【横浜街歩き/日本大通エリア】開港広場一帯 その2 -象の鼻パーク-

横浜街歩き

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分8秒です。

【横浜街歩き/日本大通エリア】開港広場一帯 その2 -象の鼻パーク-

象の鼻パークのロケーションと沿革

象の鼻パークは開港広場からすぐのところに位置しています。「象の鼻」という名の由来は「かつて強風による高波を防ぐために造られた防波堤が、地形を見ると象の鼻のように見えた」ことにあります。

ロケーションについては、日本大通りをまっすぐ歩いてきた時の突き当たりに当たる一帯だと言った方が、より分かりやすいかもしれませんが、青い象さんの向こう側の広場は、ここが横浜港発祥の地であることから開港波止場と呼ばれています。

かすかに見える飛鳥Ⅱの手前にある高架は、赤レンガパーク手前と山下公園の間に通された廃線跡の遊歩道です。かつてその路線が”山下臨港線”と呼ばれていたことから、山下臨港線プロムナードと名づけられています。

プロムナードの向こう側すぐのところには、観光遊覧船の乗り降り口=ピア象の鼻などがあります。

「など」というのは、ピアの周りには観光船を停泊させておくスペースがあったりして、

象の鼻防波堤まで歩いていくにしても、結構景観が楽しめるんですね。

山下公園と赤レンガパークの中継点に位置していて、横浜港にかかるベイブリッジや、タイミングが良ければ隣にある大桟橋に停泊する大型客船も望めるという、山手地区とはまた違った意味でとても「横浜っぽい」一帯です。

その「横浜っぽさ」は、象の鼻防波堤を歩いてみたときに、強く伝わってきます。

象の鼻のはるか先にはみなとみらいエリアの高層ビル群が望め、

すぐ隣には大さん橋と、停泊している大型客船(この日は飛鳥Ⅱが停泊していました)が望め、

開港波止場方面には、ピア内に停泊している観光船や、”クイーンの塔”こと横浜税関が臨めます。

象の鼻は、開港地・横浜に最初期に作られた波止場がルーツとなっていますが、特に「象の鼻」部分については、かつてイギリス波止場と呼ばれた「東波止場」側の防波堤にあたります。

東波止場のすぐ隣には、現在の横浜税関側に、税関波止場、あるいは日本波止場と呼ばれた西波止場が作られていました。

東波止場と西波止場、またはイギリス波止場と税関波止場の二本の波止場から貿易港・横浜はスタートしますが、程なく現在山下公園がある地に、三本目の波止場であるフランス波止場と呼ばれた波止場が作られます。

最初期の東西の波止場に追随する形で幕末に増設されたフランス波止場は、のちに関東大震災からの復興事業の一環で山下公園へと姿を変えますが、現在の元町中華街ー日本大通りエリアの海沿いは、当初は貿易商や港湾関係者のための交易エリアとして機能していました。

波止場の増え方からもかつての活況が伝わってくるようですが、さらにフランス波止場に続く四本目の波止場として、現在の大桟橋の原型となった、メリケン波止場と呼ばれた波止場が作られます。

その後、高度成長期あたりまではまだ交易港の色も濃かったようですが、開港150周年を記念して象の鼻パークが整備されると、以降は観光に特化された港として現在に至ります。

参考:プロジェクト通信内”象の鼻地区整備工事“他

 

象の鼻パーク・夜景

一帯は、大さん橋・くじらの背中を含めて、有名な夜景スポットでもあります。

開港波止場から。

「象の鼻」方面から。

開港広場・大さん橋入り口方面から。

山下臨港線プロムナード上から。

 

開港波止場と開港の丘

開港波止場は、ピア象の鼻をはじめ、現在も多くの観光船の発着場となっています。

メジャーなスポットとの位置関係では、山下公園と赤レンガパークの間に位置しているのが象の鼻なので、どちらに出るにも都合がいい場所でもありますが、丁度山下臨港線プロムナードのスタート地点にもあたります。

みなとみらい方向に歩いていくとすぐ隣は赤レンガパーク、元町中華街方面に向かって歩くと、大桟橋の向こうが山下公園ですが、象の鼻パーク内、開港の丘と呼ばれている芝生が敷き詰められた一帯の上部から、プロムナードが始まっています。

 

アクセス

象の鼻パーク

 

タイトルとURLをコピーしました