【横浜街歩き/元町中華街エリア】代官坂と高田坂

元町・中華街エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分45秒です。

【横浜街歩き/元町中華街エリア】代官坂と高田坂

代官坂

元町商店街から山手本通りへ向かって伸びた坂道はいくつかありますが、代官坂もそのうちの一本です。坂道を上りきった後、道なりに丘の反対側へ下ると、下り坂はそのまま本牧通りへつながっています。

かつては元町から本牧通りへと向かう上下の坂道が全て箕輪坂と呼ばれていたようですが、現在は元町~山手本通り間の坂道のみ「代官坂」と呼ばれ、元街小学校前付近から本牧通りへ向かう下り坂が、引き続き箕輪坂と呼ばれています。

元町商店街元町仲通り商店街に直交していること、元町商店街から本牧通りに抜けるのに便利な通りであることなど、利便性が高いことも特徴で、代官坂をうまく捉えることができるようになると横浜山手は一気に近くなるという類の坂道です。

代官坂の、元町商店街・元町仲通り間から。

上り坂がまっすぐ山手本通りへとつながっていく”代官坂”の命名は、この坂の途中に横浜村の名主(=村長)さんが住んでいたことに由来があります。

もちろん名主はあくまで名主(町の代表者)であって、代官(国の役人)とは別の職なのですが、代官坂の中腹辺りに用意されているプレートでは事情が補足説明されています。

幕末の開港期、横浜村名主が国の役人的な働きをしていたことからペリーの表敬訪問を受け、事実上代官とみなされるようになった、やがて名主の通称が「代官」となり、坂名に取り込まれたという話しのようです。

古来より石川郷、石川村と呼ばれていた一帯が、近世に入ると横浜村と呼ばれるようになった、その横浜村の村長さんの家があったのが代官坂沿いですが、開港当時の横浜村村長さんは石川徳右衛門さん。プレートの後ろの風格のある建物には、現在も「石川さん」の表札が掲げられていますが、徳右衛門さんは、石川町の町名の由来となったといわれている村長さんです。

代官坂の地理的な特徴として、坂道沿いに道がいくつか分岐している点が挙げられますが、主要なルートには、以下の4つの分岐があります。

 

元町公園方面に分岐し、額坂等へとつながっていくルート

代官坂から左へ延びた分岐を進むと元町公園方面へ向かいますが、公園入り口の傍からは、山手本通り付近まで伸びた額坂で上ることが出来ます。

 

代官坂トンネルに分岐するルート

トンネル入り口横にあるのは、イベントホールとしても有名なダンスホール”クリフサイド“。

終戦直後の1946年に山手舞踏場としてスタート、アメリカの色が濃かった戦後昭和の横浜にあって、石原裕次郎他多くの著名人がお忍びで通ったスポットとなり、かつ数々の創作の舞台となったホールだったようです。

代官坂トンネルは一車線の交互通行で元街小学校前まで続き、トンネル内歩道部分には元街小学校の生徒が描いた絵が額に入れて飾られています。

トンネルを出て右方向に伸びた上り坂を進むと山手本通りの汐汲坂交差点へ、左方向に伸びた下り坂を下ると本牧通り方面へそれぞれ進みますが、代官坂トンネルの出口付近では、下記の”そのまま山手本通りへ向かうルート”と合流します。

つきあたりが元街小学校、向かって右が山手本通り方面への上り坂、向かって左が本牧通り方面への下り坂ですが、「山手本通りと本牧通りを結ぶ坂道」は、現在も箕輪坂と呼ばれている坂道です。

 

そのまま山手本通りへ向かうルート

割とキツめの坂道をそのまま上っていくと、上りきったところに山手本通りが直交しています。この上り坂の右側に位置しているのが、代官坂トンネルやクリフサイドです。

坂を上りきった後、そのまま道なりにまっすぐ徒歩で下り坂を進むと、代官坂トンネルの出入口横に出ます。

山手本通りの向こう側にある下りの坂道は、徒歩なら問題ありませんが、車だと行き止まりになってしまう坂道なので注意が必要です。

以上のルートの他、代官坂からの分岐にはもう一つ、高田坂へ向かうルートがあります。

 

高田坂

元町商店街側からだと代官坂に入って割とすぐのところ、上り坂の右端から伸びた階段坂があります。地味といえば地味ですが、結構目立つには目立つ階段坂です。

パッと見「そこに何となく存在しているように見えるのぼり階段」を上ってみると、なだらかな階段坂がそれなりの距離続いていることがわかります。

階段坂からは、代官坂沿いの風景の一部を臨めます。

この階段、一体何段くらいあるんだろうか。100段かな? 101段かな? なんて感じでしょうか。正面に見えるのは、代官坂からも至近距離にある元町公園の緑です。

やがて階段坂が終わると、階段ではない坂道へ。

どことなく風情のあった階段坂は、元町と山手本通りを結ぶショートカットルートという色が濃い坂道に姿を変えます

このあと、階段ではない坂道が元町百段公園前まで伸びていますが、山手本通りへはまだ少し距離があります。

 

アクセス

代官坂

 

高田坂

グーグルマップの基本的な使用法についてはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました