元町・中華街エリア

【横浜街歩き/元町中華街エリア】桜道

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分23秒です。

【横浜街歩き/元町中華街エリア】桜道

桜道の下側の起点は、山手公園の入り口傍にあります。下写真右側の階段坂が山手公園への道で、左側の車道と歩道が桜道です。

桜道の起点付近の交差点一帯は事故が起こりやすいところでもあるようで、よく警察が一時停止やシートベルト、スマホの「ながら運転」の取り締まりをやっていたりします。

車を運転する場合は道路状況及び交通取り締まりという、二重の意味で要注意な一帯ですね。

車道は上り方向のみに進行できる一方通行路ですが、上りはじめの部分は、山手公園の横を並走します。

桜道の起点から少し上ったところにも、山手公園への入り口があります。

階段坂右手にあるプレートは、近代下水道記念碑。

「横浜市の下水管の総延長が、平成7年11月に1万kmに達したこと」を記念してのプレートですが、外国人居留地時代以来の近代下水道との縁などから、ここに置かれています。

ちなみに石碑の左側真横に造られた階段坂との間にあるコンクリート製の溝は、ブラフ講と呼ばれる、開港当時から現在に至るまで使われ続けている排水溝の一つに当たります。

階段坂はまっすぐ山手公園へとつながっていますが、ここもやはり結構な坂道ですね。

桜道沿いの風景は、坂の上に着くまでに、いくつかの見どころを通過します。

山手公園エリアを通過後はじめのポイントとして、本牧通りの上下線に通されたトンネル、山手隧道(ずいどう=トンネル)と第二山手隧道の上にあたる部分を通過します。

ちなみに隧道とはトンネルの事です。元々は中国語ルーツの言葉らしいですが、以下、隧道=トンネルとして続けます。

ここで、桜道下に通る二つのトンネルについて。

山手トンネル、第二山手トンネル、共に元町交差点すぐ傍から始まっているトンネルですが、下記のような違いがあります。

第二山手隧道(トンネル) 桜道を上っていく場合、最初に通過する山手地区最古のトンネル。旧・本牧隧道。下り方面。本牧、根岸方面行き。
山手隧道(トンネル) 桜道を上っていく場合、二番目に通過するトンネル。関東大震災からの震災復興事業として、あとから作られた。上り方面、石川町、関内方面行き。

こちらは山手地区最古のトンネルである、第二山手トンネル上からの眺めです。まっすぐ進むと山手警察や旧マイカル本牧方面、桜並木のある道へと向かいます。

上写真の中央付近で市営バスが信号待ちをしている右折レーンから右折すると、まっすぐ進んで突き当たり右方向が山手本通り、左方向が根岸森林公園方面へ向かう道(横浜駅根岸線)です。

ここで右折した後で突き当たり(柏葉入口交差点)をさらに右折すると、ぐるっと回って桜道の横上を走る山手本通りに戻ってこれます。

といったところで、更に先へ。

今度は上り本牧通り上に通された山手トンネルの傍、元町交差点方面へと伸びた道の上に掛かった橋=桜道橋を通ります。橋上からは、山手トンネルの入り口を臨めます。

桜道橋は、山手トンネルと共に関東大震災からの復興事業として作られた橋です。

桜道橋は山手トンネル共々、横浜市認定歴史的建造物に指定されている他(山手トンネルは2001年、桜道橋は2004年にそれぞれ指定)、2015年には「元町・山手地区の震災復興施設群」として、共に土木学会選奨土木遺産に認定されています。

土木学会選奨土木遺産は、江ノ電も受賞している賞ですが、そんな桜道橋を渡ると、すぐのところに山手本通りへの抜け道があります(桜道橋前交差点)。

車以外であれば、桜道橋前からの右折で、山手本通りのイタリア山庭園付近にぬけられる他、この道の途中から山手公園方面への右折もできます。

ここをもう少しまっすぐ進むと、桜道はJR根岸線の線路上を通ります。下写真奥が山手駅方面、手前が石川町駅方面です。

このあたりまでくると地蔵坂上交差点もすぐそこですが、地蔵坂上交差点手前には、地蔵坂の名前を冠した地蔵坂公園があります。

ちょっとした休憩に適していそうな普通の公園で、公園内には珍しい雨水桝も残されています。

地蔵坂の上に、夏の空。

この道をさらにまっすぐ進んでいくと地蔵坂を下り、乙女坂小坂の起点を経由しつつJR石川町駅の傍を通過、さらに関内駅前付近、横浜スタジアム付近へと抜けていきます。

交差点で直交している通りは山手本通りで、右側へ向かうと西洋館エリアです(左は柏葉入口交差点、根岸森林公園方面)。

 

アクセス

Googleマップの基本的な使用法