【鎌倉街歩き/秋の鎌倉御朱印巡り】鎌倉五山第一位・建長寺の秋と御朱印

御朱印巡り

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分3秒です。

【鎌倉街歩き/秋の鎌倉御朱印巡り】鎌倉五山第一位・建長寺の秋と御朱印

建長寺と鎌倉学園

日本初の禅寺にして鎌倉五山第一位の建長寺は、「第一位」という位置づけからもわかるように、鎌倉・室町時代の鎌倉を代表するお寺の中の筆頭として捉えられています。

入り口は東慶寺浄智寺長寿寺、鶴岡八幡宮などと同じバス通り沿いにありますが、元は地獄谷と呼ばれていた刑場跡地に、「建長」5年(1253年)、創建者である鎌倉幕府の第五代執権・北条時頼の招きを受けた南宋の禅僧、蘭渓道隆が開山しました。

まっすぐ入り口を入るとすぐのところが建長寺の駐車場、そのすぐ左隣には鎌倉学園中・高(以下、鎌学)の校舎があります。

ちなみに建長寺に隣接するように作られている理由は、前身にあたる学校が、建長寺の修行僧のための学校である”宗学林”として、1885年(明治18年)に始まっていることにあります(参考:鎌倉学園公式サイト)。現在、鎌学では特に禅宗の教育は行われていないようですが、”宗学林”時代の名残からか、建長寺の境内に自由に出入りできるように校舎が作られています。

鎌学といえば、サザンオールスターズ・桑田佳祐さんの母校として有名な学校である他、古豪と言われる野球部は、若田部健一投手(鎌学-駒大-福岡ダイエーホークス・横浜ベイスターズ)、長田秀一郎投手(鎌学-慶大-埼玉西武ライオンズ・横浜DeNAベイスターズ)等を輩出した強豪校でもあります。

 

建長寺の境内へ

境内の大きさについては地形共々入り口付近に設置されている案内図を見るとわかりますが、入って初めて、その大きさを体感できるような作りになっています。

地図で見ると縦長の境内は奥行きがものすごく深いのですが、構造上、いざ山門を前に望むまで、その様子をうかがうことが難しい作りになっているんです。

構造的に、北鎌倉駅前の円覚寺に似ていますね。

山号からの命名で、”巨福(こふく)門”と呼ばれる建長寺の総門です。

総門の手前からも奥に三門が見えていますが、「この門をくぐるときに心が清浄になるように」という祈念が、三門=三解脱門の命名には込められています。

巨福門を入って少し歩くと、ほどなく三門へ。

三門に掲げられた「建長興国禅寺」が建長寺の正式名称で、山号は巨福山(こふくざん)です。

現在の三門は江戸時代(安永4年=1775年)に再建されたもののようですが、国の重要文化財に指定されています。

ちなみに今の鎌倉には、建長寺の山号となっている「巨福山」という山はありませんが、建長寺裏手にあって鶴岡八幡宮方面へ延びた巨福呂(こぶくろ)坂長寿寺横に伸びた亀ヶ谷坂の切通しなどと並ぶ、鎌倉七切通しの一つ)に、「巨福」という名が遺されています。

三門のすぐ傍には仏道と法堂がありますが、仏殿に安置された地蔵菩薩坐像は建長寺の本尊です。

地蔵菩薩坐像の他にも様々な仏像が安置されている仏殿、元々は芝・増上寺(東京都港区)にあった徳川秀忠(徳川幕府第二代将軍)夫人・崇源院の霊屋(たまや=葬送の前に遺体が安置されるなど、死者の霊を祀る堂)が、江戸時代(正保4年=1647年)に建長寺に移築されました。

現在、三門同様国の重要文化財に指定されています。

仏殿の並びにある法堂は住職が説法するための施設で、江戸時代(文化11年=1814年)に再建された、関東で最大級の木造建築です。

法堂内部の様子。

天井には雲龍図が掲げられていますが、これは比較的最近(平成15年=2003年)掲げられたもののようです。

このほか、法堂、仏殿のすぐ奥には唐門と呼ばれる門があり、唐門の奥には方丈と庭園があります。

方丈の近くには見学不可の施設も含めて様々な建物があるのですが、建長寺の境内はさらに奥にも続きます。境内の一番奥ともいえる位置には建長寺の鎮守府である半僧坊がありますが、その半僧坊からは”鎌倉アルプス”とも呼ばれている天園ハイキングコースが始まっています(台風15号に被災した影響から、2019年12月7日現在、全面通行禁止になっています)。

 

建長寺・御朱印

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました