スポンサーリンク

【沿線の歴史的建造物】谷戸橋(元町中華街駅前、谷戸坂傍)

みなと横浜はじまりの地

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分2秒です。

【沿線の歴史的建造物】谷戸橋(元町中華街駅前、谷戸坂傍)

谷戸橋と元町中華街駅前の風景

谷戸橋は、みなとみらい線・元町中華街駅前に位置し、元町商店街のオブジェやシドモア桜のすぐ横から始まっている、中村川=堀川に架けられた橋です。

中村川は大岡川の支流であり、谷戸橋から港方向へ進むと山下町の先で横浜港へと繋がっていますが、谷戸橋と同じく中村川に架けられた、横浜の旧町名の一つである”久良岐”の名を冠す久良岐橋付近からは、南区から磯子区に向かって流れた後に横浜港に注ぐ、掘割川ともつながっています。

1927年(昭和2年)、関東大震災からの復興事業の一環として、かつて堀川に架けられていた橋に替わり、横浜市によって架けられました。日本大通りにある神奈川県庁の本庁舎が竣工する前年、ホテルニューグランド(公式サイト)開業と同年のことです(参考:関東大震災後の山下町)。

すぐ近くには元町中華街駅の元町口の他、市営バス神奈中バス、さらにはあかいくつ号の元町入口バス停も置かれているこの橋は、2005年(平成17年)に横浜市認定歴史的建造物に指定されたほか、

2015年(平成27年)には、”元町・山手地区の震災復興施設群”の一つとして(桜道沿いに架けられた桜道橋も、同じく同年の受賞の対象となっています)、土木学会選奨土木遺産にも認定されています。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました