式サイト)では平年同様の3月25日が横浜の開花予想日(満開予想日は4月3日、平年並みなら4月1日)になっているので、今のところ平年並みの開花(およそ23日~25日あたり)となるという見方が優勢のようです。

参考までに、去年2021年の横浜(【港町の四季】山手地区の桜と2021年の桜開花情報)では、例年よりかなり早い開花・満開となりましたが、一昨年2020年(【春の横浜】横浜桜watching -2020年の桜まとめ-)は平年並みだったようです。

ということで、まだ少々時期的には早いですが、ボチボチ今年の桜が話題となる季節がやってきました。

三渓園公式サイト)では、3月25日から4月5日にかけて”桜巡り”(公式サイト)の期間となり、大池周辺の桜や建築物の夜間ライトアップが実行されます(入場は20時30分まで、閉園は21時)。

 

【coming soon!】元町チャーミングセール

春・秋のみなとみらい線沿線の全イベントの中でも屈指の知名度と集客力を誇るイベントが、毎年恒例となった元町商店街のチャーミングセール(公式サイト)です。

今春は2月22日から27日まで、例年同様元町商店街にて開催されます(公式ショップリスト)。

豆知識として、今年で60周年を迎えるというチャーミングセール、イベント名に付された”チャーミング”の由来は、諸説ある中「みんなが喜ぶかわいい値段」から来ているという説が有力のようです(2011年2月20日付神奈川新聞 “苦境越え半世紀、横浜・元町商店街「チャーミングセール」が今年で50周年“より)。

仮に緊急事態宣言が発令された場合、チャーミングセールは中止になるようですが、例年だと期間中は土日を中心にして盛況となる日が続きます。

コロナ騒動勃発当初の緊急事態宣言下では、何やら日本が得体のしれないもの(=コロナウイルス)に入りこまれてしまったようだという緊張感の中、中華街同様ガラガラだった元町商店街が新鮮だったりもしましたが、今回はどうなることでしょうか。

 

【開催中】横浜ストロベリーフェスティバル@ハンマーヘッド

赤レンガ倉庫クイーンズスクエアのハードロックカフェでは既にイチゴ関係のイベントが開催中ですが、2月10日からはハンマーヘッドでも”ストロベリーフェスティバル”が開催されます(公式サイト)。

期間中は、ハンマーヘッドに出店している各店舗にて、イチゴを使ったメニューが特別に用意されるようです。

 

アクセス

三渓園

開園情報他、バスでの経路等については公式サイトに詳しい記載があります。

 

元町商店街

みなとみらい線・元町中華街駅下車すぐです。

 

横浜ハンマーヘッド

最寄り駅は、みなとみらい線・馬車道駅です。

バスでの経路等については、公式サイトに詳しい記載があります(あかいくつ号やベイサイドブルーの利用も可能です)。

 

タイトルとURLをコピーしました