【横浜街歩き/みなとみらい線全駅紹介】横浜駅

その他横浜市内

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分25秒です。

【横浜街歩き/みなとみらい線全駅紹介】横浜駅

概要

県下最大のターミナル駅が、みなとみらい線・JRその他の横浜駅です。

同じみなとみらい線沿線ではあるのですが、その故もあって、元町中華街/日本大通り/馬車道/みなとみらい/新高島各駅とは若干(?)空気というか毛色が違います。

何分にも、そもそも人の流れの多さが半端じゃないですからね。

もちろん、新高島より先の路線にもそれなりの数の乗降客はいるのですが、「横浜から」と「横浜まで」の乗客数はその比ではありません。

なので、「東横沿線から、あるいは東横線直通の東京メトロ・西武線・東武線でみなとみらい線沿線を見てみよう」などという場合は、とりあえず横浜駅まで頑張って東横線に乗車すれば、横浜駅より先はかなり楽になります。

そんな横浜駅にもやはりある、ベイスターズ推しの広告。

そうです、とりあえずここは「横浜」駅ですからね。

ということで、みなとみらい線・横浜駅の改札口は二方向。元町・中華街駅方向にある南改札と、渋谷駅方向にある正面改札です。横浜駅の真ん中(中央の西口・東口)、および「みなみ」口(みなみ西口、みなみ東口)が近いのが前者、「きた」口(きた西口、きた東口)が近いのが後者です。

もちろん双方の改札傍からの連絡通路はありますが、何分にもほぼホームの端から端までの距離があるため、結構離れています。横浜駅で降りる乗客の大半は、恐らくは南改札方面に用事があって下車することとなるはずなので、いじわるといえばどこかいじわるなネーミングでもありますね。

ホーム階へと繋がる元町中華街寄りエスカレーターと、その向こうにある南改札。

「きた」口傍にある正面改札。左がきた西口方面、右がきた東口方面です。

さて、みなとみらい線・横浜駅の南・正面いずれかの改札を出た後の出口は、結構多岐にわたります。

簡単に言うと、中央の出口は西口・東口、元町中華街寄りには「みなみ」口があり、反対に渋谷寄りには「きた」口があります。

ここでいう「きた」口及び「みなみ」口は、いずれも「きた」側にある西口・東口か、それとも「みなみ」側にある西口・東口かというニュアンスを持つ「きた」「みなみ」で、横浜駅周辺に複数ある西口と東口の位置関係を明示するための方角表示となっています。

 

横浜駅きた口

みなとみらい線の正面改札(「きた」口寄り改札)を出た後、すぐ傍にあるのはきた西口ですが、きた西口・きた東口間は連絡通路でつながれています。それぞれ、改札を背にして左手がきた西口、右手がきた東口です。

きた西口は一つですが、きた東口は横浜駅のホーム・線路に沿うように、A~Cの三つが造られています。

 

きた西口

正面改札を背にして左側方面の出口が、きた西口方面です。上空に広がる青空・鱗雲との対比からか、どことなくローカル感が漂っていますね。

きた西口方面は、少し歩いたところにうまいラーメン屋さんが何軒もあったりする一帯です、というよりは、戦後昭和以来の伝統的には、そもそも現在の西口全出口付近がどこか下町感の漂う一帯でした。

ラーメンということであれば、「家系」総本山(発祥店)の吉村家があるのも、横浜駅のみなみ西口方面です。

きた西口出口付近に関しては、現在でも、出た瞬間のぱっと見で割と「お察し」感が漂ってもいますが、横浜西口の夜の歓楽街が集中している一帯でもあります。

「下町感」同様に、このこと(「夜の街」の趣があるという点)は西口全出口付近に共通して言えることでもありますが、特に「きた」「みなみ」両西口に顕著な特徴でもあります。

同時に、西口方面は、中学受験、高校受験、大学受験、果ては大学生・社会人の資格試験に至るまで、各種教育産業の激戦地でもあって、中々のカオスっぷりを見せつけています。

このほかにオフィス街としての一面も持っていますが、これぞ県下を代表する昼間人口密集地、という感じですか。

ということで、かつてやこれまでをいうのであれば、残念ながらやはりどうしても治安がいい一帯とはなりえなかったのですが、現在はきた西口界隈も再開発の対象エリアとなっています。

きた西口出口横にあるエスカレーターを登って行くと、

西口中央に新しく出来た駅ビル・ニュウマンと、

東神奈川方向にあるJR横浜鶴谷町ビルをつなぐ遊歩道、”はまレールウォーク”が整備されています。

はまレールウォークの開通が2020年6月18日、ニュウマン横浜の開業が同6月24日、鶴谷町ビルの開業が同6月27日なので、ほぼ全て同時期のオープンですね。

少し遠くには東口のビル群が望め、すぐ横にはJR横浜駅。

きた西口出口すぐ傍から、ホームの様子を眺めることが出来ます。

 

きた東口(A~C)

きた東口へは、みなとみらい線の正面改札傍からの連絡通路が伸びています。商業施設を基準として捉えると、Aはベイクォーターへの道(ベイクォーター・ウォーク)、Cは東口地下街ポルタへの道で、その中間点にBが作られています。

きた東口では、A、B、C三つの出口がほぼ横並びになっているのが分かりますが、およそこの連絡通路上に、三つの出口がほぼ一直線に並んでいます。

きた東口A出口では、連絡通路のワンフロア上が地上階です。

左に進むと線路沿いの道へ、右に進むとベイクウォーター方面へ、それぞれ進みます。

線路沿いの道には、その昔の「横浜駅東口感」がそのまま残されたような雰囲気がありますが、

右側の通路、ベイクォーターへの道(ベイクォーター・ウォーク)には、再開発後の東口を思わせるような雰囲気があります。

ベイクォーターまで歩いてしまえば、シーバスを利用することによって、海路(横浜港内経由)で山下公園まで進むことが出来ますからね。

A・C間の中間点付近にあたる、きた東口B出口付近から。

きた東口B出口付近からは、きた東口C付近(中央東口傍、京急乗り場近くのバス停付近)まで外から歩くことも出来ますが、

きた東口A出口傍まで外を歩いて進むことも出来ます。

左がA・B間の地下連絡通路、右がA・B間の地上の連絡通路です。

きた東口Cは、東口地下街・ポルタへつながっている出口です。

 

横浜駅中央口

みなとみらい線からだと南改札が最寄りとなる、横浜駅の中心部とも言える一帯です。

西口

改札を出たあとの経路として、かつてはなんとなくジョイナス(西口地下街)方向へと誘導される階段・エスカレーターが造られていたのですが、現在は様子が一変しました。

シースルーの壁の向こうにベイシェラトンホテルが見えている他、

ジョイナスへのエスカレーターにしても、新たに入りなおす形に造り替えられています。

長らくお馴染みだった動線が断ち切られ、西口の「きた」「みなみ」方向へと散らされていく感じですね。

中央西口の駅直結の駅ビルが、今年6月に開業したばかりのニュウマン横浜、駅直結の地下街が、かつてダイヤモンド地下街と呼ばれたジョイナスです。

 

東口

中央東口地下街、ポルタ入り口付近から。

エスカレーターを下り、直進すると、そごうやスカイビルへと進みます。

中央東口は、駅に直結する駅ビルがルミネ、地下街がポルタです。連絡口(ベイクォーター・ウォーク)を経由する形でベイクォーターと、ポルタを経由する形でそごうスカイビルともつながっています。

 

 

横浜駅・南北連絡通路

みなとみらい線の南改札外には、それぞれ「みなみ」口、「きた」口への長い連絡通路があります。

みなとみらい線・横浜駅の場合、南改札と称しながら、実質中央改札の役割を果たしているのが南改札だったりしますが、南改札から正面改札=「きた」口方面への連絡通路がどこか殺風景な連絡通路であることに対して、

南改札から「みなみ」口方面への連絡通路沿いには、ロッカーがある他、壁面にも装飾が施されているのがわかります。

壁面には、横浜の歴史が概観できる資料が、色々はめ込まれています。

それぞれ、明治・大正・昭和・平成期の港の様子や、

現在のみなとみらい線の各駅の様子、

歴代横浜駅の姿、等々。

“記憶の散歩道”として展示されています。

 

 

横浜駅みなみ口

みなみ西口

相鉄線の改札がある他、いかにも横浜西口といった一帯へと繋がっていくのが、みなみ西口出口です。

正面には、90年代の終わり(97年)まで山一證券だった大和証券や、西口五番街への道。夕方以降の人口密度が異様に高くなる一帯ですね。

よく見ると、大和証券の建物の左側進行方向に橋が架かっているのが見えます。

橋の下には帷子(かたびら)川という川が流れていますが、人間界の話しとは別に、かつてあごひげあざらしのたまちゃんが迷い込んだのが、この帷子川でした。

 

みなみ東口

みなみ東口へはみなみ西口付近からの連絡口があって、進んでいくと二手に分かれるのですが、1つはアソビルという多目的商業ビル中にある、赤ちょうちん風飲み屋さんが固まったフロアに通じています。

そもそもアソビルの飲み屋街自体にどこか懐かしい匂いがするのですが、ビル内を通って外に出てみると、やはり懐かしい匂いのする一角へ。

“アソビル”側出口の傍には、ベイバイクの置き場もあります。

もう1つみなみ東口は、郵便局の隣に向かいます。

郵便局に向かって右側に、みなみ東口入り口・出口があります。

そんなみなみ東口ですが、実は出口のすぐ傍にあるのが中央東口です。

なので、中央東口から出た後で「みなみ東口」に抜けてアソビルに向かうというルートが取れる、「みなみ東口」への連絡通路がそのまま中央西口への連絡通路にもなっているという、色々便利な道となっています。

タイトルとURLをコピーしました