【横浜街歩き/沿線グルメ】えの木てい(元町公園、エリスマン邸前)

横浜山手歩き

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分16秒です。

【横浜街歩き/沿線グルメ】えの木てい(元町公園、エリスマン邸前)

“えの木てい”は、山手234番館の隣、かつ元町公園内・エリスマン邸の前付近にある、山手本通りに面した西洋館のカフェです。

お店の前に植わっている大きな榎(えのき)が、店名の由来となりました。

お店の建物は外国人居留地時代に建築されたもの(1927年建築)で、代々のオーナーに住まわれた後、1979年よりカフェとしての営業が開始されます(えの木てい公式サイトより)。

現在、1F部分には店内(26席)・テラス席(25席)が用意されている他、2Fには2人以上(6人以下)で利用可能な貸し切りの個室(要予約)もあります。

貸し切りルームの雰囲気は、かなりいいようです。

気候のいい季節の土日祝日などは、店内はもとよりテラス席まで盛況な様子が山手本通り沿いを歩いていても伝わってきますが、かといって開店時は常に満員御礼だと言うわけでは必ずしもなく、「そこだけぽっかり」という感じで空いている時間があったりもします。

そういう時間に運良く入れると、通い癖が付いてしまうような魅力があったような記憶がありますが、何年かおきに思いだしたように通いたくなるようなお店でもあるんですよね。

以前通った時には、いつ行っても店内でモーツァルトがかかっていたような記憶がありますが、癒しを与えてくれるようなクラシック音楽がとても似合う雰囲気を持っています。

店内の様子と、

ケーキセット。

店内の雰囲気もよかったですが、ケーキもコーヒーもかなりおいしかったです。

 

えの木てい・公式サイト

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました