スポンサーリンク

みなとみらい線沿線、4月の”花”イベント2選

横浜中華街と山下公園

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分30秒です。

みなとみらい線沿線、4月の”花”イベント2選

みなとみらい線の沿線にも、春爛漫を感じさせるイベントが目白押しになる季節がやってきました。

三渓園では一足早く桜の季節が幕を開けていますが(参考:2022年・桜の開花予報と三渓園の”桜巡り”)、今回はみなとみらい線沿線で春の定番イベントとなっている、二つの”花”イベントを紹介します。

 

赤レンガ倉庫で『FLOWER GARDEN 2022』開催

今年開業20周年を迎える赤レンガ倉庫では、開業5周年を記念してスタートしたイベント”FLOWER GARDEN”(赤レンガ公式サイト色鮮やかな花が咲き誇る【FLOWER GARDEN 2022】開催“)が、今年も開催されます。

倉庫と倉庫の間のスペース(イベント広場)が一面の花壇になるという中々壮観なイベントなのですが、会場では日替わりのイベントが予定されている他、最終日には『FLOWER GARDEN』の一部エリアの花を無料で配布するイベントも実施されるようです。

開催場所 横浜赤レンガ倉庫/イベント広場A/赤レンガパーク
開催期間/時間 2022年3月31日から4月25日まで。
17:30-20:00(最終日のみ18:00)までライトアップ。
入場料 無料。
その他 最新情報は横浜赤レンガ倉庫公式Twitterにてご確認ください。

 

港の見える丘公園/山下公園他で、今年も『ガーデンネックレス』開催

春の横浜の定番行事の一つといえば、街中に花壇が登場するという”ガーデンネックレス”(ガーデンネックレス横浜公式サイトガーデンネックレス横浜の記者発表を行いました“)です。

2017年に都市緑化フェア(公式サイト開催一覧“)の一環として行われた単発イベント”ガーデンネックレス“が、翌2018年以降は横浜市(環境創造局 みどりアップ推進課)主催という形で、沿線の年中行事となりました。

赤レンガの”FLOWER GARDEN”に比べると新しいイベントですが、開催規模はより広範です。

今年2022年は、山下・関内エリア、元町・山手エリア、みなとみらい・馬車道エリアの3か所(全14会場)が、みなとみらい線沿線の会場となっています(初回以来継続されている会場です)。

開催期間/開催イベント/花の見ごろ/入場料
開催期間 2022年3月26日~6月12日
開催イベント 開催期間中には、”横浜ローズウィーク”(公式サイト。5月3日~6月12日)など、花壇の常設展示とは別に単発イベントが随時開催されます(詳細はガーデンネックレス公式サイト “イベント情報“”記者発表資料“へ)
花の見ごろ
(公式サイトより)
サクラ(3月下旬~4月上旬)、チューリップ(4月上旬~4月中旬)、バラ(5月上旬~5月下旬)、ユリ(5月中旬~6月下旬)
入場料 原則無料(入場料が必要な施設への入場については、別途入場料が必要な場合あり)
開催エリアと開催会場(公式サイト
山下・関内エリア 山下公園/横浜公園/日本大通り/開港広場公園
元町・山手エリア 港の見える丘公園/アメリカ山公園/元町公園/イタリア山庭園
みなとみらい/馬車道エリア さくら通り/汽車道/大岡川(公式サイト)/新港中央広場
横浜市役所/カップヌードルミュージアムパーク
タイトルとURLをコピーしました