【横浜街歩き】How to enjoy 横浜山手 -街歩きのお楽しみポイント-

元町・中華街エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分1秒です。

How to enjoy 横浜山手

イベント時の横浜山手、ひいては通常特に何もない日になんとなく山手に行ってみようかな、なんて思った時の楽しみ方のポイントについて(私見を)まとめてみました。

西洋館の館内ガイドを利用しよう!

やはりはじめは現地で現地を知ることから、という手順を踏むのがおすすめ。

観光地に感じる魅力って人それぞれだと思うのですが、横浜山手の場合は「観光地然としていない」ところに魅力を感じるという人が(特に町づくりを推進・研究している人などに)多いようです。

まぁ確かに、施設ごとに入館料を取られる観光地でない点は、お財布に優しい特長ですね。

なので、特に派手な観光プロモーションを打つわけではなく、でも何もしていないわけではないという、地味といえば地味な、玄人好みするような観光地になっている傾向があります。

結論として「何も考えずに行き当たりばったりでも現地に行けばなんとかなる」というよりは「予めどの程度情報を抑えておくか」で楽しめる度合いが変わってくるようなところがあるということなのですが、もちろん、情報は万人に開かれていますし、四季折々のイベントも用意されています。

なのでまずはその辺を抑えておくことで、より楽しむことが出来るわけです。

そんなこんなで「まずはじめに何をしたらいいのか」がよくわからないというような場合、原則月一で開催されている「現地ガイド」(無料)の利用がおすすめです。仮にあてがないのであれば、まずはあてを作るところからという方法ですが、ここで最低限の知識を得ることが出来ると思います。

横浜山手の西洋館 館内ガイド
毎月第3月曜日
イタリア山庭園内の西洋館
外交官の家:11:00~、14:30~

ブラフ18番館:10:30~、14:00~

毎月第3木曜日
元町公園内・傍の西洋館
ベーリックホール:11:30~、15:00~

山手234番館:10:30~、14:00~

毎月第2金曜日
港の見える丘公園の西洋館
山手111番館:10:30~、14:00~

横浜市イギリス館:11:00~、14:30~

表中にまとめたのは通年で行われている館内ガイドですが、このほか季節の行事については公式サイトに詳しい記載がある他、各西洋館にもパンフレットが常備されています。

横浜市緑の教会:横浜山手西洋館・公式サイト

 

以下、特に具体的な横浜山手の楽しみ方として、今回は写真撮影、絵画、街歩きについて取り上げました。

 

写真撮影

観光地としての横浜山手の特長の一つとして、割と町全体がフォトジェニックスポットだという点が挙げられます。

気候のいい季節の晴天時やイベント時には、それなりにいいカメラを抱えて山手本通りや西洋館を訪れる人が目立ちますが、メインストリートである山手本通り沿いの風景をはじめ、山手本通りにかかる坂道沿いからの風景や、付近にある公園の風景や西洋館などが被写体の王道となります。

あくまで個人的に思う範囲ですが、単焦点レンズよりはズームレンズ、望遠レンズよりはマクロレンズを使うことを想定しておくと、色々撮影が楽しめるのではないかと思います。

あとは、せっかく来たのであれば、ゆっくりすることも楽しむ秘訣であるとはいえるかもしれません。

西洋館内の注意書きを見る分には、かつてはというかこれまでにはやはりイベント時のトラブル(被写体の前で長時間居座る一部の訪問者等によるもの)もぼちぼちあったようですが、節度ある行動で写真を楽しむ分には、カメラってやはり味のある趣味の一つではあります。

たまにインスタでタグ検索したりしますが、綺麗な写真ってほんと綺麗ですからね。

 

絵画(描く方)

西洋館傍では絵を描いている人も結構います(2~3人位から、多いときは10人以上)。特に港の見える丘公園内のイギリス館や山手111番館周り、元町公園のエリスマン邸前や山手234番館付近、イタリア山庭園内の外交官の家/ブラフ18番館周りですね。

画材持って椅子持って、青空の下でモチーフを前にしてという時間って、気候のいい季節であれば恐らくはその一瞬一瞬が魅惑の時間みたいなものなのでしょう。ハマると抜けられないという中毒性を持っているのは、写真以上に絵の方なのかもしれません。

元々絵が好きな人以外にも、興味があるという人のきっかけにもなり得るのでは? なんて思います。

 

ウォーキング

大自然の壮大な風景の中をひたすら歩いていくみたいなウォーキングは横浜では不可能ですが、点在する西洋館を巡りながら、緑の多い公園を転々とするコースを辿ることは出来ます。

西洋館を端から端まで一気にめぐることを考えた場合、港の見える丘公園内・山手111番館に喫茶店があり、丁度山手本通りの西洋館群の中央付近にあるエリスマン邸前にも喫茶店があり(道中、外人墓地前付近にはレストランや夏季のみ営業するビヤガーデンもあります)、イタリア山庭園に続く道沿いにも喫茶店がありますが、イタリア山庭園についてしまえば軽食の取れる喫茶店もあります。

山手本通り自体や山手本通りへの坂道について、「横浜山手の坂道」として主要なところを記事にしてみたのですが

【横浜街歩き/元町中華街エリア】山手本通りの四季
【横浜街歩き/元町中華街エリア】山手本通りの四季 山手本通りと公園・庭園 山手本通り界隈の、公園・庭園を中心とした主要スポット情報をまとめました。 山手本通りへの坂道 山手本通りへつながる坂道...
【横浜街歩き/元町中華街エリア】山手の坂道と近接スポット一覧
【横浜街歩き/元町中華街エリア】山手の坂道と近接スポット一覧 山手本通りへと通じる坂道と、周辺スポット一覧です。グーグルマップの基本的な使用法についてはこちら。 坂名 周辺スポット ワシン坂・聖坂(アクセス:ワシ...

そんな目的の一助として、記事を読んでいただけたら幸いです!

タイトルとURLをコピーしました